01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

RBAがみる世界経済の状況~中銀はソブリンリスクをどうみるか? 

今日の東京株式市場は反発した。値幅は42円に留まるなど終始方向感なくベタ凪の展開がつづいていた。NY休場、春節で外部要因が殆どない中、フローにも乏しい展開となっていった。一応の買い戻しが入る展開となっていたものの、相変わらず裁定解消売りのプレッシャーがきつく、上値への動意はあまり感じられなかった。現物と先物の逆鞘が終始続いており、マーケットプレーヤーはどうしてもこの重苦しさを感じざるを得ない。


225 Spread


裁定買い残はあす発表されるが、現段階で2兆円オーバー、個人の信用買残が1兆6200億円程度もあるわけだから、かなり仮需の積み上がりが意識される中、やはり日柄調整を経なければ簡単に騰がっていく相場ではないだろう。フローも落ちている中ではこういった相場形成もやむを得ないような感じである。


本日はRBAの議事録が公開され、利上げ再開を示唆するコメントがあったことからオージードルは反発した。


Members expected that, if economic conditions continued to improve as expected, further increases in the cash rate were likely to be necessary.

(抄訳)委員は、もし経済状況が期待通りに改善し続けるとともに、(オフィシャル)キャッシュレートの引き上げが必要になってくる。




というものであったが、注目したいのはRBAのグローバルマクロアウトルックである。個人的な世界のマクロ経済環境に関する見解とほぼ一致するところがあり、上手く説明出来ているので少し紹介しておきたい。原文はRBAのサイトを参照。



International Economic Conditions

Members were briefed on developments in the international economy. Overall, the recovery from the global recession was continuing. The IMF had recently upgraded its world growth forecast for 2010 to 3.9 per cent, from 3.1 per cent in October. There had been significant revisions for the United States, China and India, but more modest revisions for the euro area. The Bank’s staff had also revised up their world growth forecasts for 2010, though only modestly as their forecasts had already been significantly higher than those of the IMF.


(要約)全体観として、グローバルリセッションが終わってからの回復局面は継続している。IMFは2010年の世界の成長率を2009年の3.1%から3.9%に直近で引き上げている。IMFは米国、中国、インドについてはっきりと(上方)修正しているが、ユーロ圏については小幅な修正しかしていない。RBAのスタッフもIMF同様2010年の世界成長見通しを改定しているが、自分たちの予測はすでにIMFのものよりも大幅に高くなっている。


While growth had resumed in the major advanced economies, there was significant spare capacity and measures of core inflation were gradually falling. Labour markets were very weak, although there were some signs of stabilisation in the United States. US GDP had grown by 1.4 per cent in the December quarter, which was stronger than expected. There was a significant contribution from the inventory cycle. GDP data for the United Kingdom were also available, with the preliminary estimate showing growth of 0.1 per cent in the December quarter, after six straight declines.


(余剰生産能力とコアインフレ率予測が落ち込んでいた)主要な先進国において経済成長は回復している。労働市場は極めて弱いが、米国ではいくつかの点で労働市場の安定化への予兆がみられる。米国の10-12月のGDPは1.4%成長であり、想定されていた以上に強いものとなった。米国の成長は在庫サイクルが大きく寄与している。英国についても、GDPは6四半期連続減少したのち、10-12月期は0.1%の成長となった。


Growth in the advanced economies was currently being supported by the inventory cycle and stimulatory policy settings. At the household level, there was growth in spending in the United States and Japan, but spending continued to contract in many European economies. Members discussed this trend, which reflected weak income growth and rising household saving rates in some of the larger European economies. The latter appeared to reflect weak consumer sentiment, broader uncertainty about economic prospects, and - in some economies - concern about high public debt levels. Regarding investment spending, there had been a slight increase in the United States in the December quarter, after a decline of more than 20 per cent over the previous five quarters. As yet, there was limited evidence of a pick-up in investment in the euro area or Japan.


先進国における成長は在庫サイクルと景気刺激策によって支えられている。家計部門の支出は米国及び日本で伸びている。しかし、欧州の多くの経済圏で支出は縮小している。委員は(欧州における)所得の伸びの弱さや欧州のいくつかの経済圏で貯蓄率が上昇ていることについて討議した。それは、消費者センチメントの弱さ、あるいは不確実な経済見通し、さらにいくつかの経済圏においては高い公的債務の水準との関係に反映されている。設備投資支出に関しては5四半期で20%を超えて落ち込んでいた米国において僅かに伸びているものの、ユーロ圏や日本では設備投資の回復は限定的なものとなっている。


Members noted that one particular challenge facing many of the advanced economies was the growth in public debt. From the point of view of long-run fiscal sustainability, this needed to be checked, but tightening fiscal policy at an early stage could undermine economic recovery. Concerns about fiscal issues had recently focused on Greece, which had entered the crisis with relatively high public debt and had seen its budget deficit rise to 13 per cent of GDP in 2009.


委員は先進国経済圏の多くで公的債務の大きさに直視していることを討議した。長期的視点から、必要に応じチェックしていくことは、財政の持続可能性を維持するには、早期の財政政策の引き締めが必要となるが、しかし景気回復を損なう可能性がある、ということだ。財政問題に関する懸念は直近で、ギリシャの比較的高い公的債務(2009年のGDP比13%の赤字の増加)による危機にみられる。



The issues were quite different in Asia (outside of Japan), where growth was significantly stronger and unemployment was falling in the higher-income economies. Chinese growth was estimated to have been around 2.25 per cent in the December quarter and 10.75 per cent over the year. There was evidence of some rebalancing in growth, with a fall in fixed-asset investment through the quarter after a sharp run-up earlier in the year. Export volumes had grown strongly over the past few quarters, with an even larger pick-up in imports. Elsewhere in east Asia, exports and industrial production had grown very strongly in late 2009.


これらの懸念は日本を除くアジアでは全く異なる様相となっている。アジアの成長は著しく加速しており、失業率も低下している。中国は10-12月期2.25%の成長、通年では10.75%の成長が予測されていた。過去数四半期にわたり輸出が強く、さらに大きく輸入も押し上げられている。他の北東アジアは、2009年後半に輸出と生産が非常に強くなっている。


While growth had picked up across most of Asia and core inflation had increased - albeit from low levels - financial conditions in many economies remained quite stimulatory. Authorities in a number of economies were taking steps to slow lending, including via increased reserve ratios on banks, a tightening of lending criteria such as maximum loan-to-value ratios, and - in China - directives to slow lending. Members noted that it was difficult to calibrate such measures.

アジアが成長している間、コアインフレ率は低レベルながら上昇していた。アジア地域の政策は、中国など一部の国で融資抑制に向けた措置が取られ始めているものの、依然として景気刺激的である。




これをみればわかるように、経済成長に関する部分についてアジア圏が最も強く、先進国は相対比較観としてアメリカ、日本、欧州の順といった感じなのだろう。さらにソブリンリスクに関する箇所は興味深く、公的債務が大きい国は緊縮財政を取らなければいけないが、それが景気回復を大きく阻害しているのではないかと指摘している。つまり、先進国全般に関していえることなのかもしれないが、とにかく公的債務の大きさに関してはやはり注意を払わなければならず、当面は欧州の問題(PIIGSなりSTUPID)がクローズアップされていくのだろう。これに関しては明日から行われる日銀会合においても討議されると思われる。このような情勢で輪番増額は恐らく出来ないものと思われるし、仮に行われればマーケットから信任を失いかねない非常にリスキーな政策としてみられることになるのかもしれない。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。