11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

中国追加利上げ~預金準備率操作では限界か 

12月25日に中国人民銀行は25bpの利上げを行い、預金金利を2.75%とし、貸出金利は5.81%とした。以下はステートメント(簡体字)である。


中国人民银行决定,自2010年12月26日起上调金融机构人民币存贷款基准利率。金融机构一年期存贷款基准利率分别上调0.25个百分点,其他各档次存贷款基准利率相应调整(见附表)。



中国の11月のCPIは5.1%であり、マイナス金利の状態が拡大していたが、今回の措置により僅かながら縮小した格好となる。恐らく12月のCPIも高水準であり、少なくとも春節のある2月辺りまでCPIの高止まりが続くものと思われ、そのための措置であったと思われる。しかし、マイナス金利そのものは解消されてはいないので、今後も引き締め姿勢を強めることになるだろう。以下のグラフはCPIと預金金利の推移(出所:国家統計局、PBOC)。


China CPI 20101225


さらに、2010年は海外からの資本流入が警戒されたことや、もしくは外需を支援するためにRMB(人民元)の低め誘導を行ったことから利上げには慎重な姿勢を取ってきたが、預金準備率操作だけではもはやインフレを抑止できず、さらに踏み込んだ措置を取らざるを得なかったものとみられる。準備率操作メインでは今年のマネーサプライのターゲットである前年比17%は遂に達成できず、上振れしてしまった。また先に開催された中央経済工作会議において、金融政策の姿勢について「適度に緩和的」から「穏健」に変更されたことや、マクロ政策について内需重視の姿勢へ転換したことも今回の政策変更の後押しとなったものとみられる。そして今後もマイナス金利解消に向けて利上げを継続していく可能性が強いのではないかと思われる。


今後、2011年のCPI目標と銀行貸出目標、マネーサプライ目標などが明らかになっていくが、2010年のように上振れ容認とはいかないものと思われ、その観点からも引き締め姿勢を強めていくものと思われる。しかしながら、ドルとペッグしている以上「国際金融のトリレンマ」によって、単独での利上げの効果もそれほど大きくはない。従って、RMB改革がセットにならなければ利上げの効果は大きく期待できないのだろう。中央経済工作会議では、外需依存ではなく内需に力点をおいた政策に言及していることからRMB改革についても前向きになっていく可能性は十分にある



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 金融政策  PBOC  金利  人民元 
tb: 1   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。