04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

日本マクロ定点観測~1-3月GDP1次QE 

5月19日に内閣府は1-3月のGDP速報値を発表した。


国内総生産(実質:前期比年率) -3.7%
同名目GDP(前期比年率) -5.2%
GDPデフレータ(前期比) -0.4%



となった。以下はGDPと寄与率の推移である。(GDPは実質・前期比SA、出所:内閣府)。


GDP Contribute 20110519.



GDPデフレータの推移(出所:内閣府)


GDP Deflator 20110519.



1-3月のGDPは前期比年率-3.7%となり、市場予想の-2.0%程度を下振れる結果となった。また名目GDPは年率換算で前期比-5.2%となった。おそらく肌実感からすれば名目の落ち込みに近い状況であったと思われる。デフレータは前期比で-0.4%、国内需要デフレータは+0.2%となった。これにより二期連続でマイナス成長となったことからテクニカル上はリセッションということができる。


GDPが民間予測よりも下振れしたのは民間在庫品が大きく減少したことによる。民間在庫品の減少については、もともと在庫調整気味に推移していたのに加えて東日本大震災で在庫品が取り崩されたか、毀損してしまったことに寄るものであろうと考えられる。家計消費最終支出は前期から-0.6%の低下となっており、-0.3ポイントの寄与となっている。もともと1-2月の個人消費は家計支出などをみても、エコポイントの半減などの政策の反動により前期比でマイナスの状態が続いており、震災でさらに消費マインドが落ち込んでしまったことが下押し要因となった。従って個人消費については1-3月トータルでみても弱かったものと思われる。民間企業設備は前期比-0.9%であり、GDPを0.1ポイント押し下げた。設備投資についてはもともと非製造業を中心に弱含みの状態が続いており、その結果がGDPに反映された格好となっている(もっとも設備投資は1-3月の法人企業統計を受けて大きくリバイスされやすいため注意が必要である)。公的需要は政府最終消費支出が前期比+1.0%、公的固定資本形成が-1.3%となっており、公的需要については+0.6ポイントの寄与となっている。輸出は+0.7%の伸びとなっているが、輸入が+2.0%の伸びとなったことから、ネット輸出入では-0.2ポイントの寄与となった。これは3月に生産障害から輸出が急減したことに加え、世界的なエネルギーなどの商品価格の高騰や、原子力発電所の事故により火力依存を強めることで一部燃料等の調達増加が輸入を押し上げているものと考えられる


今後のポイントについては、4-6月期はサプライチェーン障害が重石になることから輸出が抑制され、さらにグローバルレベルでの資源価格の高止まりや原子力発電停止の余波により火力発電依存となっていくことなどを踏まえ、輸入は高いレベルで推移することが見込まれることから、輸出が成長のドライバーとはなりにくい状況が続く。サプライチェーン障害の回復については当初想定よりも早く推移していることから、生産能力の回復は早くても7-9月になる可能性があるが、電力需給には不確定要因が強く、生産が震災前のレベルに回復するのは10-12月にまでずれ込む可能性がある。一方で、民間消費については景気ウオッチャー調査の先行DIが前月から11.8ポイント改善していることなどから、3-4月が消費マインドのボトムであった可能性が強く、自粛ムードの緩和なども手伝って今後は徐々に回復するものとみられるが、電力需給や、原発事故の収束の不透明さと風評被害の影響、さらには雇用情勢の悪化など下振れ要因も多い。このため、輸出及び消費については今後1-2四半期はマイナスとなるものと想定される


家計支出の推移(出所:総務省統計局)


Consumer spending 20110519.



景気ウォッチャー調査・先行DIの推移(出所:内閣府)


watcher 20110519.



一方で、ストック復元の動きについては想定以上に早まる可能性がある。16日に発表された機械受注では、3月は実績で電力・船舶除く民需で+2.9%、さらに4-6月見通しでは前期比+10.0%となっている。このことから、民間設備投資については4-6月にもプラスに浮上していく可能性も出てきており、復興需要については民間先行型となる公算が高まってきている。但し、電力供給やサプライチェーン障害は財生産能力を押さえ込むことになるので注意が必要だろう。一方で補正予算先送りなどにみられるように財政支出については早期には期待することができず、公的固定資本形成が復興需要のエンジンとなるのはもう少し先であろうと思われる。また、被災地域は瓦礫の撤去すらままならない状況であり、完全なストック復元がなし得るのには、極めて時間が掛かることには留意が必要である。


English Version is here: Falling into The Technical Recession(Japan's GDP on Q1 of 2011)


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  日本  震災後の日本経済・マーケットを考える 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。