06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~経済活動のペースは「鈍化」  

7月27日にFedはFOMCにおける経済判断の基礎材料となるベージュブックを公表した。以下はサマリー部分の抄訳とポイントである(全文はFedのサイト参照)


■サマリー

Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicated that economic activity continued to grow; however, the pace has moderated in many Districts. The six Districts nearest the Atlantic seaboard reported a slowdown in activity since the previous Beige Book report; activity was little changed in the Atlanta District and unchanged or slightly improved in the Richmond District. Of the other six Districts, the Minneapolis District reported political and weather-related disruptions that temporarily slowed growth, and the Dallas District slowed to a moderate pace of growth. The remaining four Districts continued to grow modestly. The previous Beige Book reported a slower growth rate for four Districts, seven Districts growing at a steady pace, and one District with faster growth.

12地区の連銀管轄地区からの報告では、経済活動は伸び続けているが、そのペースは多くの地区で鈍化したとの指摘だった。大西洋側の6地区は前回のベージュブック以降活動が鈍化しているとの報告だった。アトランタ地区では活動は変化がなく、リッチモンド地区ではやや回復していた。他の6地区では、ミネアポリス地区では政治や天候に関係した障害が成長を一時的に遅くさせ、ダラス地区では伸びが緩やかなペースから鈍化した。残りの4地区では緩やかに伸びが拡大した。前回のベージュブックは4地区の成長率が鈍化し、7地区は着実なペースでの伸びであり、1地区は急速な伸びとの報告だった。


Consumer spending increased overall, with modest growth of nonauto retail sales in a majority of Districts. Falling gasoline prices throughout most of this reporting period may have encouraged a pickup in shopping trips and some additional spending since the previous Beige Book. Price pressures from food, energy, cotton, and other supplier inputs continued to squeeze retail margins. Auto sales slowed a little since the previous Beige Book, with inventories still lean due to Japanese supply chain disruptions. The summer tourism season has started off stronger than last year in most areas unaffected by severe weather.

消費支出は全体的に伸びており、自動車を除いた小売販売は主要な地区で緩やかな伸びとなった。この報告の殆どを通じてガソリン価格の下落は、前回の報告以降、ショッピングツアーやいくらかの追加の購買を上向きにさせているようだ。食品やエネルギー、綿、その他のサプライヤーの投入コスト圧力は小売のマージンを絞り込み続けていた。自動車販売はやや鈍化しており、日本のサプライチェーン障害による在庫の乏しさが伴っていた。夏の旅行シーズンはほとんどの地区で天候の影響を受けず前年よりも強いスタートとなった。


Activity among nonfinancial service sectors improved overall in most Districts. Of the five Districts reporting on transportation services, volumes were mostly up. Manufacturing activity expanded overall, with two Districts growing at a somewhat faster rate since the last Beige Book, many Districts reporting steady or slowing growth, and two Districts reporting little change. Among firms reporting on near-term expectations, the manufacturing outlook remained generally optimistic, but capital spending plans were somewhat more cautious.

非金融サービスセクターの活動はほとんどの地区で全体的に改善した。5地区の報告では、運輸サービスにおいて、荷物の量は主に上昇した。製造業の活動は全体的に拡大したが、2つの地区での伸びは前回のベージュブック以降やや加速したが、多くの地区の報告では、伸びが着実、もしくは鈍化しており、2地区ではあまり変わらなかったとの報告だった。企業における短期的な期待の報告では、製造業の見通しは徐々に楽観的なままであったが、設備支出計画はいくらばかりかより慎重だった。


Most residential real estate activity was little changed and remained weak, although construction and activity in the residential rental market continued to improve since the previous Beige Book. For six Districts, activity in the nonresidential real estate market has improved slightly for specific submarkets, although conditions generally remained weak across all twelve Districts. Since the last Beige Book, overall loan volumes have increased in three Districts, decreased in two Districts, and were relatively flat, often with mixed trends across the banks' portfolios, in five Districts. Credit quality was steady or improving.

多くの居住用不動産の活動はあまり変化していないか、弱いままであるが、建設や住居用の賃貸市場の活動は前回のベージュブック以降改善し続けた。6地区では、非居住用不動産市場における活動は特定のサブマーケットで改善したが、状況は12地区すべてを通じて弱いままだった。前回のベージュブック以降、3地区でローンの量が増加し、2つの地区で減少し、そして相対的に横ばいで、5地区ではしばしば銀行のポートフォリオはまちまちな傾向だった。信用の質は安定しているか改善していた。


Drought conditions and severe flooding adversely affected large portions of the seven Districts that reported on their agricultural sectors. Districts that reported on their energy and mining sectors continued to note strong growth for most energy-related products but some weakness in coal production.

旱魃の進展や洪水は7地区の大部分で農業セクターに影響を与えた。エネルギーや鉱業セクターを報告した地区では、ほとんどのエネルギー製品が強い伸びだったとの言及だったが、石炭の生産はやや弱かった。


Although most Federal Reserve Districts observed modest hiring increases, labor market conditions remained soft. Wage pressures continued to be subdued for all but a few specific occupations in some Districts. Price pressures moderated somewhat in many Districts, although some firms indicated that they were able to pass on some cost increases to their customers.

ほとんどの連銀管轄地区では採用は増加しているが、労働市場の状況は軟調だったと述べた。賃金プレッシャーはすべての地区で抑えられ続けたが、いくつかの地区で少ない特定の職業は抑えられてはいなかった。価格プレッシャーは多くの地区でやや鈍化したが、しかしいくつかの企業ではコストのいくらかを顧客に転嫁することが出来ると示唆した。



経済活動については前回のベージュブックにおいては「いくつかの地区で減速」であったが、今回も「経済活動のペースは鈍化」であったことから、2回連続で景気判断を引き下げている。


■Consumer Spending and Tourism(消費・観光)

Consumer spending increased overall in most Districts since the last Beige Book. The New York, Cleveland, Chicago, Minneapolis, and Dallas Districts indicated modest growth of nonauto retail sales, and the Philadelphia and Kansas City Districts noted relatively strong growth. Retailers in the Boston, Richmond, Atlanta, and San Francisco Districts reported mixed results across product lines, while St. Louis District retailers reported slowing sales. Stronger sales in some New York City stores were attributed to tourism, while one large mall in western New York credited Canadian shoppers as the source. A major Philadelphia District retailer suggested that increased shopping trips and a greater willingness to spend were due to lower gas prices since the last Beige Book. Inventory levels were not a strong concern. Contacts from half of the Districts noted upward pressure from supplier prices--cotton was often mentioned--and other non-labor inputs, especially food and energy. Some retailers were able to pass through some cost increases, but for many, especially restaurants, profit margins were squeezed. Restaurant contacts in the Atlanta and Kansas City Districts still managed to report strong sales.

消費支出はほとんどの地区で前回から総じて増加していた。NY、クリーブランド、シカゴ、ミネアポリス、そしてダラス地区では非自動車販売が緩やかな伸びであったと指摘、フィラデルフィアやカンザスシティ地区では相対的に強いとの言及だった。ボストン、リッチモンド、アトランタ、そしてサンフランシスコ地区の小売業者は全体の製品ラインはまちまちな結果だったとの報告であるが、一方セントルイス地区では販売が鈍化したとの報告だった。NY市内の小売店の強い販売は観光が貢献しており、NY西部の1つの大規模ショッピングモールではカナダの観光客が収益源として貢献した。主要なフィラデルフィア地区の小売業者は、前回のベージュブック以降のショッピング旅行の増加や消費の大きな購買意欲は、低いガソリン価格によるものだと指摘した。在庫レベルは強い懸念ではなかった。半分の地区での会合では、綿はしばしば言及があり、その他の非労働投入コスト、特に食料品やエネルギーといった供給価格からの上向きのプレッシャーについての言及があった。いくつかの小売業者はややコスト増加を転嫁することが出来たが、多く、特にレストラン業にとって利益のマージンは搾り取られていた。アトランタやカンザスシティでのレストラン業の会合では好調な売上の報告をマネージしたままだった。


Reports of auto sales were mixed across Districts and varied by vehicle make, with most Districts indicating that dealer inventories were lean primarily due to lingering supply disruptions for Japanese vehicles and parts. Auto dealers in the Kansas City District cited strong sales despite reduced incentives and credited, in part, continued low interest rates and tornado damage. The Chicago District noted lower sales in June as incentives decreased and showroom traffic declined, followed by improved sales in early July. The New York, Philadelphia, Richmond, Atlanta, St. Louis, Dallas, and San Francisco Districts noted varying degrees of lower sales stemming from Japanese supply constraints. Strong demand for smaller vehicles and used cars continued in several Districts. The Cleveland District described dealers' outlook as cautious due to uncertainty about gas prices, the economy, and vehicle availability.

自動車の販売の報告は地区に渡ってまちまちであり、製造元によって異なっており、ほとんどの地区では、ディーラーの在庫は長引く日本車や部品の供給障害によって細くなっていた。カンザスシティの自動車ディーラーは在庫減少にもかかわらず販売は好調であり、特に低金利の継続や竜巻のダメージが貢献したと認めた。シカゴ地区ではインセンティブが減少し、来店客が減ったことで6月の販売は低調だったと記した。NY、フィラデルフィア、アトランタ、セントルイス、そしてサンフランシスコ地区では程度の差はあれ日本のサプライチェーン障害に起因して減収だったと述べた。小型車や中古車の強い需要はいくつかの地区で続いていた。クリーブランド地区では、ディーラーの見通しはガソリン価格や経済、そして自動車のアベイラビリティについて不確実であることから慎重であると述べた。


Tourism activity strengthened in most Districts as the summer season got underway. The Richmond District reported that bookings along the Mid-Atlantic coast were comparable to the 2010 season, despite last year's increase from additional vacationers who were avoiding the Gulf Coast oil spill. The New York, Atlanta, and San Francisco Districts also reported increased tourism. Tourism was also up in parts of the Kansas and Minneapolis Districts, except for destinations adversely affected by drought, heavy rains, flooding, and Minnesota's state government shutdown.

観光の活動はサマーシーズンが進行中ということもありほとんどの地区で強化された。リッチモンド地区では、昨年のメキシコ湾岸の原油流出事故を避けて追加の観光客の増加があったにもかかわらず、中大西洋海岸沿いの予約が2010年のシーズンに匹敵するものだった NY、アトランタ、サンフランシスコ地区でも観光は増加したとの報告だった。旱魃、大雨、洪水、そしてミネソタ州政府のガバメントシャットダウンの影響を除いて、カンザスシティ地区のある地域やミネアポリス地区でも観光は上向きだった。



消費については「増加」基調となっており、前回の「着実に伸びている」と同様堅調な見通しを示した。その要因として特徴付けられるのは、前回のベージュブック公表以降ガソリンなどの価格が低下してきており、消費者の購買力や購買意欲が上昇した結果であるとの指摘がなされている。一方で自動車販売についてはまちまちで、好調であった地区と低調な地区とにわかれている。日本のサプライチェーン障害の影響は前回もなされているが、今回も同様の報告がなされている。


■Nonfinancial Services(非金融サービス)

Growth of nonfinancial services advanced further during this Beige Book period for the Districts overall. The Boston, St. Louis, Minneapolis, Dallas, and San Francisco Districts reported the strongest advances. The Philadelphia and Richmond Districts reported slight improvements, while activity in the New York District flattened. Respondents remained optimistic about growth over the next three to six months in the Boston, New York, Philadelphia, Minneapolis, and Dallas Districts. However, the New York District's contacts were less optimistic than they were when polled for the previous Beige Book. High-tech firms in the Kansas City District expressed an optimistic outlook and planned to increase capital spending.

非金融サービス業の伸びは12地区すべてで前回のベージュブック以降の期間でさらに高まった。ボストン、セントルイス、ミネアポリス、ダラス、そしてサンフランシスコ地区では、強い伸びだった。フィラデルフィアやリッチモンド地区ではやや改善した一方で、NY地区の活動は横ばいだった。ボストン、NY、フィラデルフィア、ミネアポリス、そしてダラス地区では回答者は今後3から6カ月の成長について楽観的なままだった。しかしながら、NY地区の会合では前回のベージュブックの調査時よりも楽観度合いは減った。カンザスシティ地区のハイテク企業では楽観的な見通しと設備投資支出の計画について表明した。



Among the five Districts that reported on transportation services, freight transport shipping volumes in the Cleveland District, port activity in the Richmond District, and intermodal cargo volumes in the Dallas District expanded somewhat. The Kansas City District also reported increased activity, while Atlanta District firms indicated that their domestic volumes of freight and parcels were slowing somewhat.

輸送サービスにおける報告において5地区の間で、クリーブランド地区では出荷の輸送量が、リッチモンド地区では郵便が、ダラス地区ではインターモーダルカーゴの量がやや増加した。カンザスシティ地区では、活動が増大したが、一方でアトランタ地区での企業は貨物や小包の国内の量はやや鈍化したとの指摘があった。



サービス業については前回よりも強いトーンで伸びを示しているとの報告だった。前回はいくつかの地区で減速しているとの報告だったが、今回は総じて改善している。


■Manufacturing(製造業)

Manufacturing activity expanded overall, with two Districts reporting somewhat stronger growth since the last Beige Book, many Districts reporting steady or slowing in growth, and two Districts reporting little change. Auto production in the Cleveland District rose moderately, as supply disruptions caused by events in Japan diminished. The Kansas City District also reported a rebound in manufacturing activity from a low level in the prior survey period, while activity at high-tech firms expanded further. Foreign demand for metal fabrication and overall demand for semiconductors and other technology products contributed to slightly faster growth rates in the San Francisco District. Manufacturers in the Chicago, St. Louis, and Minneapolis Districts reported continued growth at a relatively steady pace from the previous reporting period. The Chicago District cited a rebound in auto production and strong demand for heavy trucks and equipment.

製造業の活動は総じて拡大したが、2地区では前回のベージュブック以降伸びがやや強まったと報告したが、多くの地区では伸びが安定しているか、鈍化したとの報告であり、2地区ではあまり変わらなかったとの報告だった。クリーブランド地区の自動車生産は、日本の災害が引き起こしたサプライチェーン障害にもかかわらず緩やかに上昇した。カンザスシティ地区では、ハイテク企業は更に拡大する一方、前回の期間における低い製造業の活動からリバウンドしたとの報告があった。サンフランシスコ地区では金属製品の海外需要や半導体や他のテクノロジー製品の国内外の高い需要が成長を加速させるのに貢献した。シカゴ、セントルイス、そしてミネアポリス地区では前回の報告期間以降相対的に着実な成長を続けているとの報告だった。シカゴ地区では自動車生産がリバウンドし、大型トラックや機器の強い需要を報告した。


Growth continued among manufacturers in the Boston and Dallas Districts as well; however, results were more mixed. Contacts in the Boston District cited stronger growth for products related to foreign demand, non-luxury consumer goods, and clients addressing deferred maintenance needs. Softer growth was reported by firms delivering consumer luxury goods, and products or services to the small business, banking, and government sectors.

ボストンやダラス地区におけるメーカーの間でも成長は続いた。しかし、より混在したものとなった。ボストン地区の会合では、海外需要に関連した製品、贅沢品ではない消費財、顧客の製品保守のニーズはより強まっていると言及した。消費者への贅沢品、小企業への製品やサービス、そして政府セクターへの企業の提供は伸びが鈍化していると報告された。


Manufacturing firms in the Philadelphia, Richmond, and Atlanta Districts reported somewhat slower rates of growth overall. However, the Philadelphia District reported a lull early in the period, followed by resumption of a slow rate of growth in early July, while the Richmond District reported moderate gains, which stalled in early July. Manufacturing firms in the New York District reported a pause in growth throughout the period.

フィラデルフィア、リッチモンド、そしてアトランタ地区の製造業の企業では総じて成長がやや鈍化しているとの報告だった。しかし、フィラデルフィア地区ではその期間は小康かつ早期であったとの報告で、7月初旬ではゆっくりとした成長が再開したことにフォローされた一方、リッチモンド地区ではモデレートな成長であり、7月上旬に入って失速した。NY地区の製造業の企業はこの期間成長が止まったとの報告だった。


Manufacturing firms' expectations of future activity were optimistic in the Boston and Philadelphia Districts, although Boston's firms were less positive than in the previous Beige Book, and Philadelphia's firms were more positive. Firms in the Boston District indicated limited plans for capital spending, while firms in the Philadelphia, Cleveland, Chicago, and Dallas Districts maintained plans for capital spending at prior levels. Fewer firms in the Cleveland District were reporting delays to project starts for their capital spending plans.

製造業の企業の将来の活動への期待はボストンやフィラデルフィア地区で楽観的で、ボストンの企業では前回のベージュブックよりも前向きな見通しが少なくなっていたが、フィラデルフィア地区の企業はより前向きとなった。ボストン地区の企業は設備への支出の計画を制限したと指摘した一方で、フィラデルフィア、クリーブランド、シカゴ、そしてダラス地区の企業では、設備への支出について以前の水準を維持したとの報告があった。クリーブランドの少ない企業では設備への支出の計画の開始を延期したとの報告だった。



製造業については、前回のベージュブックで拡大はしているものの、「多くの地区ではその伸びが減速している」といった判断だったが、今回は安定もしくは鈍化という判断となった。自動車の生産についてはリバウンドしているとの報告もあり、サプライチェーンの復旧が米国にも波及している可能性が指摘できる。


■Real Estate and Construction(不動産及び建設)

Residential real estate sales in almost all Districts were little changed from the last Beige Book. Activity edged up in the Richmond, Atlanta, and Minneapolis Districts. Of the Districts reporting on home prices, most said that they were flat or declining. The Boston and Richmond Districts reported steady prices; the Philadelphia and Atlanta Districts reported that prices were steady to down slightly; and the Kansas City and New York Districts reported that prices were down. Increasing inventories of unsold homes in the Boston, New York, and Kansas City Districts have restrained building in the single-family housing sector. Residential construction activity overall was mixed, though it increased in the Minneapolis District. Since the previous Beige Book, construction and activity in the residential rental market have continued to improve in the New York, Chicago, Dallas, and San Francisco Districts.

住宅不動産の販売は、前回のベージュブック以降あまり変わってはいなかった。リッチモンド、アトランタ、ミネアポリス地区では活動が漸進した。住宅価格についての報告では、殆どが横ばいか下落していると述べた。ボストンやリッチモンド地区では安定したペースだった一方で、フィラデルフィアやアトランタ地区では価格は安定からやや下落したとの報告だった。そしてカンザスシティやNY地区では価格は下落しているとの報告だった。ボストン、NY、カンザスシティ地区での売れ残った在庫の増加は戸建住宅のセクターを圧迫した。住宅建設は、ミネアポリス地区では増加したものの、総じてまちまちだった。前回のベージュブック以降、賃貸住宅市場における建設や活動はNY、シカゴ、ダラス、サンフランシスコ地区で改善し続けた。


Nonresidential real estate activity improved somewhat in the Boston, Philadelphia, Cleveland, Chicago, St. Louis, and Dallas Districts. The Chicago District reported strong demand for industrial facilities, particularly from the automotive sector. The Philadelphia District reported improvements in terms of lower vacancy rates for office space, industrial space, and apartments; the Chicago District reported generally lower vacancy rates. The New York, Richmond, Atlanta, Minneapolis, Kansas City, and San Francisco Districts all reported generally weak activity in nonresidential real estate. Construction in the Minneapolis District stalled in areas because of flooding and unavailability of state building inspectors due to the Minnesota state government shutdown. Health care and apartment construction was a bright spot for the Atlanta District. Activity was weak in the Kansas City District, but firms that supply construction materials reported increased sales and stable prices. San Francisco reported stable but high vacancy rates in many parts of the District.

非住居用の不動産の活動はボストン、フィラデルフィア、クリーブランド、シカゴ、セントルイス、そしてダラス地区でやや改善した。シカゴ地区では産業施設、特に自動車セクターからの強い需要があるとの報告だった。フィラデルフィア地区では、オフィススペースやアパートの低い空室率という点で改善し、シカゴ地区では総じて低い空室率だったとの方下った。NY、リッチモンド、アトランタ、ミネアポリス、カンザスシティそしてサンフランシスコ地区であ、非居住用不動産の活動は総じて弱いとの報告だった。ミネアポリス地区の複数の地域の建設は、洪水やミネソタ州のガバメントシャットダウンにより州の建設検査官が使えなくなったことで、止まってしまった。カンザスシティ地区の活動は弱いが、建設資材を供給する企業は販売が増加し、価格が安定しているとの報告だった。サンフランシスコ地区では地区の多くの場所で安定しているが、高い空室率を報告した。



住宅市場については前回とそれ程変化なくという感じだった。総じて軟調なものではあるが、住宅は賃貸向け市場が回復していることが最確認された。商業用不動産市場はやや改善しているとの報告であり、前回の「上向きのサインも散発的に出てきている」からすればさらなる前進であるようにも思われる。但し、不動産の活動自体は総じてボトム圏にあり、そこからやや改善されているという認識だろう。


■Banking and Finance(銀行・金融)

Reports of loan demand were more mixed than in the previous Beige Book. The New York, Richmond, and Chicago Districts reported overall increases in loan demand but from different sources. Commercial and industrial loans accounted for the growth in the New York District, while consumer loans accounted for the growth in the Chicago District. Loan growth in the Richmond District was driven by consumer lending, real estate loans for apartments, and commercial loans for larger companies. Total loan volume decreased in the St. Louis and Kansas City Districts, reflecting decreases in real estate lending and individual loans in St. Louis and reductions in consumer installment, commercial real estate, and commercial and industrial loans in Kansas City. The Philadelphia, Dallas, and San Francisco Districts reported relatively little overall change in loan volume, while the Cleveland and Atlanta Districts reported mixed results. Outside of banking, the San Francisco District indicated increased investment activity by venture capital firms and higher levels of IPO activity.

ローンの需要は前回のベージュブックよりもよりまちまちなものとなっていた。NY、リッチモンド、シカゴ地区では、全体としてローンの需要は増加しているが、その出所は異なっていた。NY地区では商工業ローンの伸びが占めているが、一方でシカゴ地区では消費者ローンの伸び率が占めていた。リッチモンド地区におけるローンの伸びは消費者への貸出、アパートのための不動産ローン、そして大企業向けの商業ローンに牽引された。セントルイスやカンザスシティ地区ではローンの総量が減っており、セントルイス地区における不動産向けの貸出や個々のローンの減少、カンザスシティ地区における消費者割賦、商業用不動産や商工ローンの減少を反映している。フィラデルフィア、ダラス、そしてサンフランシスコ地区ではローンの量は相対的に変化がない一方で、クリーブランドやアトランタ地区はまちまちな結果となった。銀行外では、サンフランシスコ地区でベンチャーキャピタル企業の投資活動の増加やIPO活動の高い水準を指摘した。


Credit conditions have changed little since the previous Beige Book. Banks in the New York, Cleveland, Richmond, Chicago, and Dallas Districts reported that credit quality was flat or somewhat improved. Bankers in the Richmond, Atlanta, Chicago, Dallas, and San Francisco Districts noted that competition among lenders for high-quality borrowers was squeezing banks' margins and lowering the cost of capital for those borrowers. Bank contacts in the New York, Atlanta, Chicago, Kansas City, and San Francisco Districts indicated that credit standards were mostly unchanged at tight levels, but the Cleveland District heard a few reports of easing standards for good borrowers.

信用の状況は前回のベージュブック以降あまり変化がなかった。NY、クリーブランド、リッチモンド、シカゴ、そしてダラス地区の銀行は、信用の質は横ばいかやや改善したとの報告だった。リッチモンドやアトランタ、シカゴ、ダラス、サンフランシスコ地区のバンカーは高い質の借り手への競争が銀行のマージンを絞りとり、これらの借り手にとってのキャピタルコストはより低くなっていると記録した。NY、アトランタ、シカゴ、カンザスシティ、そしてサンフランシスコ地区の銀行の会合では信用基準は変化がないかやや厳しくなっているが、クリーブランド地区では優良な借り手への信用状況の緩和が少ないながらも聞かれた。



ローンの需要がまちまちという判断は前回と変わりがない。商業用ローンの需要については改善がみられるとあり、消費者ローンなどはまちまちといった判断である。銀行以外ではサンフランシスコ地区でのVCの活動が活発となり、IPOも増えているとの報告であり、これはLinkedInをはじめとしたソーシャルネットワークサービスなどのネット企業の上場が目立ってきているとのことだろう。また、信用の状況については、信用の質が高い借り手については融資競争が激化しており、貸出金利の低下を誘発し銀行のマージン確保に影響が出ているといった格好となっている。


Agriculture and Natural Resourcesは割愛


■Employment, Wages, and Prices(雇用・賃金・価格)

Labor market conditions remained soft in most Federal Reserve Districts. Employment, especially among temporary hiring agencies, improved in the Richmond District in recent weeks. Modest hiring increases, often within specific sectors such as advertising in the Boston District and manufacturing in the Cleveland District, contributed to modest overall employment gains. Small gains were also noted in the St. Louis, Minneapolis, and Dallas Districts. The New York, Philadelphia, and Chicago Districts reported a slowdown in the pace of hiring activity. A staffing firm in the Chicago District reported a decline in billable hours.

労働市場の状況はほとんどの連銀管轄地区で軟調さが続いていた。雇用、とりわけ一時的な採用エージェンシーは、リッチモンド地区でここ数週間に改善した。緩やかな採用の増加、すなわちボストン地区では広告、クリーブランド地区では製造業といった特別なセクターが全体の緩やかな雇用の獲得に貢献した。セントルイス、ミネアポリス、ダラス地区では僅かな雇用獲得だったと記した。NY、フィラデルフィア、そしてシカゴ地区では採用活動のペースがスローダウンしたとの報告だった。シカゴ地区の人材派遣企業は請求可能な時間が減少したとの報告だった。


Wage pressures remained subdued in most Districts and for most occupations. For the overall labor market, the Philadelphia, Cleveland, Richmond, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts reported limited wage pressures. Wage pressures or wage increases were characterized as modest or moderate by the Atlanta, Chicago, Minneapolis, and San Francisco Districts. Boston District contacts reported wage growth between 3 percent and 5 percent in consulting and advertising. In addition, contacts in the Kansas City District reported labor shortages and wage pressures in the retail sector and for many occupations in the high-tech, energy, and transportation sectors, while the San Francisco District reported continued wage pressures for specialized information technology workers.

賃金プレッシャーはほとんどの地区で、かつほとんどの職種で控えめに推移していた。フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド、カンザスシティ、ダラス、そしてサンフランシスコ地区における全体的な労働市場では賃金プレッシャーは限定的だった。賃金プレッシャーもしくが賃金の伸びはアトランタ、シカゴ、ミネアポリス、そしてサンフランシスコ地区で緩慢もしくは緩やかであると特徴付けられた。ボストン地区の会合では、賃金の伸びはコンサルタントや広告業で3-5%であると報告した。さらに、カンザスシティ地区の会合では、小売セクターや、ハイテク、エネルギー、そして輸送セクターの多くの職種で労働不足や賃金プレッシャーを報告した一方、サンフランシスコ地区ではテクノロジーの特化した職で賃金プレッシャーが続いていると報告した。


Price pressures seemed to have moderated somewhat, although some firms reported being able to pass on some rising costs. Overall, input price pressures appeared to have fallen modestly. Input price increases remained elevated in the Philadelphia, Chicago, Minneapolis, and Kansas City Districts. Meanwhile, the Boston, Cleveland, Atlanta, and San Francisco Districts reported moderation in input price pressures relative to the previous Beige Book. For the most part, firms' ability to pass on price increases remained mixed. A few Districts reported some sectors being able to pass on rising prices, such as the retail sector in the Chicago District and service-sector firms in the Dallas District.

価格プレッシャーはやや緩やかになったように思われたが、いくつかの企業ではいくらかの上昇コストを転嫁しているとの報告だった。全体的に投入コスト圧力は緩やかに下落したようにみえる。投入コストはフィラデルフィア、シカゴ、ミネアポリス、カンザスシティ地区で上昇したままだった。もちろん、ボストン、クリーブランド、アトランタ、そしてサンフランシスコ地区では前回のベージュブックと比較して投入コスト圧力は緩やかになっているとの報告だった。もっとも、価格上昇の転嫁能力はまちまちだった。僅かな地区では、シカゴ地区の小売やダラス地区のサービスセクターの企業のようないくつかのセクターでは価格上昇を転嫁できているとの報告だった。



労働市場の認識については、前回のベージュブックでは「徐々に改善(gradual improvement)」であったが、今回は「軟調(soft)」といったことから、判断を下方修正してきている。賃金については賃金上昇圧力は、一部の専門的な業種を除いては控えめであり、限定的であるという認識を示した。価格については、前回の報告では「投入コストが上昇し続けている(continued to increase)」という判断であったが、今回は「やや緩慢になってきた(moderated somewhat)」としたことから、インフレ圧力が軽減されてきているという判断をとってきている。


2週間後にFOMCが開催されるが、インフレ判断については一時的(transitory)であるという認識を強化するものとみられる(但し、原油価格などコモディティ価格は足元で非常にボラタイルであることは留意)。一方で景気認識については、減速感を示していることを再表明するものと想定される。仮に債務上限引き上げ交渉の失敗とデフォルトが起これば経済への影響も加味して判断されるものとなろう。金融政策についてはバランスシートを維持するためにQE2.5(償還資金の再投資)を行うことが決められており、8月の会合でも現状維持が決められるものとみられる。先行きにおいて、さらなる追加緩和の可能性については、緩和解除に対するガイダンスを明確化することで、時間軸政策を強化し、中期ゾーンの金利に働きかける可能性は考慮しなければならないが、その条件はデフレ懸念の再燃と予想以上に緩慢な景気回復の継続である。今回のベージュブックを見る限りにおいては、インフレ懸念はやや後退してきているが、デフレ懸念が再燃するといったところからは程遠い。従って、現時点での追加緩和の可能性は少ない。但し、景気については29日に米4-6月GDPが発表され、仮に個人消費中心に予想以上に鈍化するような内容であり、今後も弱いまま継続する可能性が強まるならば、追加緩和の可能性をやや高める可能性もあろう。




人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ    米国  Fed  FOMC  QE2 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。