07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

SNBの通貨高抑制策~金融緩和の拡大へ 

スイス国立銀行(SNB)は、通貨高に関する懸念を表明し、金融緩和の拡大を行うとした。以下は声明文である(SNBサイト参照)。


Swiss National Bank takes measures against strong Swiss franc
スイス国立銀行はスイスフラン高に対して対策を講じる。


The Swiss National Bank (SNB) considers the Swiss franc to be massively overvalued at present. This current strength of the Swiss franc is threatening the development of the economy and increasing the downside risks to price stability in Switzerland. The SNB will not tolerate a continual tightening of monetary conditions and is therefore taking measures against the strong Swiss franc.

SNBでは、スイスフランについて現状かなりオーバーバリューであると考えている。現状のスイスフラン高はスイスにとって経済の進展に対する脅威であり、物価安定へのダウンサイドリスクが増している。SNBではタイトな金融状況を容認せず、それゆえ強いスイスフランに対して適切な措置をとる。


Effective immediately, the SNB is aiming for a three-month Libor as close to zero as possible, narrowing the target range for the three-month Libor from 0.00-0.75% to 0.00-0.25%. At the same time, it will very significantly increase the supply of liquidity to the Swiss franc money market over the next few days. It intends to expand banks’ sight deposits at the SNB from currently around CHF 30 billion to CHF 80 billion. Consequently, with immediate effect, the SNB will no longer renew repos and SNB Bills that fall due and will repurchase outstanding SNB Bills, until the desired level of sight deposits has been reached.

直ちに効果が出るように、SNBでは3カ月のLIBOR金利を出来るだけゼロに近づけるよう、3カ月のLIBOR金利の誘導レンジを0-0.75%から、0-0.25%とする。そして同時に、数日以内にマネーマーケットに対してスイスフランの流動性供給を強化する。それはSNBの中銀要求払い預金残高を300億スイスフランから800億スイスフランに拡大することを意図している。結論として直ちに効果が出るように、中銀要求払い残高が求められた水準に届くまで、SNBではレポや満期のSNB手形の更新を行わず、発行しているSNB手形の買い戻しを行う。


Since the SNB’s last quarterly monetary policy assessment, the global economic outlook has worsened. At the same time the appreciation of the Swiss franc has accelerated sharply during the last few weeks. Consequently, the outlook for the Swiss economy has deteriorated substantially.

SNBにおける前回の金融政策の評価以降、グローバル経済の見通しは悪化した。同時にスイスフランの上昇は数週間の間で、鋭角的に加速した。結論としてスイス経済の見通しは大幅に悪化した。


The SNB is keeping a close watch on developments on the foreign exchange market and will take further measures against the strength of the Swiss franc if necessary.

SNBは外国為替市場の動向を緊密に監視し、もし必要であればスイスフラン高に対してさらなる対策を講じるつもりである。




これまでSNBでは為替介入という形でスイスフラン高を抑制しようとしてきたものの、その後の為替相場の推移により多額の損失を被ったことが大きく批判された。今回はEURCHFがパリティに接近していく中で、金利の低め誘導及び量的緩和の拡大を通じてスイスフラン高を抑制するという意図があるものとみられる。量的緩和のスキームとしてはリザーブターゲット(準備預金残高の目標)の拡大であり、2000年代前半の日銀の政策に近い。これを受けてEURCHFは1.10台を回復している。以下はEURCHFのチャート。


eurchf 20110803



--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: スイスフラン  SNB  QE 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。