12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

新著 "Global Macro Outlook 2013 :Where is driver for growth?「成長ドライバーが見えない展開へ」"のご案内 

12月5日に拙著"Global Macro Outlook 2013 :Where is driver for growth?「成長ドライバーが見えない展開へ」"Amazon Kindleストアから発売されました。


Global Macro Outlook 2013 :Where is driver for growth?「成長ドライバーが見えない展開へ」Global Macro Outlook 2013 :Where is driver for growth?「成長ドライバーが見えない展開へ」
(2012/12/04)
岩瀬 雄一郎

商品詳細を見る



内容紹介


2012年の経済を振り返ると、先進国経済は2009年のリセッション以降立ち直りを見せたものの、欧州債務問題と緊縮財政の影響により欧州経済は再度リセッション入りの展開となった。米国経済は家計のバランスシート調整が続き、回復のモメンタム上にあるものの、緩慢な成長率に留まっている。一方、金融危機後の世界経済をリードしてきた新興国にも成長の陰りが見え隠れしている。そのような中で各国経済の現状と2013年の見通しについて以下のような解説を行う。


米国経済:家計のバランスシート調整問題、Fiscal Cliff(財政の崖)と米財政問題、個人消費、住宅市場、資金循環、雇用、価格・インフレ動向、FEDの動向


欧州経済:周縁国財政再建の動向、リセッションに陥るユーロ圏経済、ユーロ圏の金融状況、ECBの動向


日本経済:現状の日本経済の動向と2013年の見通し、長期的な問題、日銀の動向


新興国経済:中国経済(現状と2013年の見通し、ルイスの転換点・人口ボーナスと人口オーナス・中進国の壁)、インド経済、先進国と新興国との間の資金循環


定価:990円(12.00USD)


ブックのイメージは以下の通りです(iPad/クリックで拡大表示されます)
BookImage.jpg


以下のデバイス(端末)でご覧いただけます。

Kindle Paperwhite
Kindle Fire
Kindle for iPad
Kindle for iPod Touch
Kindle for iPhone
Kindle for Android


なお、発売開始後にiOS版でダウンロード出来ないという問題が発生しておりましたが、現在はダウンロード可能です。ご迷惑をお掛け致しました。

カテゴリ: 市場視点

タグ: 新著のご案内 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。