07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

China View~Dec.2009 

今日の東京株式市場は反発した。朝方はNY株安から安くスタートしたものの、底堅さが見られる内容となり、その後は引き締まる展開となっていった。中国の経済指標を受け後場は一本調子の上げ基調、円安傾向も追い風となり先物にショートカバーを誘う展開となっていった。結局引けてみれば日経平均は130.89円高となった。


今日は中国の経済指標が一斉に発表されたので、少しみていきたい(なお、国家統計局の数字が正確なものかどうかは定かではない)。


・10-12月 GDP 前年同期比+10.7%
・12月鉱工業生産 前年同期比+18.5%
・12月 CPI 前年同期比+1.8%
・12月 PPI 前年同期比+3.0%
・12月小売売上 前年同期比+17.5%
・1-12月都市部固定資産投資 +30.5%
・1-12月不動産投資 +16.2%


こんな感じである。ポイントを上げていくとすれば、まずGDP。これに関しては市場予想が+10.5%程度であったので、やや上に振れているものの、サプライズといった感じではない。順調な経済成長を確認したという意味合いだったのかもしれない。鉱工業生産は高い伸びを維持しているが、11月の 19.2%よりも若干スローな減速となっている。これに関しては粗鋼生産などの伸びが抑制されており、セメント等の伸びも減速していることから、4兆元の景気刺激策によるインフラ関連投資の動きが一巡した可能性が指摘出来る。半面で乗用車の伸びは驚異的であり、11月に前年同期比+87.4%だったものが12月には+134.9%となっている。こういった動きをみると、中国経済の軸足について公需から民需へのシフトが行われていると解釈してもよいと思われる。以下のグラフは中国の鉱工業生産の推移である(出所:国家統計局)。


China 鉱工業生産


都市部固定資産投資であるが、これに関しては全般的にモメンタムが緩やかに低下している。1-11月のものに比べ第 2次産業で伸びているが第1次産業や不動産投資などに一服感がある。これについては景気刺激策によってもたらされた設備投資ブームもやや一服しているとみることができる。一方で第2次産業の伸びが再拡大しているのは、先述の通り民需の拡大による設備投資が増加しているとみることが出来る。不動産投資は高水準であるため、やや警戒感をもってみておく必要がある。特に海南などのリゾート地では前年比44.3%もの伸びを示しており、不動産バブル的な色彩もあることには留意が必要だろう(出所:国家統計局)。


China固定資産投資


さらに、11月から前年比ベースでプラスに転じた CPI(消費者物価指数)であるが、12月は+1.8%に加速しており、物価上昇バイアスが足元で掛かってきているとみてもよい。このことは人民元安による輸入物価上昇が底流にあるものと思われ、インフレ亢進が今後も進んでいくものと思われる。内訳では消費財は依然として前年同期マイナスが続いているが、サービス価格や建材価格、あるいは穀物価格の上昇が大きく貢献している(出所:国家統計局)。


China CPI


このようなところである。あとは金融政策となるのだろうが、当局は既に資金吸収オペ(売りオペ)、預金準備率の引き上げ、窓口規制を行っているが、今後インフレ懸念が高まった場合の当局が取りうるスタンスとして、まず早くて春節明けのタイミングに銀行の自己資本規制改革を実施するのではないかと思われる。この狙いとしては2つの意味合いがあり、アセットとなる貸出を抑制することとエクイティの強化、すなわち増資による資金吸収である。中国の銀行はBISによる規制対象ではないが、プロシクリカリティ(貸出拡大→インフレ亢進)を考慮した場合、このような銀行規制が行われる蓋然性は大きい。なお、この引き締め策が行われれば、上海市場に関して波乱要因になるのではなかろうか。



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

tb: 0   cm: 0

« 米銀決算Viewing  |  2つの懸念 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/108-8bc8c0bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。