09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

IOERレートにおける思考実験 

IOERレートがクローズアップされているが、結論として端的にまとめると以下のとおりになるのではないかと思われる。


(1)BOJがかつて取ってきた量的緩和的効果(=マネタリーベース的アプローチ)
(2)市中金利を上昇させる金融引き締め効果(=マネーサプライ的アプローチ)


こんなイメージである。その背景には米国のバンキングシステムは偏在化している、ということなのだろう。超過準備を積み上げるだけの余裕がある一部の銀行、すなわちグローバル展開し、過去最高水準の利益をあげてているこくわずかのビッグプレーヤーがその他多くの逼迫した状況にある銀行の流動性を供給するという政策ではなかろうか?だからこれをもって金融緩和と捉えることも出来れば、金融引き締めと捉えることも出来る。ゆえにFedにとって好都合なのかもしれない。TDF(タームデポジットファシリティ)もおそらく同様のアプローチがあるものと思われるが、これについてはしばし考える時間が欲しい。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 金融政策  Fed 
tb: 0   cm: 0

« ソロスが欧州について警告する~財金分離の脆さ  |  Fed Rudders Off Exit Strategy! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/134-ad1261af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。