06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

米経済の一時的停滞は大雪のせい?~ベージュブックより 

今日の東京株式市場は反落した。朝方は小動きだったものの後場になると債券先物市場で限月交代から買い戻しとみられる動きがあり、株先売りにつながっていった。また外為市場においてはアジア株安から円が買われる展開となりこれも地合を悪くした。一部に円が買われた動きとなったのは中国の準備預金率の引き上げが週末にも行われるのではないかとの観測もあったようだ。


昨日はベージュブックの発表があった。FOMC2週間前に公表される地区連銀経済報告というものであるが、米国の経済活動については全体的に改善していたものの「大雪」のため停滞していたようだ。


■経済活動全般に関わる部分。


Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicated that economic conditions continued to expand since the last report, although severe snowstorms in early February held back activity in several Districts. Nine Districts reported that economic activity improved, but in most cases the increases were modest. (omission) Richmond reported that economic activity slackened or remained soft across most sectors, due importantly to especially severe February weather in that region.


(抄訳)経済活動は前回報告の時点よりも拡大し続けているが、2月初旬の吹雪ではいくつかの地区で停滞していた。9つの地区で経済活動は改善しているも、殆どの場合控えめなものとなっている。リッチモンド連銀では、2月の天候が特に厳しかったことと関連して経済活動は緩み、多くのセクターで軟調であると報告している。


■消費

Consumer spending improved slightly in many Districts since the last survey, but severe snowstorms in early February limited activity in some Districts.

消費支出は前回報告よりもやや改善しているが、2月初旬の激しい吹雪によっていくつかの地区で消費活動が抑制された。


■住宅用不動産

Residential real estate markets improved in a number of Districts, although several Districts noted that activity softened or remained weak partly due to extreme winter weather.

住宅用不動産市場はいくつかの地区で改善しているが、複数の地区では極端な冬の天候のせいで軟調または弱いままである。


Adverse weather conditions also hampered home sales and construction in the New York, Philadelphia, and Atlanta Districts.


さらに、NY地区、フィラデルフィア地区、アトランタ地区で気象条件も住宅販売や建設の妨げとなった。


■金融除くサービス業

Richmond reported that service revenues fell due to the record snowstorms


リッチモンド連銀では記録的な吹雪でサービス業の売上が減少したとの報告


■製造業

Philadelphia and Richmond noted productions delays due to the winter snowstorms in February


フィラデルフィア及びリッチモンド連銀では2月の吹雪で製造遅延があったとの報告


どんな程度の大雪だったのか、以下の動画参照。


AP:Snow Buries, Strands Parts of Northeast



AP:Slow-moving Storm Dumping Snow in Northeast(米北東部の物流稼働への影響を映し出している)



AccuWeather.com Snowpocalypse Now! Meteorologist Freakout(ボルチモア/リッチモンド地区の天気予報。ちょうどベージュブックで指している2月初旬。100万Viewを誇る人気の動画、オーバーリアクションの背景にあるこの大雪が如何に凄まじいかを物語っている)




こんな感じで広範囲に及ぶ経済活動が大雪のため停滞していたという。これでは2月の雇用統計はあまり信用がおけないような感じもするが、2月のISM非製造業景気指数や同ADP雇用報告における民間雇用者数を見た場合には雇用が悪化しているというわけでもないようだ。雪解けとともに米経済にも春が訪れるとよいが。



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  FOMC 
tb: 0   cm: 0

« 日米金利差を考える~LIBOR3M逆転解消・日本サイド・米国サイド  |  ドル円相場の3月変動要因 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/144-8faab49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。