09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

スペインの苦悩~住宅問題・金融システム問題・財政問題・デフレ経済 

今日の東京市場は株安、債券高、円高となった。株式市場は昨日スペインの貯蓄銀行がスペイン中銀により公的管理下に置かれたことから信用不安が高まりNY市場が安くなったことを受け売り先行、北朝鮮有事のニュースもネガティブ視され一時日経平均は300円を超える下げ幅となった。債券市場は株安やユーロ圏信用不安から買われ、先物は140.50円台に乗せ2009年3月以来の高値を更新、現物債もJGB10Yで1.21%を打つ場面があった。外為市場ではユーロ圏信用不安からユーロが売られる展開となっている。


ギリシャ発のソブリン危機がスペインに波及している。スペインの貯蓄銀行カハスールを公的管理下においた。ただでさえ債務残高も財政赤字も非常に大きい国にとって銀行システムを維持しなければならない事態はきつい。


IMFではスペインの経済見通しについてかなりネガティブな年次報告書を出している。


Spain-2010 Article IV Consultation Concluding Statement of the Mission
2010年-スペイン ミッションステートメントを含む第4次報告


Spain’s economy needs far-reaching and comprehensive reforms. The challenges are severe: a dysfunctional labor market, the deflating property bubble, a large fiscal deficit, heavy private sector and external indebtedness, anemic productivity growth, weak competitiveness, and a banking sector with pockets of weakness. Ambitious fiscal consolidation is underway, recently reinforced and front-loaded. This needs to be complemented with growth-enhancing structural reforms, building on the progress made on product markets and the housing sector, especially overhauling the labor market. A bold pension reform, along the lines proposed by the government, should be quickly adopted. Consolidation and reform of the banking system needs to be accelerated. Such a comprehensive strategy would be helped by broad political and social support, and time is of the essence.

(抄訳)スペイン経済は果てしなく包括的な改革が必要である。その課題は、機能不全の労働市場、不動産バブルのデフレ化、巨大な財政赤字、民間セクターの重債務と対外債務、生産性向上の乏しさ、競争力の乏しさ、そしてバンキングシステムの脆弱性であり、非常に厳しい。野心的な財政再建が進められており、最近は強化され、全力が注がれている。これには、構造改革、すなわち製品市場と住宅セクターでみられる進展を基礎に、とりわけ包括的な労働市場の改革の実施によって、成長が伴って補完する必要がある。大胆な年金改革は、行政府に沿ってのみ行われているが、早急に採用されるべきだろう。銀行システムの統合と改革は加速する必要がある。そのような包括的な戦略は幅広い政治的もしくは社会的なサポートによって支えられ、時間を厳守する必要がある。


スペインに関しては2月25日のエントリでWSJの記事を要約して載せたことがあったが、この国の厳しさというのはかつて低金利だったユーロが不動産価格高騰の期待から大量に流入し、アセットバブルを引き起こしたものの、2007年以降の金融危機以降不動産価格が暴落しデフレ経済に入っている。さらに国際競争力のある製造業など産業を有していなければ、金融危機の時に財政刺激策や銀行救済を行っており、財政は逼迫している。失業率は20%に接近しており、非常に厳しい状況となっている。


昨日カハスールが公的管理下に置かれたが、カハとよばれる貯蓄銀行は住宅用に大量にローンを融資していた。好況時に融資を5倍強に拡大し、国内ローンの半分ほどを占めている。貯蓄銀行が貸し付けた4540億ユーロのうち、不動産や建設ローンは2430億ユーロとみられている(Bloomberg「スペイン財政に一段の負担-貯蓄銀カハスール救済で」記事参照)。


スペインも足元住宅市況が完全に崩壊している。以下の表はスペインの住宅の需給を示したチャート(FT Alphaville "A Japanese casa for Spain"参照)である。


Spanish housing S/D


需要は2008年よりも2009年の方が落ち込んでいる。しかし、新築完成住宅だけで需要を上回っており、さらに2010年新築完成予定の住宅、そして中古住宅の在庫も積み重なる。こうなると住宅市場の需給バランスは完全に崩壊する。INGでは以下のようにまとめている。


After the peak, Japanese house prices fell for 14 years in a row, and bottomed some 65% below their peak. Official data suggests that Spanish house prices have fallen 10% from their peak, but anecdotal evidence suggests that some properties are being sold for 50% or less of their appraised value 3 years ago.

If Spanish banks were to double their provisions for real estate developers this would amount to an incremental -53bn, which is equivalent to 23% of the capital of the Spanish banking system.


(抄訳)ピーク後の日本の住宅価格は14年間で最大65%下落した。公式のデータではスペインの住宅価格はピークから10%下落していることを示唆している。しかし、3年前のピーク時の価格から50%で売られている不動産があるという事例も残されている。

もしスペインの銀行が不動産業者向けの融資枠を2倍にする、すなわち530億ユーロ増加させるのであれば、それはスペインの銀行システムの資本の23%にのぼることになる。



このことからも分かる通り、スペインで起こっている住宅バブル(かつて日本でも経験した不動産バブルも同様)の崩壊は、需要よりも遥かに大きい供給によって住宅価格の下落を招き(アウトプットギャップ)、最終的に物価に波及していく。さらに、この住宅価格の下落が担保価値を押し下げ、ローンの不良債権化につながっていき、これを競売で処理することによりさらに住宅価格を押し下げるという構図となってスパイラル化する。スパイラル化するに連れて資本が不足している金融機関は経営危機に瀕する。こうしてかつての日本や現在のスペインのようなデフレ経済となっていく。さらにスペインにとって都合が悪いのは、財政が逼迫化していることだろう。銀行システムの維持を可能にするには350億ユーロの救済資金を用意しなければならない。日本や米国はなんとかそのあたりを乗り切って銀行システムを維持したが、スペインの場合は単独でそのような維持が行えるかどうか微妙なところもある。こういった問題はミクロ的だが、ソブリンリスクは信用バブル破裂の余震であることを強く印象づけられる。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  ソブリンリスク  ユーロ 
tb: 0   cm: 0

« 現状の理解  |  Nascent recovery are temporary~米経済のピークアウト感 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/208-62d0b149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。