05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

NYの違和感 

今日の東京株式市場は日経平均で3桁の上昇となった。3桁の上昇は9月24日以来である。金融に引き続き買いが入っている他、国際商品市況が金相場中心に騰がっているわけだから別子中心に非鉄や商社への買いを誘った。半面で「米ITC、ハイブリッド特許侵害の訴えでトヨタを調査へ」などとロイターが伝えているものだからトヨタなどの自動車は鈍いし通信は下げている。


やはり昨日のドル安ショックは様々なところに火をつけている。金の暴騰劇はそれを物語っている。以下のチャートはCOMEX金先物の15分足である。


COMEX金先物


金が全般商品価格を押し上げ、株式市場でもアルコアなどの素材関連が大きく買われていた。豪州利上げもグローバル経済の回復というストーリーに仕立てられ、それを好感してエマージング関連も相当に強かった。ドル安好感でハイテクも堅調で全面高商況だった。しかし、この日のNY市場全般を見ていると何だか違和感があった。それは債券市場の動きだった。2130GMT時点のロイターデータによる利回りと前日比は以下の通りである(ロイターのNY市場サマリーより)


2年債 0.9043%(+2.77bp)
10年債 3.2570%(+3.83bp)
30年債 4.0690%(+5.58bp)


昨日のNYの債券相場の地合としては内部要因も外部要因からも良くなく、最低10bp以上金利が上昇して(=価格が急落して)終えていてもおかしくはなかった。内部要因からすれば過去最高額の3年債入札(リオープン)が行われ、応札倍率と間接Bidの数字は無難だったものの最高入札利回りが1.445%と市場予想よりもディスカウントした価格であったためやや不調気味ととらえる向きも多かった。実際3年債はセカンダリーで売られていた。また本日は10年債、明日には30年債の入札(リオープン)を控えており、ヘッジ売りもかさみやすかったはずである。外部要因からすればドル安・金高・株3桁高であったので、リスクアペタイトの高まりから債券からリスクアセットに流れるはずである。特に金の暴騰はインフレ期待を高めるものでもあるから債券にはかなりアゲンストであるのに売られはしたが小幅安だったのである。


そのような考えからすれば、これまでの相場の趨勢として一貫している、すなわち以下のマネーフローの構図は生きている。


債券→リスク資産に流れる金額<銀行預金・MMF→債券に流れる金額


債券市場に資金が流れやすい構図は米経済が「流動性の罠」に陥っているということであり、本ブログでもいろいろと述べているので改めて書く必要がないが、その流れは一朝一夕では変わらないということなのだろう。債券市場で益出しが行われればその一部はリスクマネーにシフトされる可能性があるわけだから、債券が急落しなかった道理の付く説明は一応成り立つ。


東京株式市場に話を戻すとシカゴの段階で動きがおかしかった。


S&P500


SP500


CME225F


CMENKD


S&Pは一度利食いから値を消す場面もありCME225も同調した。しかし、S&Pはその後上げ幅を広げたが225は戻れなかった。朝方のCME225の清算値をみて違和感を感じられた方は多いはずだ。ベンダーさんや証券のスポークスマンはドル安円高を理由に挙げるが、どうもそうではないような気がする。昨日の日経朝刊の「一目均衡」ではないが、日本株市場でプットを売るなり空売りしたりして現金を調達して他で高パフォーマンスがあげられるリスクアセットに振り向けている動きが活発になっていると考えるのが自然なのかもしれない。つまりは「売り市場」なのだ。


バフェット氏でさえ「225プットオプション(=収益限定)」を売って「BYD(=収益無限大)」に投資しているのだから...


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 人気ブログランキングへ








関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

tb: 0   cm: 0

« ドル安株高のNY vs 円高調整の東京  |  温度差 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/23-8236fc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。