06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

定点観測:米国製造業 

9月1日に米供給管理協会(ISM)から8月の製造業の景況指数(PMI)を発表した。PMIは56.3となり、前月の55.5から改善、市場予想の53.0を上回った。ここのところ米国における経済回復のペースに減速感が出ており、改善ピッチが鈍化しているものの、前月の業況から改善していることが示されたことはポジティブサプライズといっても差し支えない。以下はISM製造業景気指数の推移(出所:ISM)


ISM Mfg PMI


以下はISM製造業景気指数の各構成指数(出所:ISM)


ISM Mfg PMI


全体からすれば製造業の生産活動のモメンタムは低下してきているが、フィラデルフィア連銀製造業指数が予想以外に好不況の分かれ目となる0を割り込んだことから、この指数が発表される前は急減速が示されるものと見込まれていた。しかし、全米ベースでは前月よりも景況感がむしろ改善してきていることから米国経済を牽引する製造業の業況については底堅いことが印象づけられた。またセンチメントの改善は8月にドル安が進行したという背景も十分に考えられる。

8月は新規受注が7月からやや低下し、逆に在庫がやや上昇してきているが、在庫指数以上に生産指数は大きく上昇しており、「意図せざる在庫増」に入っている可能性がやや後退している。但し新規受注が前月よりも低下してきていることは、今後生産活動を低下させる可能性があり、「意図せざる在庫増」のフェーズに入る余地は残されている。現状グローバル経済の見通しは「異例に不確実」となっており、足元で急減速している指標が相次いで出されていることを鑑みると、本日のISM製造業景気指数はそれでもなお米国の製造業については底堅いという判断を示すものとなったのではなかろうか。


さらにポジティブだったのは雇用指数が60.4にまで上昇してきていることである。雇用指数は今年で最も大きい数字である。製造業の雇用確保の動きは続いていることが示されている。以下はISM製造業景気指数と製造工業雇用者数(出所:ISM・米労働省のデータより作成)


DGM Payroll


7月の雇用統計における民間雇用者数は7万1千人の増加となり、市場予想を下回るものとなったが、製造工業の雇用者数については3万6千人増加しており民間雇用者数をサポートしている。9月3日に8月分の統計が発表されるが、市場予想では製造工業雇用者数は1万人増に増加幅が鈍化するものと市場では予測されているが、雇用指数が8月から改善していることを踏まえると製造工業の雇用者は7月よりも増加しており、今年最大の増加幅となる可能性も浮上してきている。ADPによる民間雇用者数で製造工業は7月に減少(1.1万人減)していたが、労働省調査では3万6千人増加した。8月も6千人減少しているが、労働省調査のデータでは増加となっている可能性が強い。従って前月に引き続き製造工業が米国の雇用を下支えしていく構図は変わらないものと思われる。価格指数は前月の57.5から61.5に拡大しており、やや投入価格に上昇プレッシャーが掛かってきているように思われる。8月の原油相場はそれほど大きく上昇していたわけではないが、世界的な需要の底堅さから素材などの価格は上昇しているものも見受けられる。現状の米経済において、最終製品にまで価格の転嫁が見込めないことを考慮すると、米国の企業ではコスト負担増によりマージンが薄くなっていくことも考えられ、企業の負担が大きくなる可能性があるため、今後の推移には注意が必要といえる。


米国経済は2010年第2四半期に一旦ピークをうち、減速してきているが、製造業の落ち込みペースはそれほど急減速ではなく、このセクターが引き続き米国経済を下支えしていくことになるだろう。米国の製造業の活動が低迷し二番底に陥る懸念は大きくはないが、グローバルベースでの需要の見通しについては依然として不透明感が大きく、その動向に左右されていく可能性は大きいとも思われる。



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  米国 
tb: 0   cm: 0

« 8月雇用統計ポイント  |  苦難な政策運営~FOMC議事録 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/276-5d3e316b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。