10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~Preparing to go to the QE2 

9月21日にFOMCステートメントが公表された。以下は抄訳(参照:Fedのサイト)

Information received since the Federal Open Market Committee met in August indicates that the pace of recovery in output and employment has slowed in recent months. Household spending is increasing gradually, but remains constrained by high unemployment, modest income growth, lower housing wealth, and tight credit. Business spending on equipment and software is rising, though less rapidly than earlier in the year, while investment in nonresidential structures continues to be weak. Employers remain reluctant to add to payrolls. Housing starts are at a depressed level. Bank lending has continued to contract, but at a reduced rate in recent months. The Committee anticipates a gradual return to higher levels of resource utilization in a context of price stability, although the pace of economic recovery is likely to be modest in the near term.
8月のFOMC以降に入手した情報では、生産及び雇用の回復はここ数カ月で減速していることが示唆されている。家計支出は徐々に増加しているが、高い失業率が制約となったままであり、収入の伸びも緩慢かつ、住宅資産価格は低レベルであり、信用もタイトなままである。年初に比べて急ではないものの、機器やソフトウェアにおけるビジネス支出は上昇している。一方で、非居住用不動産への投資は弱いままであり、雇用者は雇用を増やすことに消極的なままである。住宅着工は抑制されたレベルのままである。ここ数カ月は低金利であるが、銀行貸出は縮小が続いている。FOMCでは価格の安定を背景に徐々に資源活用が高いレベルに戻ることを見込んでいるが、短期的なタームにおいて経済回復のペースは予想されていた以上に緩やかとなっていくだろうとみている。



Measures of underlying inflation are currently at levels somewhat below those the Committee judges most consistent, over the longer run, with its mandate to promote maximum employment and price stability. With substantial resource slack continuing to restrain cost pressures and longer-term inflation expectations stable, inflation is likely to remain subdued for some time before rising to levels the Committee considers consistent with its mandate.
長期的に、潜在的なインフレの基調はここのところFOMCが判断した、最大雇用と物価の安定を促進するという責務において最も一致したレベルをやや下回るものとなっている。実質的な資源のスラックがコスト圧力を抑制し続け、長期間のインフレ期待が安定しているため、FOMCがその責務として考えている水準に上昇する前のしばらくの間、インフレは抑制され続けている。



The Committee will maintain the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and continues to anticipate that economic conditions, including low rates of resource utilization, subdued inflation trends, and stable inflation expectations, are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate for an extended period. The Committee also will maintain its existing policy of reinvesting principal payments from its securities holdings.
FOMCではFF金利のレンジを0-0.25%に据え置き、低水準の資源活用、抑制されたインフレの傾向、安定したインフレ期待を含む経済状況の予測はFF金利を「長期間」にわたって非常に低い水準に維持することを保証する。また、FOMCは保有証券からの償還金を再投資するという既存の政策を維持するだろう。



The Committee will continue to monitor the economic outlook and financial developments and is prepared to provide additional accommodation if needed to support the economic recovery and to return inflation, over time, to levels consistent with its mandate.
FOMCは経済見通しや金融の状況を監視し続け、経済の発展や価格の安定に必要な政策ツールを採用し、もし時間とともにその責務と一致するレベルにまで経済が回復することやインフレに回帰するためのサポートが必要であれば、追加的な金融調節の提供を準備している。



Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; James Bullard; Elizabeth A. Duke; Sandra Pianalto; Eric S. Rosengren; Daniel K. Tarullo; and Kevin M. Warsh.
FOMCの金融政策に賛成票を投じたのは、バーナンキ委員長、ダドリー副委員長、J.ブラード、E.デューク、S.ピアナルト、E.ローゼングレン、D.タルーロ、K.ウォーシュの各委員。



Voting against the policy was Thomas M. Hoenig, who judged that the economy continues to recover at a moderate pace. Accordingly, he believed that continuing to express the expectation of exceptionally low levels of the federal funds rate for an extended period was no longer warranted and will lead to future imbalances that undermine stable long-run growth. In addition, given economic and financial conditions, Mr. Hoenig did not believe that continuing to reinvest principal payments from its securities holdings was required to support the Committee’s policy objectives.
T. ホーニグ委員は、経済は緩やかに回復しているとして反対票を入れた。その理由としてFF金利を「長期間」低いままにするという期待の表明は、もはや保証されるものではないし、将来に渡って長期間安定した成長を弱めてしまう不均衡に導くだろう。さらに、現段階の経済及び金融の情勢では、Fedが保有する現状レベルの長期債のサイズをコンスタントにキープするということは、FOMCにおける政策目標の反映をサポートするにあたって必要とされていると確信していない、とした。




人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  FOMC  QE 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~QE2、用意はOKだけど、具体策は後日  |  FOMC Preview »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/286-9e02b12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。