03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~QE2 is decided 

11月3日にFOMCステートメントが公表された。以下は抄訳(参照:Fedのサイト)


ポイント

・6000億ドル追加に長期国債を買い入れることを決めた。
・買入期間は2011年の第2四半期まで、月750億ドルペース。
・現在は「デュアル・マンデートよりも低いインフレ率」を強調。
・買い入れる長期国債の年限は30年まで(10年以降の買い入れ割合は少ない)、デュレーションは5-6年(NYFedステートメント参照)。
・個別銘柄の保有上限である「35%ルール」を一時的に緩和



Information received since the Federal Open Market Committee met in September confirms that the pace of recovery in output and employment continues to be slow. Household spending is increasing gradually, but remains constrained by high unemployment, modest income growth, lower housing wealth, and tight credit. Business spending on equipment and software is rising, though less rapidly than earlier in the year, while investment in nonresidential structures continues to be weak. Employers remain reluctant to add to payrolls. Housing starts continue to be depressed. Longer-term inflation expectations have remained stable, but measures of underlying inflation have trended lower in recent quarters.

9月のFOMC会合以降に入手した情報では、生産及び雇用の回復は減速し続けている。家計支出は徐々に増加しているものの、高い失業率、収入の伸びも緩慢で、住宅資産の低さ、そしてタイトな信用によって抑制されている。機器やソフトウェアのビジネス支出は上昇しているものの、年前半からは失速している。一方で非居住用の構造物への投資は弱いままである。雇用者は雇用を増やすのに消極的である。住宅着工は抑制されたままとなっている。長期のインフレ期待は安定し続けているが、直近数四半期の潜在的なインフレの基調は低いトレンドとなっている。


Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. Currently, the unemployment rate is elevated, and measures of underlying inflation are somewhat low, relative to levels that the Committee judges to be consistent, over the longer run, with its dual mandate. Although the Committee anticipates a gradual return to higher levels of resource utilization in a context of price stability, progress toward its objectives has been disappointingly slow.

定められたマンデートに一致するように、委員会は最大雇用と物価安定の促進をしようとしている。現在、失業率は上昇しており、潜在的なインフレの基調は委員会が長期にわたってデュアル・マンデートと一致すると判断したレベルに比べてやや低い。価格の安定を背景に徐々に資源活用が高いレベルに戻ることを見込んでいるが、その目標に向けた進展は残念ながら遅い。


To promote a stronger pace of economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with its mandate, the Committee decided today to expand its holdings of securities. The Committee will maintain its existing policy of reinvesting principal payments from its securities holdings. In addition, the Committee intends to purchase a further $600 billion of longer-term Treasury securities by the end of the second quarter of 2011, a pace of about $75 billion per month. The Committee will regularly review the pace of its securities purchases and the overall size of the asset-purchase program in light of incoming information and will adjust the program as needed to best foster maximum employment and price stability.

経済活動をより力強いペースに促進し、インフレをマンデートと考えるレベルに一致させることを可能にするために、委員会は本日、証券保有の拡大を決定した。委員会は証券保有の再投資という既存の政策の維持を行うこととした。そして委員会は2011年の第2四半期までにさらに6000億ドルの追加の長期債保有を決めた。それは月に750億ドルの購入ペースである。委員会は定期的に証券の買い入れや全体の資産買入プログラムの全体のサイズについて、入手する情報に照合しながら見直しを行い、最大雇用と物価の安定のベストな促進に必要とされるようプログラムを調節していくだろう。


The Committee will maintain the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and continues to anticipate that economic conditions, including low rates of resource utilization, subdued inflation trends, and stable inflation expectations, are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate for an extended period.

FOMCではFF金利のレンジを0-0.25%に据え置き、低水準の資源活用、抑制されたインフレの傾向、安定したインフレ期待を含む経済状況の予測は FF金利を「長期間」にわたって非常に低い水準に維持することを保証する。


The Committee will continue to monitor the economic outlook and financial developments and will employ its policy tools as necessary to support the economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with its mandate.

委員会はは経済見通しや金融の状況を監視し続け、時間と共に経済の回復や、マンデートと一致するレベルにまでインフレの促進を助けるために、必要であれば政策ツールを採用していくだろう。


Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; James Bullard; Elizabeth A. Duke; Sandra Pianalto; Sarah Bloom Raskin; Eric S. Rosengren; Daniel K. Tarullo; Kevin M. Warsh; and Janet L. Yellen.

FOMCの金融政策に賛成票を投じたのは、バーナンキ委員長、ダドリー副委員長、J.ブラード、E.デューク、S.ピアナルト、E.ローゼングレン、D.タルーロ、K.ウォーシュ、J.イエレンの各委員。


Voting against the policy was Thomas M. Hoenig. Mr. Hoenig believed the risks of additional securities purchases outweighed the benefits. Mr. Hoenig also was concerned that this continued high level of monetary accommodation increased the risks of future financial imbalances and, over time, would cause an increase in long-term inflation expectations that could destabilize the economy.

トマス・ホーニグ委員は反対票を入れた。ホーニグ委員は追加的な証券購入のリスクは利益以上であると信じている。また、ホーニグ委員は高いレベルの金融緩和は将来の金融のインバランスのリスクを増大させ、時間と共に、長期間において経済を不安定しかねないインフレ期待の増大を引き起こす、とした。



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  金融政策  QE2  金利  ZIRP  FOMC 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~QE2スタート  |  定点観測~10月米国製造業 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/312-67265211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。