08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

メモ:Fed四半期融資担当者調査 

11月8日にFedは四半期融資担当者調査(Senior Loan Officer Opinion Survey on Bank Lending Practices)を公表した。サマリーは以下の通りである(全文はFedサイト参照)。


The October 2010 Senior Loan Officer Opinion Survey on Bank Lending Practices addressed changes in the supply of, and demand for, bank loans to businesses and households over the past three months. The survey included a set of special questions that asked respondents about factors affecting recent commercial and industrial (C&I) loan growth and a special question that asked respondents about long-term changes inlending standards. This summary is based on responses from 57 domestic banks and 22 U.S. branches and agencies of foreign banks.

(抄訳)2010年10月の融資担当者の銀行貸出慣行調査はここ3カ月のビジネス及び家計のローンの供給及び需要について聞いた。この調査は最近の商工ローン(C&I)の伸びに寄与している要因や長期間の貸付基準の変化についての特別な質問の回答も含まれている。このサマリーは57の国内銀行と22の米国に支店を持つ外国銀行からの回答を得た。


The October survey indicated that, on net, banks eased standards and terms over the previous three months on some categories of loans to households and businesses. Both large and other domestic banks reported having eased some standards and terms; large banks were primarily responsible for the easing reported in July.3 However, substantial fractions of banks reported in response to a set of special questions that standards for many categories of loans would not return to their longer-run averages for the foreseeable future.

10月の調査では、銀行は貸付基準と、3カ月前より家計やビジネス向けのいくつかの貸付基準や貸付期間が緩和されたことが示された。大規模銀行や他の国内銀行はいくつかの貸付基準や貸付期間が緩和された。大銀行は6月の報告よりも主にプライムで緩和された。しかし、大部分の銀行は多くのカテゴリーで貸付基準が長期の平均水準には戻っていないと回答した。


Changes in standards and terms on loans to households were somewhat more mixed. Banks again reported an increased willingness to make consumer installment loans, and a small net fraction of respondents reported easing standards for approving credit card applications. However, a few banks, on net, reported having tightened terms and reduced the size of credit lines on existing credit card accounts. Small net fractions of respondents - though not the largest respondents - also reported having tightened standards on prime and on nontraditional mortgage loans as well as standards for approving home equity lines of credit (HELOCs).

家計向けのローンの貸付基準と貸付期間の変化はまちまちだった。銀行は消費者が分割ローンを組む意欲が増加しており、クレジットカードの承認基準を緩めたという回答が少ないながらもあった。しかし、いくつかの銀行では貸付期間を厳格化し、既存のクレジットカードのアカウントについてクレジットラインを減らした。多くの回答ではないものの、いくつかの回答ではプライム及び非伝統的なモーゲージローンについてホームエクイティローンクレジット(HELOCs)の貸付基準と同様に厳格化にした。


Demand declined, on net, for C&I loans, particularly for small firms; demand for C&I loans had been unchanged in the July survey.4 Large banks reported increased demand for commercial real estate (CRE) loans, but demand weakened at other banks. In addition, small net fractions of banks reported decreased demand for all types of residential mortgages and consumer loans, though the weakness was primarily at smaller institutions.

ネットでは、商業用及び工業用ローンの需要は減少しており、特に小さい銀行で際立っている。C&Iローンの需要は6月のものとさほど変わっていない。大規模銀行は商業用不動産ローンの需要が増加したと報告があったが、他の銀行ではその需要は弱い。さらに小規模銀行では全てのタイプの住宅用モーゲージローンの需要が減少しており、小企業におけるプライマリーローンも弱いとの報告があった。


以下が各部門別ローンの需要増減。


商工ローン


C&I


商業用不動産ローン

Commercial Real Estate Loan



住宅用モーゲージローン


Residential Mortgage Load


消費者ローン


Consumer Loan


景気が回復してきて商工ローンや消費者ローンなどはそれなりに需要が高まりつつあるものの、住宅用モーゲージローンについてはその回復のめどが立っていないことが示されている。住宅金融はかなり問題の根が深く立ち直りには時間を要するということだろう。但し、商業用不動産ローンはやや持ち直しの兆しが見られているという点についてはポジティブなところなのかもしれない。



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 米国  マクロ  銀行規制 
tb: 0   cm: 0

« ECBが国債購入再開~ソブリンリスク再燃  |  10月雇用統計ポイント »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/315-a4d4675c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。