07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~楽観見通しの拡大 

1月12日にFedはベージュブック(地区連銀経済報告)を発表した。FOMC開催の2週間前に公表され、会合における経済見通しの基本的な判断材料として注目されている。以下はサマリーの箇所である(全文はFedサイト"Summary"参照)。


■サマリー

Reports from the twelve Federal Reserve Districts suggest that economic activity continued to expand moderately from November through December. Conditions were said to be improving in the Boston, New York, Philadelphia, and Richmond Districts. Activity increased modestly to moderately in the Cleveland, Atlanta, Chicago, St. Louis, Kansas City, and Dallas Districts. The economy of the Minneapolis District "continued its moderate recovery," while that of the San Francisco District "firmed further" in the reporting period leading up to the close of 2010. Conditions were generally said to be better in Districts' manufacturing, retail, and nonfinancial services sectors than in financial services or real estate.
12地区からのレポートでは経済活動は11月から12月にかけて緩やかに拡大し続けている。ボストン、NY、フィラデルフィア、リッチモンド地区では状況は改善している。クリーブランド、アトランタ、シカゴ、セントルイス、カンザスシティ、そしてダラス地区では緩やかに経済活動が増大している。ミネアポリス地区の経済は緩慢な回復が続いており、一方で2010年末にかけてサンフランシスコ地区では「さらに堅調」となっている。


Contacts in the manufacturing sector in all Districts reported that activity continued to recover, with the Richmond and Chicago Districts citing especially solid gains in orders. However, the Boston, Atlanta, and Dallas Districts noted that business remained weak for manufacturers selling into the construction sector. Retailers in all Districts indicated that sales appeared to be higher in this holiday season than in 2009 and, in some cases, better than expectations. Nonfinancial service-sector contacts in the Boston, New York, Philadelphia, Richmond, Chicago, St. Louis, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts cited demand increases ranging from slight to "relatively strong." Transportation services were more mixed, with the Cleveland, Atlanta, and Kansas City Districts noting stable to slowing shipping volumes. Financial conditions were mixed across the Districts reporting on it, with overall loan demand slowly improving in Philadelphia and Richmond and weaker in St. Louis and Dallas. The Atlanta, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts cited increased activity in the energy sector, while energy production in the Cleveland District was stable.
製造業セクターでは全ての地区で活動は回復し続けており、リッチモンドやシカゴ地区では特に受注が堅調であるとの報告があった。しかし、ボストンやアトランタ、ダラス地区では建設向けの製品の販売が弱含みであるとしている。すべての地区において小売業者は2009年に比べホリデーシーズンの売れ行きはよりよくなっている。いくつかのケースでは、期待以上であったとの報告もあった。ボストンやNY、フィラデルフィア、リッチモンド、シカゴ、セントルイス、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラス、そしてサンフランシスコ地区における非金融のサービスセクターの会合では、需要の伸びは、若干程度から相対的に強い程度といったような範囲であった。運輸サービスはまちまちである。クリーブランドやアトランタ、カンザスシティ地区では出荷量が減速し安定化しているとの報告があった。金融の状況は広範な地区でまちまちであり、全体的なローン需要はフィラデルフィアやリッチモンドではゆっくりとした改善であるが、セントルイスやダラスではそれよりは弱い。アトランタ、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラスそしてサンフランシスコ地区ではエネルギーセクターの活動が活発になってきている一方で、クリーブランド地区ではエネルギー製品について安定的である。


Residential real estate markets remained weak across all Districts. Commercial construction was described as subdued or slow, while commercial leasing activity reportedly increased in the Richmond, Chicago, Minneapolis, and Kansas City Districts.
住居用不動産市場は全ての地区において弱いままである。商業用建築は弱まっている、もしくは鈍いものとして記述されている一方で、伝わっているところではリッチモンド、シカゴ、ミネアポリス、カンザスシティ地区では商業用リースの活動は伸びている。


Most District reports cited comments by both retailers and manufacturers that costs were rising, but indicated that competitive pressures had led to only modest pass-through into final prices. Labor markets appeared to be firming somewhat in most Districts, as some modest hiring beyond replacement was said to have occurred and/or was planned in a variety of sectors. At the same time, however, upward pressure on wages was reportedly very limited.
多くの地区の報告では小売業と製造業のコストが上昇しているとの言及があったが、価格競争により最終製品への転嫁は緩やかなものであるとの指摘があった。労働市場は多くの地区でやや堅調になってきているが、ささやかな雇用を超えて様々なセクターで起こっている。しかし同時に賃金の上昇圧力は極めて限定的である。



Most Districts indicated that business contacts were positive about the outlook, although still generally cautious. The Dallas District noted modest increases in optimism and positive outlooks across a range of sectors, Chicago stated that contacts were cautiously optimistic about the 2011 outlook, and New York cited widespread optimism about the near-term outlook; The St. Louis, Minneapolis, Kansas City, and San Francisco Districts all pointed to planned increases in hiring by their contacts as evidence of expected strengthening in business activity in 2011. Contacts in the Philadelphia District foresaw "improving economic conditions in 2011, but … not strong growth."
多くの地区では、ビジネス会合において見通しはポジティブであるが未だに全体的に慎重であると指摘されている。ダラス地区では様々なセクターで楽観的であり、ポジティブなアウトルックが緩やかに拡大している。シカゴ地区では会合で2011年のアウトルックについて慎重な楽観主義が述べられていた。そしてNY地区では短期的なアウトルックにおいて楽観的な見方が広がっている。セントルイス、ミネアポリス、カンザスシティ及びサンフランシスコでは、2011年の経済活動がさらに強化されるとの見通しであることから、会合で採用計画を拡大するとの指摘があった・フィラデルフィア地区の会合では「2011年の経済状況は改善するが、力強い伸びとはならない」と予見した。



ポイントからすれば、


・前回調査よりも12地区全てで経済活動は緩やかに拡大している。
・製造業と小売セクターで堅調となっている。
・投入コストが増大しているものの、価格競争に晒されていることから最終製品への価格転嫁は難しい
・賃金の上昇圧力はほとんどない。
・2011年のアウトルックは楽観的。



このようなところだろう。



■製造業

Manufacturing
The manufacturing sector continued to recover across all Districts. Contacts in the Richmond, Chicago, and St. Louis Districts identified a strong flow of new orders. Respondents in the Chicago District pointed to pent-up demand for both light and heavy motor vehicles, attributed to an aging fleet, as a key driver of activity in the manufacturing sector. The Cleveland District described orders as above expectations and respondents in the New York District noted that orders had picked up since the prior report. Overall, demand was generally characterized as stable and steady, and no District made mention of lingering fears of a double-dip recession, in contrast to the summer reporting periods. Capacity utilization continued to trend higher and is approaching normal rates for some contacts in the Cleveland and San Francisco Districts, while production in high-tech manufacturing was reportedly at high capacity in Dallas; some manufacturers in the St. Louis and Minneapolis Districts said they have or will soon expand capacity. Production levels increased in the Cleveland, Atlanta, Chicago, and Kansas City Districts. On the negative side, the Philadelphia District characterized the flow of new orders as "erratic," while the Boston, Atlanta, and Dallas Districts identified construction-related manufacturers as continuing to show considerable weakness, and makers of wood products in the St. Louis and San Francisco Districts reported very soft demand.
製造業のセクターではすべての地区において概ね回復し続けている。リッチモンド、シカゴ、セントルイス地区では新規受注の強い流れがあるとの認識だった。シカゴ地区もこれに応じて、製造業の活動のキードライバーである、これまでの旧式なものの入れ替えとしてライトトラック及びヘビートラックの強い需要があったと指摘した。クリーブランド地区では予想を超える受注があり、NY地区の回答では前回のレポート以来受注は上向きであるとの指摘があった。全体的に、需要は安定的かつ着実と特徴付けられ、ダブルディップ・リセッションの恐れに言及する地区はなかった。設備稼働率は高まる傾向を続けており、クリーブランドやセントルイス、ミネアポリスでは通常の稼働率に近づいてきている。一方でダラスではハイテクの製造業の生産が高い設備稼働率に結びついていると伝わっている。セントルイスやミネアポリス地区ではまもなく設備稼働を拡大させると述べている。ネガティブなものでは、フィラデルフィアでは受注のフローは安定していないと特徴付けられており、ボストン、アトランタ、ダラス地区では建設用の工業品がかなりの弱さを示し続けていると確認している。さらにセントルイスやサンフランシスコ地区の木材製品メーカーは需要がとても軟調であると報告している。


The Boston, Cleveland, and San Francisco Districts reported concerns about input prices, particularly of commodities; manufacturers in the Boston, Cleveland, and Richmond Districts indicated they had experienced lengthening lead times, shortages, or other difficulty obtaining supplies of some inputs. Only St. Louis mentioned firms with substantial investment plans for 2011. Boston, Cleveland, Chicago, St. Louis, and Kansas City reported that some factories had plans to increase employment, although these hiring plans were typically characterized as modest. The Philadelphia, Cleveland, Chicago, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts described the 2011 manufacturing outlook as optimistic.

ボストン、クリーブランド、サンフランシスコ地区では投入コスト、特にコモディティに関する報告があり、ボストン、クリーブランド、リッチモンドの製造業では長年仕事をやってきて、これほどいくつかの原材料が不足、もしくは調達が難しい時期はないとの指摘があった。セントルイス地区のみ企業は2011年にかなりの投資計画を建てるということに言及している。ボストン、クリーブランド、シカゴ、セントルイスそしてカンザスシティでは、これらの採用計画は控えめなものとして一般的には特徴付けられるが、いくつかの工場が雇用を増加させる計画があるとの報告があった。フィラデルフィア、クリーブランド、シカゴ、カンザスシティ、ダラス、サンフランシスコ地区では2011年の工業見通しは楽観的なものとして述べられていた。



製造業は堅調なものとなっており、予想以上に旺盛な受注状況がうかがわれる。このことから生産活動も上昇し、設備稼働率も上昇していくことが期待されている。設備稼働率は14日に発表されるが、市場では75.6%に上昇すると予想されている。以下のグラフは設備稼働率の推移(出所:StLouisFed)。


TCU_Max_630_378.png



2008年のリセッションの際、設備稼働率は大きく落ち込んだ後、75%レベルにまでは回復し、そこで一旦小休止のような形となっているが、12月の統計で再拡大となるのかどうか見極める必要があろう。しかし、75%というレベルは平時の状況からすればまだまだ低い状態であり、Fedメンバーにとって満足にはならないものとなろう。




■消費支出及び旅行

Consumer Spending and Tourism
Retail spending showed improvement across all Districts, with most retailers reporting sales growth consistent with or ahead of plan for the recent 2010 holiday season. Boston, Richmond, Atlanta, Chicago, and Kansas City observed consumers positively reacting to promotions and discounting, although Philadelphia and San Francisco reported that retailers relied less heavily on discounting. Inclement weather, including the late December blizzard, had some impact on sales in the New York and Philadelphia Districts. New York , Cleveland, and Chicago cited increased consumer confidence.

小売への支出はすべての地区を通じて改善を示しており、多くの小売業者は2010年のホリデーシーズン売上の伸びが計画に一致もしくは上振れていると報告した。ボストン、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、カンザスシティでは、消費者はプロモーションやディスカウントに積極的に反応しているとの観測だが、フィラデルフィアやサンフランシスコでは割引に大きく依存しなかったとの報告があった。12月の吹雪を含む荒れ模様の天候はNYやフィラデルフィア地区の小売業者にややインパクトを与えた。NY、クリーブランド、シカゴ地区では消費者信頼感が向上しているとのことであった。


Automobile sales were either steady or up in eight Districts during the reporting period, while New York stated that auto sales were "mixed but generally at favorable levels" and Kansas City noted limited auto sales but expected future improvement from additional incentives. Philadelphia, Cleveland, and Dallas indicated that vehicle inventories were at appropriate levels for the current sales rate.Cleveland reported an increase in leasing activity, while the effect of rising gasoline prices on sales of less fuel-efficient models was a concern cited by some dealers in Philadelphia.

レポート公表期間中で8地区で自動車の販売は安定、もしくは上昇した。一方NYでは、自動車販売は「まちまちだが、一般には好ましいレベル」と述べた。カンザスシティでは自動車販売は限定的だったが、先々の追加のインセンティブへ期待を寄せていた。フィラデルフィア、クリーブランド、そしてダラスでは自動車の在庫は現状の販売率に鑑みて適切なレベルであると指摘した。クリーブランドではリース活動が増加し、フィラデルフィアの一部のディーラーはガソリン価格の高騰の影響から、燃費があまりよくないモデルの車の販売に影響をあたえるのではないかとの見方を示した。

(旅行は割愛しました)



消費支出についてはクリスマスセール上振れという形で堅調だったことが示された。14日に12月の小売売上が発表されるが、市場予想では総合で前月比0.8%の増加を見込んでいる。



■非金融サービス

Nonfinancial Services
Activity was said to be steady to increasing among Districts reporting on nonfinancial services. Providers of information technology services saw increases in sales in the Kansas City and San Francisco Districts. Advertising and consulting contacts in the Boston District reported significant growth in demand. In the Dallas District, legal firms noted an uptick in demand for services, while accounting firms reported seasonal slowness. Reports from the healthcare sector were mixed; St. Louis and Minneapolis reported ongoing increases in demand for healthcare workers, while San Francisco indicated a slight weakening in demand for healthcare services and Richmond reported little change. Demand for staffing services remained on an upward trend, with increases reported by New York, Philadelphia, Richmond, and Chicago. In addition, an employment-agency contact in the New York District observed increased demand for employees in the legal and financial services sectors, while the Dallas District noted strong, steady demand for workers in the professional, technical, healthcare, and finance fields. Reports from the transportation services sector were mixed, with increased demand reported by trucking firms and airports in the Richmond District, and slower overall activity in the Kansas City District. Freight companies in the Cleveland District noted stable volumes over the past six weeks, and contacts in the Atlanta District reported moderating freight volumes after significant increases in earlier 2010 reporting periods.

非金融サービスにおいては、活動は安定的な伸びとなっている。カンザスシティ及びサンフランシスコ地区のITサービスのプロバイダは販売が増加しているとみていた。ボストン地区での広告やコンサルティングの会合では需要は強い伸びであるとの報告がなされた。ダラス地区では、法律事務所においてサービスに対する需要が拡大したが、一方で会計事務所では季節的な遅延を報告した。ヘルスケアのセクターはまちまちで、セントルイス、ミネアポリスはヘルスケアワーカーへの需要が継続的にあると指摘したが、サンフランシスコではヘルスケアサービスへの需要がやや弱まっており、リッチモンドではあまり変化なしとの報告となった。人材派遣の需要は上向きの傾向が続いているが、NY、フィラデルフィア、リッチモンドでは伸びているとの報告だった。さらに、NY地区での雇用機関との会合では、法律や金融の従業員の需要が高まっていると認められた一方、ダラスでは専門職、技術職、ヘルスケアや金融分野の労働者の強く安定した需要があるとの報告だった。運輸サービスのセクターにおける報告はまちまちで、リッチモンド地区からはトラック業者や空輸から需要が伸びているとの報告があったが、カンザスシティ地区では全般的な活動が鈍化している。クリーブランド地区の貨物業者は、6カ月間に渡って貨物量は安定的に推移し、アトランタ地区では2010年の初頭における強い伸びを示して以降の貨物量はモデレートとなっているとの報告があった。



このあたりの業況は比較的安定しているといったところだろう。


■不動産及び建設

Real Estate and Construction
Activity in residential real estate and new home construction remained slow across all Districts. A majority of the Districts, including Boston, New York, Cleveland, Atlanta, Chicago, Minneapolis, Dallas, and San Francisco characterized local housing markets as weak and sluggish with little change from the previous reporting period. Kansas City noted further weakening, while Richmond received reports of both flat activity and further declines. The St. Louis District saw additional declines in existing home sales, but also cited increased new home construction permits. All Districts attributed slumping activity to concerns about the pace of economic recovery, especially in employment, while the Philadelphia, Atlanta, and Chicago Districts mentioned difficulty obtaining credit as another constraint on demand. High levels of existing home inventories continued to damp the pace of new home construction in most Districts reporting on construction, although Boston, Richmond, Dallas, and San Francisco mentioned pick-ups in multifamily construction within their Districts. Home prices generally declined or held steady in the New York, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, Kansas City, Minneapolis, and San Francisco Districts; the New York, Atlanta, Chicago, and San Francisco Districts mentioned distressed properties placing downward pressure on prices. Boston reported rising median home prices across most states in the District, but contacts attributed those increases to relatively higher sales of more expensive properties rather than a general upward movement in home prices. Outlooks for residential real estate in the coming year were mixed, with contacts in most Districts described as expecting continued weak conditions.

住宅用不動産や新規の住宅建設の活動は全ての地区を通じて鈍いままである。ボストン、NY、クリーブランド、アトランタ、シカゴ、ミネアポリス、ダラス、サンフランシスコを含むほとんどの地区で、地域の住宅市場は弱いままであり、前回の報告との間においては低迷したままあまり変わっていない。カンザスシティ地区ではさらに弱まっている一方、リッチモンド地区では活動は横ばいであり、さらに先には減少していくとの報告を受け取った。セントルイス地区では追加して中古住宅販売だけでなく、新築の住宅建設許可も減少しているようにみえた。すべての地区で、不調な活動は経済回復のペース、特に雇用とかかわりがあると考えており、フィラデルフィア、アトランタ、そしてシカゴ地区では需要に関して別の要因として信用の獲得が困難であると言及した。ほとんどの地区で中古住宅の高いレベルの在庫は新築の住宅建設のペースを抑えつけているとの報告があったが、ボストン、リッチモンド、ダラス、サンフランシスコでは複数世帯用の住居が上向きであるという言及もあった。住宅価格はNY、フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、カンザスシティ、ミネアポリス、サンフランシスコの各地区で一般的に低下もしくは安定的に推移している。ボストン地区では地区内のほとんどの州で住宅価格の中央値は上昇しているが、住宅価格全般が押し上げられているというよりもより高級な不動産の価格が高騰していることが起因であろうと、会合ではみなしている。住宅用不動産市場の翌年のアウトルックはまちまちで、多くの地区の会合では弱い状況が続くと予測している。



Commercial real estate markets displayed mixed results across the Districts again this reporting period, as leasing markets exhibited increasing signs of recovery and nonresidential construction remained weak. Leasing activity increased modestly in the Richmond, Chicago, Minneapolis, and Kansas City Districts and showed tentative improvement in the Dallas District. Vacancy rates, while quite high across the country, fell marginally in the Kansas City District and in New York City's office market. Leasing market fundamentals held roughly steady in the Boston, Philadelphia, and San Francisco Districts. Commercial construction activity was described as very limited across most Districts, with the bulk of new activity coming from projects related to healthcare, public infrastructure, and multifamily housing. Contacts in most Districts expected modest improvements in commercial leasing in 2011, although the outlook for construction was mixed and some Districts noted rising costs as a concern.

商業用不動産市場は今回の調査期間でも多くの地区でまちまちな結果となった。リース市場は回復のサインが増えているものの、非居住用の建設は弱いままである。リース活動はリッチモンド、シカゴ、ミネアポリス、カンザスシティ地区で緩慢ながら増加しており、ダラス地区では改善があやふやなものとなっている。全国にわたってかなり高い空室率は、カンザスシティ及びNYのオフィス市場においてやや減少した。リース市場のファンダメンタルズはボストン、フィラデルフィア、サンフランシスコ地区であまり安定していない。商業用建設活動は多くの地区で限定的であるが、新しい活動の大部分はヘルスケア、公共インフラ、アパートに起因している。多くの地区の会合では2011年の商業用リースは緩やかな回復を予測しているが、建設の見通しはまちまちであり、いくつかの地区ではコスト上昇を懸念要因として指摘している。



不動産・建設セクターについてはまだ足元弱い状況が続いている。雇用や信用が回復していかないと住宅市場の回復もままならないわけであるし、依然として供給が多いことから住宅着工も低レベルなままとなっている。このあたりの立ち直りが見えない限りにおいては米国経済の足腰が強いものとはいえないだろうし、建設稼働がなかなか上昇してこないことも雇用状況の足を引っ張っているということになるのだろう。


■銀行及び金融サービス

Banking and Financial Services
Reports on credit activity were mixed across Federal Reserve Districts. Overall, loan demand was reported as stable in San Francisco, mixed in New York, steady to slightly softer in Kansas City, weaker in St. Louis and Dallas, and slowly improving in Philadelphia and Richmond. Demand for consumer loans declined in the New York, Cleveland, St. Louis, Kansas City, and San Francisco Districts. By contrast, consumer lending increased in the Dallas District, and exceeded expectations in the Chicago District. Bankers in Philadelphia, Cleveland, and Richmond anticipate consumer lending to expand in 2011. Demand for commercial and industrial loans was flat in New York, Kansas City, and San Francisco. Lenders in the New York, Cleveland, Minneapolis, Kansas City, and San Francisco Districts noted a drop in residential mortgage refinancing owing to the recent rise in interest rates, whereas Richmond reported strong demand for home refinancing. The Cleveland and Richmond Districts observed a pick-up in auto lending. Demand for residential real estate loans eased in New York and Kansas City, remained weak in Cleveland and Dallas, but increased in the Richmond District. Real estate lending declined in the St. Louis District. Lending in the commercial mortgage category increased in New York, was unchanged in Kansas City, and was weak in Dallas, with the exception of multifamily. Most Districts reporting on credit quality described it as improving, while bankers in the Cleveland District said that quality remained stable or edged up slightly. Reports on credit standards were mixed in New York, while standards were said to have eased somewhat in Atlanta, remained restrictive in San Francisco, and held steady in Kansas City. Delinquency rates were flat or trending down in Cleveland, while delinquency rates in the New York District rose for commercial mortgages, decreased in the consumer lending category, and remained unchanged for all other loans. Total deposits rose in the Cleveland and St. Louis Districts and were stable in the Kansas City District.

信用の活動は様々な地区に渡ってまちまちである。全般からすればローン需要はサンフランシスコで安定的、NY地区でまちまち、カンザスシティ地区で着実からやや軟調へ、セントルイス及びダラス地区で弱まっており、フィラデルフィアやリッチモンドでは緩やかな改善となっている。消費者ローンの需要はNY、クリーブランド、セントルイス、カンザスシティ及びサンフランシスコ地区で減少していた。会合によると、消費者への貸出はダラス地区では増加しており、シカゴ地区では予想超過となっている。フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンドのバンカーは2011年に消費者向け貸出の拡大を期待している。商業用及び工業用ローン需要はNY、カンザスシティ及びサンフランシスコ地区でで横ばいとなっている。NY、クリーブランド、ミネアポリス、カンザスシティ及びサンフランシスコ地区の貸し手は、金利の上昇によって住居用モーゲージのリファイナンスの動きが低下したとの指摘があったが、リッチモンド地区ではそれに反して強いリファイナンス需要があった。クリーブランドやリッチモンド地区では自動車ローンが上向いていることを認められる。NYやカンザスシティでは住宅用不動産ローンの需要の減少が緩和されているが、クリーブランドやダラス地区では弱いままである。しかし、リッチモンド地区では増加している。不動産向け融資はセントルイス地区で減少している。商業用モーゲージのカテゴリにおける貸出は、アパート用の予測から、NY地区で増加、カンザスシティ地区で変わらず、ダラス地区で弱くなっていた。ほとんどの地区で信用の質は改善していると述べられており、クリーブランド地区のバンカーは横ばいで安定したままか、もしくはやや上向きであると述べた。信用基準の報告はNY地区でまちまち、アトランタ地区でやや緩和、サンフランシスコ地区で限定的なまま、カンザスシティで着実に安定している。延滞率はクリーブランド地区で横ばいもしくはダウントレンド、NY地区では商業用モーゲージで延滞率が上昇、消費者向け貸出では低下、その他すべてのローンでは変わらずのままとなっている。預金はクリーブランド地区とセントルイス地区で上昇、カンザスシティ地区では安定的となっている。



信用状況はまちまちながら緩やかに回復しているとの報告である。但し、消費者信用のリボ残高が未だに減少傾向を示しているように、家計においては未だデレバレッジとバランスシート調整が進行しているということだろう。



■価格及び労働市場

Prices and Labor Markets
Most District reports mentioned increasing prevalence of cost pressures but only modest pass-through into final prices because of competitive pressures. Philadelphia and San Francisco noted somewhat reduced discounting in the retail sector during the holiday selling season, while New York, Minneapolis, and Dallas indicated retail prices were stable, Richmond said retail price increases had slowed, and Chicago and Kansas City cited discounting or depressed retail margins. For both retailers and manufacturers, increases in selling prices, if occurring, were said to be selective. Specific markets or products identified as experiencing high or rising prices included various food products, steel and other metals, building materials, textiles, chemicals, and petroleum-related products. Many Districts mentioned concerns among business contacts that petroleum-related prices, already above year-earlier levels, will continue rising in 2011. The Philadelphia and Kansas City reports indicated that manufacturing firms planned to attempt more price increases in 2011, while some manufacturers in the Boston District were uncertain their price increases would stick and the Chicago report projected only "limited and gradual" pass-through.

ほとんどの地区のレポートではコストプレッシャーの高まりが蔓延しているが、最終価格への転嫁は(価格)競争圧力によりモデレートに過ぎないとの言及だった。フィラデルフィア及びサンフランシスコ地区ではホリデーシーズンの間値引販売をやや減らしたとの指摘があり、一方でNY、ミネアポリス、ダラス地区では小売価格は安定的であり、リッチモンド地区では小売価格は緩やかに上昇し、シカゴ及びカンザスシティ地区では値引きを行ったか、小売業のマージンを圧迫したとの報告があった。小売や製造業は、販売価格は選択的なものとなると述べた。特定のマーケット及び製品はこれまでの経験に照らしても価格は高く、また様々な食料製品、鉄鋼やその他の金属、建設資材、繊維製品、化学及び石油関連製品を含む価格が上昇していると認めている。多くの地区ではビジネスの会合で石油関連の価格がすでに前年レベルを上回っており、2011年も価格上昇し続けると心配している。フィラデルフィア及びカンザスシティ地区の報告では、製造業の企業では2011年に価格が上昇すると見込んだ計画を作成しており、ボストン地区の製造業ではこれらの価格上昇が不確実であり、当惑させているとし、シカゴ地区の報告では、価格転嫁は限定的なものに過ぎないと見積もっている。


Labor markets in most Districts appear to be firming somewhat, but with virtually no upward pressure on wages. All District reports indicated that employment levels are rising in at least some sectors, generally by modest amounts; however, some employers in the New York, St. Louis, and Minneapolis Districts also mentioned job cuts. Staffing firms in the New York, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Chicago, and Dallas Districts gave positive reports; Cleveland, Richmond, and Atlanta said some firms were raising work hours instead of or in addition to hiring. The Boston, New York, Atlanta, Chicago, St. Louis, Minneapolis, Kansas City, and San Francisco Districts indicated that business contacts planned to continue or increase their pace of hiring in 2011. Some employers in the Boston, Atlanta, and San Francisco Districts expressed concern about added costs for healthcare; the Boston, Cleveland, and Chicago Districts noted selected skill shortages in some sectors. Overall wage pressures remained subdued; the Philadelphia District reported "mostly steady wages," Cleveland said "wage pressures are contained," Chicago indicated "wage pressures remained moderate," Minneapolis and Kansas City stated wage increases or wage pressure "remained subdued," and the Dallas and San Francisco reports described wage pressures as "minimal" or "largely absent."

ほとんどの地区で労働市場はやや堅調になっているものの、ほとんど賃金に上昇圧力がかかっていない。すべての地区で雇用水準はいくつかのせいクターで高まってきており、一般的に適度な量となっていることが示唆されているが、NY、セントルイス、ミネアポリス地区ではいくらかの雇用者が仕事をカットしている。NY、フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド、シカゴ、ダラス地区の人材派遣企業はポジティブな報告を与えているが、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ地区では追加採用の代わりに労働時間を拡大するしていた。ボストン、NY、アトランタ、シカゴ、セントルイス、ミネアポリス、カンザスシティそしてサンフランシスコ地区でのビジネスの会合では採用計画を現状維持もしくは拡大させると示唆された。ボストン、アトランタ、サンフランシスコ地区のいくらかの雇用者はヘルスケアのコスト増加について懸念を表明し、ボストン、クリーブランド、シカゴ地区ではいくつかのセクターでスキル不足に対して選別していると指摘した。全体的に賃金プレッシャーは抑制されており、フィラデルフィア地区では「ほとんど安定した賃金」と報告、クリーブランド地区では「賃金プレッシャーは抑制されている」と報告、シカゴでは「賃金プレッシャーはモデレートなままとなっている」と指摘、ミネアポリスとカンザスシティ地区では賃金の増加もしくは賃金プレッシャーは「抑制されたまま」、ダラス及びサンフランシスコ地区の報告では賃金プレッシャーは「最小限」もしくは「ほとんどない」との記述であった。



価格についての指摘は今年の前半のFOMCで争点になるものとみられる。コストプッシュから川上の価格が上昇している、すなわち投入コストの上昇がはっきりとしているにもかかわらず、デマンドプルな状態から価格転嫁が難しいという状況である。本日からPPI、CPIと米国で物価統計がが発表されるが、PPIが大きな伸びを示しているのに対してCPIが緩慢な伸びであった場合、コストプッシュとデマンドプルの状態が一層鮮明なものとなってくるものとみられ、企業のマージンの低下につながる懸念が生じてくる。以下はコアPPI-CPIスプレッド(YoY/出所:米労働省)。


PPI-CPI Spread 20101229



川上の値段は主に商品市場及び輸入物価の高騰によって引き起こされていることから、いわゆる「(Fedの債券買い入れにより)債券を売って他のリスクアセットを買う」ポートフォリオリバランス効果の副作用として意識される可能性もあり、今後タカ派メンバー(フィラデルフィア連銀プロッサー総裁、ダラス連銀フィッシャー総裁)などからの批判を受ける可能性もあろう。一方で賃金は増加していない。現状QE2によってインフレ期待がマーケットで起こっていたとしても、最終的に賃金に反映されるのは相当なラグが存在するからだろう。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  FOMC  マクロ 
tb: 0   cm: 0

« ECB理事会~タカ派的なトーンで短期的なインフレを警戒  |  バーナンキ議長議会証言~トーンは前進もデフレ警戒 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/366-66f01c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。