09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

No Message~梯子を外されたユーロ相場 

3日の外為市場において、ユーロが急落するシーンがあった。この日はECB理事会が行われ、トリシェECB総裁会見中に売りが一斉に出された。ECB理事会前は早期利上げ期待がマーケットのセンチメントを支配し、EURUSDで一時1.3820ドルまで買い進まれた。以下はEURUSDの5分足チャート。


usd_jpy_20110205.gif



今回のECBトリシェ総裁会見で注目されていたのは早期利上げの示唆であった。FT Alphavilleの"The ECB’s code words"というエントリでRBSのエコノミストであるNick Matthews氏が以下のことを指摘していた。


In November 2005 the ECB repeated its “strong vigilance” message, crystallised the upside risks to price stability and highlighted “buoyant monetary and credit growth”. This message of “strong vigilance” was the pre-cursor to the ECB rate hike and start of the tightening cycle in December 2005.

2005年にECBは"strong vigilance(強い警戒)"というメッセージ--すなわち物価の安定や「過熱気味な金融環境や信用の伸び」へのアップサイドリスクを具体化したものであるが--を繰り返した。この「強い警戒」というメッセージは、ECBが利上げを行い、2005年の12月からの引き締めサイクルの開始時の前兆であった。




ということであり、トリシェ総裁会見中にこの"strong vigilance"、もしくは"Heightened alertness(強い警戒)"というキーワードが出されるならば、利上げが近いことを示唆する、というものであった。以下の表は物価についての言及をまとめたものである(出所:FT)。


ECB-language-and-refi-rate-evolution-RBS.jpg


しかし、この日の会見では、


the Governing Council will continue to monitor all developments over the period ahead very closely.

理事会は期間を通してかなり密接に(インフレなどの)進展を監視していく。




としており、上記の2つのキーワードが出されなかった。また、インフレは短期的にエネルギーやコモディティ高によってその圧力は強まっているものの、中長期ではその圧力は抑制されていることからインライン(目標とする2%)に近づくだろうとしている。経済の見通しについてもややダウンサイドリスクがあるとしていることから、ハト派的な発言として解釈され、近い将来の利上げ観測が遠のいたことからユーロの売りにつながった。


今後のECBの焦点はLTRO(長期リファイナンスオペ)における3カ月の無制限・固定金利オペが3月30日の入札で終了するが、3月の理事会においてこれを現状のまま再継続するのか、それとも無制限オペという現状の方式を撤廃してオペの規模に上限を設けるのか、といったところがポイントとなるのだろう。後者の場合であればやや出口戦略に傾斜していると読むこともできるが、無制限オペを継続するようであればやはり欧州の金融システムの機能不全を突かれる可能性がある。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 金融政策  ECB  ユーロ  金利 
tb: 0   cm: 0

« 1月雇用統計ポイント~製造業雇用の回復が鮮明に  |  ECBの出口戦略?~ユーロ圏の金利動向 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/380-69c367dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。