06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

国内マクロ定点観測~10-12月GDP速報値(1次QE) 

2月14日に2010年10-12月GDP(速報値・1次QE)が発表された。内容は以下の通りである。


・10-12月実質GDP -0.3%(前期比、年率換算 -1.1%)
・同名目GDP -0.6%(前期比)
・GDPデフレータ -1.6%(前期比年率)



(1)実質GDP内訳推移(前期比SA、出所:内閣府)


GDP 20110214.


(2)実質GDP寄与率(GDPは実質・前期比年率、前期比SA、出所:内閣府)


GDP Contribute 20110214.



(3)GDPデフレータ(前期比SA、出所:内閣府)


GDP Deflator 20110214.


以下ポイント


・10-12月実質GDPは前期比年率-1.1%となり、市場予想の-2.1%程度を上回った。これは在庫品が増加していた(0.2ポイントの寄与)ことが要因としてあげられる。また名目では前期比-0.6%となり、中国のGDPが日本を抜いた。デフレータは前期比-0.4%、国内需要デフレータが前期比-0.4%であり、アウトプットギャップが依然として大きく残っていることが示唆されている。


GDPがマイナスになったのは個人消費が落ち込んだことが主因となっている。エコカー減税やたばこ税の値上げによる駆け込みの反動から個人消費支出は落ち込んでおり、これらがGDPを下押しした。民間最終消費支出は前期比-0.8%(年率換算-3.0%、寄与率は-0.4ポイント)となっている。1-3月期もエコポイント制度見直しからやや家電などの耐久財消費が落ち込み、個人消費は低調さが残るとみられるが、自動車販売等に反動一順の動きがみられれば2月以降徐々に消費も立ち直りの兆しが見え始めるのではないかと思われる。


・民間住宅は前期比+3.0%(年率換算で+12.6%、寄与率は0.1ポイント)となっており、GDPを下支えした。住宅投資はエコ住宅への優遇措置といった政策的な効果がみられることから堅調に推移した。今後も住宅投資は政策効果により復調していくものとみられる。


・民間企業設備は前期比0.9%(年率換算で+3.7%、寄与率は0.1ポイント)となった。企業設備投資は製造業で需要拡大が見込まれることから復調し、リードしているものの、内需は依然として低調であり、弱さが見られることから、今後も全体的に緩やかながらの回復が続いていくものとみられる。設備投資がGDPを牽引するのはしばらく先にようにも思われる。なお、民間企業設備に関しては10-12月の法人企業統計の結果によって大きく修正される可能性がある。


・政府支出は前期比0.2%、公的固定資本形成は前期比-5.8%となり、それぞれGDPへの寄与率は0.0ポイント、-0.2ポイントとなった。補正予算執行が後ずれした影響がみられるものと思われる。


・輸出のGDP寄与率は-0.1%に留まった。アジア向け輸出やIT在庫の調整による影響を受けたものとみられている。しかし、足元の貿易統計などでは1-3月期には拡大が示唆されている。


・今後については、今後在庫調整の影響は見られ、10-12月に在庫が伸びた反動は考慮する必要があるが、足元の生産動向は底打ちしており、アジア中心に輸出が再拡大していることや米経済がアップサイドに振れてきていることから、今後1-3月は輸出が主導する形でプラス成長が見込まれるのではないかと思われる。しかし、個人消費は弱含みで推移していることから、1-3月期にマイナス成長が続いてリセッションに陥る可能性はかなり低くなったとしても、足元の消費が弱含みで推移すればそれなりにネガティブに作用する可能性も否定出来ない。日本経済が踊り場を脱し、回復基調が鮮明となるのは4-6月期以降になるのではないかと思われる。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  日本 
tb: 0   cm: 0

« China View Jan.2011~見た目のCPIは下振れもインフレ圧力は強い  |  Global Market Weekly Focus~2.14-18 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/386-9b76cf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。