10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~価格転嫁圧力強まる 

3月2日にFedはベージュブック(地区連銀経済報告)を発表した。FOMC開催の2週間前に公表され、会合における経済見通しの基本的な判断材料として注目されている。以下はサマリーの箇所である(全文はFedサイト"Summary"参照)。


■サマリー

Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicated that overall economic activity continued to expand at a modest to moderate pace in January and early February. Both Kansas City and San Francisco noted that their economies expanded further. Boston and Philadelphia cited conditions as improving. New York, Cleveland, Richmond, Atlanta, and St. Louis described activity as modestly improving, while Minneapolis and Dallas experienced moderate growth. Chicago reported that although there was an increase in activity, it was at a pace not quite as strong as during the previous reporting period.

12地区連銀からの報告では、1月から2月の初期に渡って全体的に経済の活動は緩やかに拡大しているとの指摘があった。カンザスシティとサンフランシスコ地区では、経済はさらに拡大している。ボストン地区とフィラデルフィア地区では状況が改善しているとするものだった。NY地区、クリーブランド地区、リッチモンド地区、アトランタ地区、そしてセントルイス地区では、経済活動は緩やかに改善している一方で、ミネアポリス地区とダラス地区は緩やかな伸びだったとしている。シカゴ地区は経済活動が拡大したものの、そのペースは前回の期間と同様強いものであったとの報告があった。



■消費

Retail spending strengthened compared with a year ago across all Districts except Richmond and Atlanta, where sales were reported to have softened modestly. Boston, New York, Philadelphia, Atlanta, Kansas City, and Dallas commented that severe winter weather in January had a negative impact on retail activity. New York, Chicago, and San Francisco observed that consumers are still responding to promotions and discounting. Meanwhile, Cleveland noted that some of their low- to mid-market segments are still struggling. Some Districts observed an increase in discretionary spending; luxury and big-ticket item sales increased in Cleveland, Chicago, and San Francisco. Inventories were at desired levels in New York, Cleveland, Dallas, and San Francisco, while contacts in St. Louis had mixed views about their inventory levels. Boston and Atlanta reported tight inventory management. The outlook among all Districts was for a modest increase in retail activity.

小売業の支出はリッチモンドとアトランタ地区を除くすべての地区で1年前に比べて強まっているが、2地区では売上が緩やかに軟化したとの報告があった。ボストン地区、NY地区、フィラデルフィア地区、アトランタ地区、カンザスシティ地区、そしてダラス地区では、1月の厳しい気候が小売業の活動を厳しい物にしたとの意見があった。一方でクリーブランド地区では、中小のマーケットでは未だに厳しいとの報告があった。いくつかの地区では、自由な消費が増大している。例えば、クリーブランド地区やシカゴ地区、そしてサンフランシスコ地区では豪華で高額な商品が売れている。在庫はNY地区、クリーブランド地区、サンフランシスコ地区では望ましいレベルであるが、一方でセントルイス地区では在庫についての見方はまちまちであったとの報告があった。ボストンやアトランタ地区では在庫管理が厳しいとの報告あった。小売業の活動において、すべての地区での見通しは緩やかな増加であった。


Automobile sales increased compared with a year earlier in most Districts. Chicago and Dallas observed that auto sales held steady, while Kansas City's contacts said sales softened because of inclement weather but expected them to rebound in the near future. Cleveland and Chicago noted increased availability of auto financing, and Cleveland reported an increase in leasing activity. Philadelphia, St. Louis, Kansas City, and Dallas indicated that vehicle inventories were at appropriate levels for the current sales rate, while inventories were mixed in Cleveland and lean in New York and San Francisco. All Districts conveyed optimistic outlooks among their auto contacts.

自動車販売はほとんどの地区で1年前に比べて増加していた。シカゴやダラスでは、自動車販売は安定さを維持している一方で、カンザスシティ地区の会合では厳しい天候により軟化したものの、近い将来にはリバウンドするであろうとした。クリーブランド地区やシカゴ地区では、オートファイナンスの利用が増加したとの報告があり、クリーブランド地区ではリースの活動が増加したとの報告があった。フィラデルフィア地区、セントルイス地区、カンザスシティ地区、そしてダラス地区では、自動車の在庫は現状の販売率からすれば適切なレベルであるろする一方で、クリーブランド地区では在庫はまちまちであり、NY地区やサンフランシスコ地区では在庫が少ないと示唆していた。すべての地区で自動車販売の会合では楽観的な見方が聞かれた。




■不動産

Recent activity in residential real estate varied, but overall sales and construction remained at low levels across all Districts. The Richmond, Atlanta, and Chicago Districts reported a slight improvement in the level of recent activity, while Boston noted that activity was mixed across New England. New York described the housing market as stable with some pockets of improvement. Demand was unchanged according to reports from the San Francisco District. Philadelphia, Kansas City, and Dallas described recent activity as sluggish, and St. Louis noted sales continued to decline. Construction activity was described as flat or down by Cleveland, Atlanta, Minneapolis, and Kansas City. Philadelphia and Atlanta contacts attributed weaker buyer traffic in January to inclement weather, and Philadelphia noted a pickup in early February. Richmond, Kansas City, and Dallas also indicated an increase in buyer traffic. Reports on home prices were mixed. Atlanta and Kansas City observed persistent downward price pressure. Home prices continued to fall according to Philadelphia reports, but mainly at the high-end of the market. Cleveland and Chicago contacts described prices as little changed. The outlook for residential sales and construction improved marginally, although activity is expected to remain at low levels. Kansas City contacts anticipate a seasonal surge in sales activity this spring. Atlanta, Dallas and San Francisco also expect modest improvement, while little to no sales growth is expected among Philadelphia contacts. A slight uptick is expected in Chicago and San Francisco construction.

住宅用不動産の最近の活動は変化しているが、全体的に販売や建設はすべての地区に渡って低いレベルに留まっている。リッチモンド、アトランタ、シカゴ地区では、最近の活動は低いレベルでわずかに改善している一方で、ボストン地区ではニューイングランドに渡ってまちまちであるとの報告があった。NY地区では、住宅市場はやや改善しているニュアンスで安定的であるとの記述があった。サンフランシスコ地区で需要が横ばいであるとの報告となった。セントルイス地区では縮小し続けているとの報告があった。建設活動は、クリーブランド、アトランタ、ミネアポリス、そしてカンザスシティで横ばい、もしくは落ちているとの記述だった。フィラデルフィアやアトランタ地区の会合では、1月の購入者との取引は厳しい天候のため弱まったと考えており、フィラデルフィア地区では2月初旬では上向きとの報告があった。リッチモンド、カンザスシティ、そしてダラス地区では購入者との取引が増加したとの指摘があった。住宅価格の報告はまちまちであった。アトランタ地区、カンザスシティ地区では継続的に価格下落圧力に晒されていると述べた。フィラデルフィア地区の報告では住宅価格は落ちているが、主にマーケットでのハイエンドの住宅価格である。クリーブランド地区とダラス地区の会合では春頃には季節的な販売活動の押し上げを予想していた。アトランタ地区、ダラス地区、サンフランシスコ地区では緩やかな回復を期待している一方で、フィラデルフィアの会合では伸びは殆ど無いとの説明があった。シカゴやサンフランシスコの建設は上向きが期待されている。


Commercial real estate activity showed signs of gaining traction according to a number of District reports. Boston, Chicago and Dallas reported that commercial real estate activity improved overall, while Richmond, Kansas City, and San Francisco noted increases in leasing activity. Kansas City described the market as stabilizing, while Philadelphia and Minneapolis reported that markets were flat overall, and New York described conditions as "slack" and St. Louis as "soft." Nonresidential construction remained weak according to most accounts. The Boston, Philadelphia, Atlanta, Chicago, St. Louis, and Dallas Districts reported weak levels of construction activity, while Chicago noted a slight pickup. Cleveland District contractors cited increasing inquiries, and unexpected growth in commercial construction was noted in the Minneapolis District. Overall, contacts anticipate a slow recovery in commercial real estate markets.

商業用不動産市場の活動はいくつかの地区の報告で勢いが増している兆候が見える。ボストン、シカゴ、そしてダラス地区では、商業用不動産の活動は全体的に改善しており、リッチモンド、カンザスシティ、サンフランシスコ地区ではリースの活動が活発化しているとの報告があった。カンザスシティではマーケットが安定しているとの記述があった一方で、フィラデルフィア地区やミネアポリス地区ではマーケットは全体的に横ばいであるとの報告で、NY地区では状況は「緩んでいる」、セントルイス地区では「軟調」との記述があった。非居住用の建設はほとんどの地区を通じて弱いままである。ボストン地区、フィラデルフィア地区、シカゴ地区、セントルイス地区、そしてダラス地区では建設活動は弱いレベルであるとの報告があった一方で、シカゴ地区ではわずかに上向きであると記録した。クリーブランド地区の会合では、照会が増加していると言及し、ミネアポリス地区では商業用の建設は予期しない伸びであると報告があった。全体的に会合では商業用不動産市場は緩やかな回復を予想していた。



■製造業

Reports from eleven of the twelve Reserve Banks indicated that manufacturing activity improved since the previous report, while St. Louis attributed a decline in manufacturing activity to several factory closings. Cleveland, Atlanta, Minneapolis, and Kansas City noted solid expansion in production, but Chicago observed a more moderate rise in output than in its last report. Cleveland, Atlanta, and Minneapolis indicated that adverse weather conditions temporarily disrupted production. Philadelphia and Atlanta noticed that a higher percentage of contacts indicated that production levels would increase in the near term. Boston, Cleveland, Kansas City, and Dallas also described the manufacturing outlook as optimistic.

12地区連銀のうち11地区連銀の報告では、前回の報告以降製造業の活動は改善しているとの指摘があり、セントルイス地区ではいくつかの工場閉鎖により製造業の活動が減少したと考えている。クリーブランド地区やアトランタ地区、ミネアポリス地区、そしてカンザスシティ地区では製造の堅調な拡大が記された。しかし、シカゴ地区では前回の報告よりも生産がより緩やかになっているとの見解だった。クリーブランド地区、アトランタ地区、カンザスシティ地区では生産の堅調な拡大が記された。クリーブランド地区、アトランタ地区、ミネアポリス地区では、悪い天候により一時的に生産が止まったと示唆された。フィラデルフィアやアトランタ地区では、高い割合の会合で、短期的に生産レベルが増加するとの指摘があった。ボストン地区、クリーブランド地区、そしてダラス地区では製造業の見透しは楽観的であるとの記述であった。


Philadelphia, Atlanta, Chicago, Kansas City, and San Francisco reported more rapid improvement in factory orders. Chicago cited steel, automotive, and heavy equipment manufacturing as sources for significant new orders growth, while Dallas noted that orders for high-tech goods had accelerated. Philadelphia and Atlanta suggested that increases in orders were more broad-based. Cleveland and Richmond observed that orders were increasing at the same pace as in their previous report. Demand from abroad, particularly Asia, was cited by several Districts as a driving force in new orders.

フィラデルフィア地区、アトランタ地区、カンザスシティ地区、そしてサンフランシスコ地区では、製造業の新規受注の改善はさらに加速するとの報告があった。シカゴ地区では、鉄鋼、自動車そして重機械工業で新規受注の伸びが強まっており、ダラス地区ではハイテク製品の受注が加速していた。フィラデルフィア地区やアトランタ地区では受注がより広範囲にわたっているとの指摘があった。クリーブランド地区やリッチモンド地区では受注は前回の報告と同じくらいのペースと指摘した。海外からの需要、特にアジアでは新規受注の原動力になっているといくつかの地区では考えている。



■金融

Loan demand varied across District and loan category. Richmond, Dallas, and San Francisco noted improvements in overall loan demand, while Kansas City observed a decrease. Demand for residential real estate loans increased in Philadelphia, Atlanta, and Dallas but was weaker in New York, Cleveland, St. Louis, and Kansas City. The New York, Philadelphia, Richmond, Chicago, and San Francisco Districts reported improvements in commercial loan applications. The Dallas District experienced mixed commercial loan demand, while St. Louis noted that demand was unchanged to weaker. Cleveland reported business loan applications were beginning to pickup but demand for consumer loans remained soft. The Philadelphia District expected little change in loan volume as consumers remained reluctant to borrow.

ローン需要は多くの地区に渡って変化している。リッチモンド地区やサンフランシスコ地区では全体的にローンの需要が改善していると記されたが、カンザスシティ地区では減少しているとの見解だった。フィラデルフィア地区、アトランタ地区、そしてダラス地区では住宅用ローンの需要が伸びたが、NY地区、クリーブランド地区、セントルイス地区、そしてカンザスシティ地区では弱まった。NY地区、フィラデルフィア地区、リッチモンド地区、シカゴ地区では商業用ローンの適用が改善したとの報告があった。ダラス地区では商業用ローンの需要はまちまちであるとした一方、セントルイス地区では需要は弱いまま変化なしとの報告だった。クリーブランド地区では、企業ローンの適用は上向き始めたが、消費者ローンは軟調なままであったとの報告があった。フィラデルフィア地区では消費者が借り入れるのをためらっているためにローンの量は小幅な変化を予測している。


Most Districts reported that credit standards were unchanged to tighter. Kansas City reported standards were unchanged for all types of loans. New York noted some tightening of commercial loan standards but little change in the standards for residential mortgages or consumer loans. The Atlanta District reported increased standards for residential mortgage loans. St. Louis indicated standards had tightened somewhat for commercial mortgages, but were unchanged for C&I loans, and were unchanged to somewhat tighter for residential mortgages. San Francisco noted relatively restrictive standards for both consumer and commercial loans.

ほとんどの地区では、信用の状況は厳しいまま変化がないとの報告だった。カンザスシティ地区では、すべてのローンのタイプでの信用基準は変化なしとの報告だった。NY地区では商業用ローンの基準が幾分厳格化しているも、居住用モーゲージローンの基準は僅かな変更であったと記された。アトランタ地区では住居用モーゲージローンの基準が増加したとの報告があった。セントルイス地区では信用基準は商業用モーゲージでやや厳格化したが、商工用ローンは変わらず、住居用モーゲージはやや厳格化したまま変わらずであったとの指摘があった。サンフランシスコ地区では消費者および商業用ローンの基準は相対的に制約されているとの記述だった。


Community bankers in the Chicago and Dallas Districts cited increased competition for C&I lending from large banks. Atlanta noted improvements in credit conditions for all loan segments except those related to residential construction and real estate. Cleveland, Richmond, Chicago, Kansas City, and Dallas indicated steady to improving credit quality, and New York reported steady to lower delinquency rates. San Francisco reported that venture capital financing was improving with increased investor interest and IPO activity.

シカゴ地区やダラス地区のコミュニティバンカーは大きな銀行からの商工用ローンの貸出競争が増加していると考えている。アトランタ地区では住宅建設と不動産を除く全てのローンのセグメントで信用状況が改善しているとの記述があった。クリーブランド地区、リッチモンド地区、シカゴ地区、カンザスシティ地区及びダラス地区では信用の質の改善は着実であるとの指摘があった。そしてNY地区では延滞率は着実に低下しているとの報告があった。サンフランシスコ地区では投資家が関心を持ちIPO活動から、ベンチャーキャピタルファイナンスが改善しているとの報告があった。



信用状況は改善してきており、12月の消費者信用残高はリボで増加してきている。以下のグラフは消費者信用残高の推移(出所:StLouisFed)。


REVOLSL 20110303


7日に1月のデータが発表されるが、そこでも消費者信用の増加が見込まれており、リボでも増加していることになれば、家計のバランスシート調整圧力が幾分弱まってきたということが確認されるだろう。消費者信用のリボは消費の原動力となることが期待されており、改善傾向が示されれば消費について堅調な拡大が期待されよう。



■物価・賃金・雇用

Manufacturing and retail contacts across Districts reported rising input costs. Manufacturers in many Districts conveyed that they were passing through higher input costs to customers or planned to do so in the near future. Homebuilders in the Cleveland and Atlanta Districts noted rising material costs, but acknowledged little ability to pass through the costs to buyers. Retailers in some Districts mentioned they had implemented price increases or were anticipating such action in the next few months. There is little evidence of wage pressures across Districts. Wages remained steady in the Boston, Philadelphia, Cleveland, Kansas City, and Dallas Districts, while moderate wage pressures were reported in the Chicago, Minneapolis and San Francisco Districts. Philadelphia, Dallas, and San Francisco noted that most wage increases were for workers with specialized skills.

多くの地区に渡って製造業や小売の会合では投入コストが上昇しているとの報告があった。多くの地区の製造工業では高い投入コストを消費者へ価格転嫁しているか、近いうちにそうしようと考えている。クリーブランド地区やアトランタ地区では住宅建設業者が原材料価格こそ上昇しているが、購入者へのコスト転嫁はあまりできないと認識している。いくつかの地区の小売業者は値上げを実施、または近いうちにそのような値上げを行うと予測していると言及した。多くの地区に渡って賃金上昇圧力は少ない。ボストン地区、フィラデルフィア地区、クリーブランド地区、カンザスシティ地区、及びダラス地区では賃金は安定したままであるが、一方でシカゴ地区、ミネアポリス地区、サンフランシスコ地区では賃金上昇圧力は緩やかであるとの報告がなされた。フィラデルフィア地区、ダラス地区、サンフランシスコ地区では専門な技能を持った労働者の賃金が殆どで上昇しているとの記述だった。



Labor market conditions continued to strengthen modestly, with all Districts reporting some degree of improvement. The Boston, Cleveland, Minneapolis, and Dallas Districts cited noticeable improvements in the manufacturing sector, and the Boston and Cleveland Districts also observed increased labor demand in the healthcare and medical sectors. New York reported little or no hiring in the manufacturing sector, although their factory contacts planned on increasing hiring in the coming months. The Boston, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, and Dallas Districts received optimistic reports from staffing agencies. Dallas said that staffing firms experienced continued strong demand, particularly for high-skilled IT positions. The Cleveland District staffing contacts noted some growth in the number of new job openings, with vacancies concentrated in healthcare, manufacturing, and professional business services. Chicago reported that a large staffing firm reported solid growth in billable hours for both industrial and for office and clerical positions, as well as increases in both temporary-to-permanent job transitions and direct hiring of permanent employees. Boston, Richmond, and Chicago noted increases in the conversion of temporary to permanent hires and permanent job placements, while contacts in the Atlanta District reported a preference for hiring temporary staff. Employers in the Boston District reported difficulty in finding qualified candidates for high-skilled jobs. Despite the improvement in most labor markets, some Districts such as New York, St. Louis, Minneapolis and Dallas also noted layoffs in the region.

労働市場の状況は緩やかながら強まっており、すべての地区の報告ではある程度の改善があるとの報告だった。ボストン地区、クリーブランド地区、ミネアポリス地区、及びダラス地区では製造業の改善が目立つと考えており、ボストン地区やクリーブランド地区ではヘルスケア及び医療分野での労働需要が高まっている。NY地区では製造業セクターでは僅かか、もしくは全く人を雇っていないとの報告があったが、工場とのコンタクトでは今後数カ月で採用を増加させる計画だとしている。ボストン地区、フィラデルフィア地区、クリーブランド地区、リッチモンド地区、アトランタ地区、シカゴ地区及びダラス地区では、人材派遣会社からの楽観的な報告を受け取った。ダラス地区では、特に高いIT技術のポジションで強い引き合いがあると述べた。クリーブランド地区の人材派遣会社とのコンタクトでは、ヘルスケア、製造工業そして専門的なビジネスサービスで欠員補充のために求人がやや伸びていると記された。シカゴ地区では広範囲の人材派遣会社が、生産現場及びオフィスでの事務的なポジションで時間請求が堅調に伸びており、派遣から正社員への移転や正社員を(直接)雇うということも伸びている。ボストン地区、リッチモンド地区、及びシカゴ地区では一時的な求人から正社員の雇入れ、及び正社員への転換が増加している。一方でアトランタ地区のコンタクトでは一時的なスタッフの雇用を選択しているとの報告だった。ボストン地区の雇用者は高い技術を持った優秀な人材を雇うのが難しいとの報告があった。ほとんどの労働市場が改善しているにもかかわらず、NY地区やセントルイス地区、ミネアポリス地区では地方でレイオフがあると記された。




前回の価格転嫁に関する報告については、

Most District reports mentioned increasing prevalence of cost pressures but only modest pass-through into final prices because of competitive pressures.

ほとんどの地区のレポートではコスト上昇圧力が拡大しているが、最終価格への転嫁は(価格)競争圧力によりモデレートなものに過ぎないとの言及だった。



としていたが、今回は製造工業で価格転嫁を行っているもしくは近いうちに行う計画があるとの報告であり、今後消費者への価格転嫁が進むことが示唆されている。つまり、投入コスト上昇を他のコストダウンでは補うことがやや難しくなってきていることから、これまでは最終製品の市場(すなわち消費者市場)での競争が厳しいことから価格転嫁は難しいという見方をとっていたものの、原材料費が一段と高騰してきているので、それも限度に来ているという認識に変わってきているものと思われる。1月のFOMC議事録においても、


Others, however, noted that the pass-through from increases in commodity prices to broad measures of consumer price inflation in the United States had generally been fairly small.

しかしながら他の参加者は、米国においてコモディティ価格から消費者物価への価格転嫁は総じてかなり小さいとした。



としていたが、今後価格転嫁が幅広く進むことになれば消費者物価を押し上げることにもなりかねず、最終消費財にまでインフレ圧力が拡大する可能性もあることから、これが次回のFOMCの議論の中心テーマになるものと思われる価格転嫁によってインフレ圧力が増している以上、QE2には賛同できないメンバーも出てくるものとみられ、反対票が出されるか、もしくは声明文においてやや物価に対してのビューを変更する可能性が指摘できる。バーナンキ議長による3月1日の議会証言でも安定しているインフレ期待のアンカーが外れた場合、持続的なコモディティ価格の上昇は経済と物価の安定にとって脅威であるとのサブシナリオを提示しており、今後価格転嫁の進展によってこうした意見が主流となっていくのであれば、ややタカ派的な声明になる可能性も考慮しておきたい。先々の政策についても、追加緩和を期待する方向からはかなり遠ざかる可能性も浮上していくのだろう。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  マクロ  FOMC  QE2  金融政策 
tb: 0   cm: 0

« ECB理事会~4月利上げを示唆  |  バーナンキ議長議会証言~サブシナリオの提示 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/397-5246ddba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。