07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMC議事録~困難な意見集約 

4月5日にFedは3月15日のFOMC議事録を公開した。以下は参加者の経済見通し(Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook)以降の抄訳及びポイントである(全文はFedサイト "Minutes of the Federal Open Market Committee"参照)。



■参加者の経済全般の見方


In discussing intermeeting developments and their implications for the economic outlook, participants agreed that the information received since their previous meeting was broadly consistent with their expectations and suggested that the economic recovery was on a firmer footing. Looking through weather-related distortions in various indicators, measures of consumer spending, business investment, and employment showed continued expansion. Housing, however, remained depressed. Meeting participants took note of the significant decline in the unemployment rate over the past few months but observed that other indicators pointed to a more gradual improvement in overall labor market conditions. They continued to expect that economic growth would strengthen over coming quarters while remaining moderate. Participants noted that recent increases in the prices of oil and other commodities were putting upward pressure on headline inflation, but that measures of underlying inflation remained subdued. They anticipated that the effects on inflation of the recent run-up in commodity prices would prove transitory, in part because they saw longer-term inflation expectations remaining stable. Moreover, a number of participants expected that slack in resource utilization would continue to restrain increases in labor costs and prices. Nonetheless, participants observed that rapidly rising commodity prices posed upside risks to the stability of longer-term inflation expectations, and thus to the outlook for inflation, even as they posed downside risks to the outlook for growth in consumer spending and business investment. In addition, participants noted that unfolding events in the Middle East and North Africa, along with the recent earthquake, tsunami, and subsequent developments in Japan, had further increased uncertainty about the economic outlook.

会合期間中の進展及び経済見通しのインプリケーションの議論において、参加者は前回の会合以降に入手した情報は、メンバーの期待通りであったことや、経済回復が強固な基盤の上にあるという指摘について一致した。いくつかの指標における気象要因の歪みがみられるが、個人消費、企業投資、雇用の指標は拡大し続けている。しかしながら、住宅市場は低落したままである。会合の参加者はここ数カ月で失業率が大きく低下したものの、他の指標では全体の労働市場がよりゆるやかに改善していると認められるとの指摘があった。彼らは経済の拡大はここ数四半期で力強さが増すが、緩慢さも残るだろうと予測し続けている。参加者はオイルや他のコモディティ価格の直近の上昇がヘッドラインのインフレ率を押し上げているが、潜在的な基調インフレは抑制されていると指摘している。彼らは直近のコモディティ価格によるインフレの上振れは一時的なものであると予想しており、特に長期間のインフレ期待は安定したままであるとみている。さらに、数人の参加者は資源活用のスラック(緩み)は労働コストや価格を抑制し続けると予測している。しかしながら、複数の参加者は、消費支出や見通しのダウンサイドリスクがありながらも、コモディティ価格の急速な上昇は長期間のインフレ期待や、それゆえインフレ見通しの安定へのアップサイドリスクであると指摘した。さらに参加者は中東・北アフリカの事件の拡大や直近の日本における地震、津波、そしてそのさらなる進展は、経済見通しについてさらに不確実性が増していると指摘した。



■個人消費


Participants' judgment that the recovery was gaining traction reflected both the incoming economic indicators and information received from business contacts. Spending by households, which had picked up noticeably in the fourth quarter, rose further during the early part of 2011, with auto sales showing particular strength. Although some participants noted that growth in consumer spending so far this year had not been as vigorous as they had anticipated, they attributed the shortfall in part to unusually bad weather. While participants expected that household spending would continue to expand, the pace of expansion was uncertain. On the one hand, labor market conditions were improving, though gradually, and the temporary cut in payroll taxes was contributing to rising after-tax incomes. Some easing of credit conditions for households, particularly for auto loans, also appeared to be supporting growth in consumer spending. On the other hand, declining house prices remained a drag on household wealth and thus on consumer spending. In addition, sizable recent increases in oil and gasoline prices had reduced real incomes and weighed on consumer confidence. Business contacts in a variety of industries had expressed concern that consumers might pull back if gasoline prices rose significantly further and persisted at those elevated levels.

参加者は経済回復が入手できる指標やビジネスのコンタクトから受け取った情報の両面を反映していると判断した。家計による支出は、この4四半期で顕著に上昇しているが、2011年の序盤にはさらに上昇しており、特に自動車販売が強化しているように見える。しかし、複数の参加者は、消費支出の伸びはこれまでのところ彼らが予測したほど強力ではなく、非常に悪天候な中の落ち込みが寄与したと指摘した。参加者は家計の消費が拡大し続けると予測しているが、そのペースは不確実である。一方で、労働市場は徐々にではあるが改善し続けており、一時的な所得税減税は税引き後の収入の押上に貢献している。家計の信用状況のいくつか(特に自動車ローン)は緩和しており、消費支出をサポートしているようにみえる。一方で、住宅価格の下落は家計資産やそれゆえの個人消費を押し下げたままである。さらに、最近のオイルやガソリンか価格の上昇は、実質収入を減らし、消費者信頼感を圧迫している。ビジネスのコンタクトでは、様々な産業で、もしガソリン価格がさらに上昇し、高止まるのであれば、消費者が節約するのではないかとの懸念が表明された。



個人消費については、2月に天候要因で不安定になったものの、自動車販売などの拡大により堅調さが増しているとの判断となっている。その理由としては、所得減税や消費者の信用状況が緩和的になっているとのものだった。しかし、足元でガソリン価格や燃料価格が上昇してきていることから、消費者信頼感が低下すること、すなわち消費マインドの萎縮によって節約志向が強まることを懸念しているとのことだった。


■企業の投資活動


A further increase in business activity also indicated that the economic recovery remained on track. Industrial production posted solid gains, supported in part by continuing growth in U.S. exports. Business contacts in a number of regions reported they were more confident about the recovery; a growing number of contacts indicated they were planning for an expansion in hiring and production to meet an anticipated rise in sales. Manufacturing firms were particularly upbeat. Some contacts reported they were increasing capital budgets to undertake investment that had been postponed during the recession and early stages of the recovery; in some cases, firms were planning to expand capacity. Consistent with the anecdotal evidence, indicators of current and planned business investment in equipment and software continued to rise and surveys showed a further improvement in business sentiment. In addition, although residential construction remained weak, investment in energy extraction was growing and spending on commercial construction projects appeared to be bottoming out.

企業活動のさらなる増大は経済回復が軌道に乗り続けていることを示唆した。鉱工業生産は堅調な伸びであり、特に米国の輸出によってサポートされている。複数の地方のビジネスのコンタクトでは、彼らは経済回復について一層信頼を深めている。販売の拡大期待による採用や生産計画の拡大を示唆するビジネスのコンタクトが多くなっている。製造工業の企業では、特に上振れしている。いくつかのコンタクトでは、リセッションや回復の初期から後回しにしてきた投資予算が増加している。いくつかのケースでは、企業は生産能力を拡大する計画を立てている。(このような)エピソードに一致して、機器及びソフトウェアの企業投資の足元、そして計画の指標は拡大しており、商業用の建設プロジェクトもボトムアウトしつつある。




企業の投資活動については、グローバル経済が堅調であることを背景に輸出がサポートする形で生産の拡大が企業の信頼感を高めており、販売の拡大が見込めることから設備や採用計画の拡大の動きがあるとした。リセッション以降企業投資は先送りにされてきたので、その反動という側面も指摘されている。



■労働市場


Meeting participants judged that overall conditions in labor markets had continued to improve gradually. The unemployment rate had decreased significantly in recent months; other labor market indicators, including measures of job growth and hours worked, showed more-modest improvements. Several participants noted that the drop in unemployment was attributable more to people withdrawing from the labor force and to fewer layoffs than to increased hiring. Even so, participants agreed that gains in employment seemed to be on a gradually rising trajectory, although the recent data had been somewhat erratic and distorted by worse-than-usual weather in many parts of the country. In addition, surveys of employers showed that an increasing number of firms were planning to hire. Participants noted regional differences in the speed of improvement in labor markets; scattered reports indicated that firms in some regions were having difficulty hiring some types of highly skilled workers. Participants generally judged that there was still substantial slack in the labor market, though estimates of the degree of slack were admittedly imprecise and depended in part on judgments about a number of factors, including the extent to which labor force participation would increase as the recovery progresses and employment expands.

会合の参加者は労働市場の全般的な状況について徐々に改善していると判断した。この数カ月で失業率は顕著に低下した。他の雇用増や労働時間を含む労働指標は、さらに緩慢な回復をみせている。参加者の数人は失業率の低下は労働力人口から人々が抜けていったこと(=労働参加率の低下)及び採用増加がレイオフを上回っていることが要因であるとした。さらに、参加者は、直近のデータがこの国の多くの地域で通常よりも悪い天候によってやや異常で歪んでいるものの、雇用の増加は徐々に上昇軌道に乗ってきているようにみえるとした。さらに、雇用者のサーベイでは採用を計画している企業の数が増加していることが示された。参加者は労働の改善のスピードには地域差があると指摘した。まばらな報告は、いくつかの地域の企業が高い技能を持った職人の求人が困難であるということを示唆していた。参加者は総じて労働市場には相当なスラック(緩み)が存在しており、スラックの程度の見積もりは、確かに不正確なものであり、いくつかの要因に依拠している。それは経済回復の進展や雇用の拡大によって増加すると予測される労働参加の拡大を含む。




雇用については失業率以上に非農業部門雇用者数、特に民間雇用者数の増加が足元で顕著となってきていることから、一段の上方修正を迫られることとなった。但し、労働の改善については地域差もあり、さらに労働市場のスラック(緩み)から労働参加率が未だに低い状況であることに不快感を示している。今後景気の拡大によって労働参加率が上昇することが見込まれることから、失業率低下にはやや高いハードルが待ち受けていることにも留意した格好であろうと思われる。


■信用市場


Credit conditions remained uneven. Bankers again reported improving credit quality and generally weak loan demand. Large firms that have access to financial markets continued to find credit, including bank loans, available on relatively attractive terms; however, credit conditions reportedly remained tight for smaller, bank-dependent firms. Participants noted evidence that the availability of student loans and of consumer loans--particularly auto loans--was increasing. Indeed, bank and nonbank lenders reported that terms and conditions for auto loans had returned to historical norms. In contrast, terms for commercial and residential real estate loans remained tight and the volume of outstanding loans continued to decline, though there was some issuance of CMBS backed by loans on high-quality properties in selected large metropolitan areas. A few participants expressed concern that the easing of credit conditions in some sectors was becoming or might become excessive as investors took on more risk in order to obtain higher yields.

信用の状況は変化がなかった。バンカーは信用の質の改善と総じてローンの需要が弱いことを改めて報告した。金融市場へのアクセスを持っているような大企業は銀行融資を含む、比較的魅力のあるアベイラビリティで信用を獲得し続けている。しかしながら、伝わっているところではより小さな企業では信用状況が厳しいままであり、銀行依存となっている。参加者は学資ローンや、特に自動車ローンでのアベイラビリティは拡大していると指摘した。実に、銀行やノンバンクの貸し手は自動車ローンの条件や状況は過去の標準に戻ってきていると報告した。対照的に、大都会地域の上質な不動産を担保としたCMBSの発行はいくつかあるものの、商業用や住宅用不動産ローンの条件は厳しいままであり、融資残高の量は減少し続けている。少数の参加者は、いくつかのセクターにおける信用の緩和状態は、投資家が高いイールドを獲得するためにさらにリスクを取っているとして、過剰であると懸念した。



信用市場については改善こそしているが、全体のローン需要については弱いとしている。金融市場へのアクセスが可能な大企業についての信用は問題ないとしても、中小企業については未だに信用の状況の改善は道半ばといった判断であろう。また全体として住宅ローンの信用状況は改善しておらず、ローンの残高は減少し続けている。以下のグラフは住宅ローン残高(出所:StLouisFed)。


REALLN 20110406


一方では、信用状況が緩和していることから、投資家のリスクアペタイトがかなり上昇しており、ハイイールドなどへの投資も活発化させていることから、やや過剰な信用が将来的なバブルを発生させる懸念についても一部の参加者から指摘されている。これは暗に現在の緩和的な政策がもたらしている副作用として意識する向きもあり、今後の資産市場の動向によってはこういった懸念が強くなる可能性もある。


■インフレ

Participants observed that headline inflation was being boosted by higher prices for energy and other commodities, and that prices of other imported goods also had risen by a substantial, though smaller, amount. A number of business contacts indicated that they were passing on at least a portion of these higher costs to their customers or that they planned to try to do so later this year; however, contacts were uncertain about the extent to which they could raise prices, given current market conditions and the cautious attitudes toward spending still held by households and businesses. Other participants noted that commodity and energy costs accounted for a relatively small share of production costs for most firms and that labor costs accounted for the bulk of such costs; moreover, they observed that unit labor costs generally had declined in recent years as productivity growth outpaced wage gains. Several participants noted that even large commodity price increases have had only limited effects on underlying inflation in recent decades.

参加者はヘッドラインにおけるインフレ率がエネルギーや他のコモディティ価格の上昇によって押し上げられ、他の輸入された物の価格も相当上昇していると認めた。複数のビジネスのコンタクトでは投入コストの高さを消費者に転嫁するか、もしくは今年の広範にもそのようにしようとする計画があると示していた。しかし、価格がどこまで上昇するのか不確かであり、現状の市場の状況や家計や企業による支出が抑えられたままであることから慎重な態度を取っていた。他の参加者は、コモディティやエネルギーのコストは、殆どの企業のコストや、それらのコストの多くを占める労働コストに比べれば比較的小さく、さらにユニットレーバーコストは、生産性の向上が賃金を上回ったためここ数年で減少している、と指摘した。複数の参加者は、広範なコモディティ価格の上昇がここ十年で潜在的な基調インフレに与える影響は限定的であると指摘した。


In contrast to headline inflation, core inflation and other measures of underlying inflation remained subdued, though they appeared to have bottomed out. A number of participants noted that, with significant slack in resource utilization and with longer-term inflation expectations stable, underlying inflation likely would remain subdued for some time. However, the importance of resource slack as a factor influencing inflation was debated. Some participants pointed to research indicating that measures of slack were useful in predicting inflation. Others argued that, historically, such measures were only modestly helpful in explaining large movements in inflation; one noted the 2003-04 episode in which core inflation rose rapidly over a few quarters even though there appeared to be substantial resource slack.

ヘッドラインのインフレ率と対照的に、ボトムアウトはしつつあるが、コアインフレや他の潜在的な基調インフレの指標は抑制されている。数人の参加者は、資源活用に強いスラック(緩み)があり、長期間のインフレ期待は抑えられているので、潜在的なインフレはしばらくの間抑えられたままであろうと指摘した。しかし、インフレに影響を与える要因としての資源活用のスラックの重要性については議論された。数人の参加者はスラックの指標はインフレの予測に有意であるとの示唆している研究を指摘した。しかし他の参加者は、歴史的に、そのような指標はインフレの大きなムーブメントを説明するのに役立つ程度であるとした。一人は2003-04年に潜在的な資源活用のスラックが現れているにもかかわらず、ほんの数四半期でコアインフレ率は急速に上昇したエピソードを指摘した。



Participants expected that the boost to headline inflation from recent increases in energy and other commodity prices would be transitory and that underlying inflation trends would be little affected as long as commodity prices did not continue to rise rapidly and longer-term inflation expectations remained stable. However, a significant increase in longer-term inflation expectations could contribute to excessive wage and price inflation, which would be costly to eradicate. Accordingly, participants considered it important to pay close attention to the evolution not only of headline and core inflation but also of inflation expectations. In this regard, participants observed that measures of longer-term inflation compensation derived from financial instruments had remained stable of late, suggesting that longer-term inflation expectations had not changed appreciably, although measures of one-year inflation compensation had risen notably. Survey-based measures of inflation expectations also indicated that longer-term expected inflation had risen much less than near-term inflation expectations. A few participants noted that the adoption by the Committee of an explicit numerical inflation objective could help keep longer-term inflation expectations well anchored.

参加者は最近のエネルギーや他のコモディティ価格の上昇によるヘッドラインのインフレ率の押し上げが一時的であり、潜在的なインフレのトレンドは、コモディティ価格が急速に上昇し続けない限りにおいて、その影響は少なく、長期間のインフレ期待は安定したままであると説明した。しかし、長期間のインフレ期待の顕著な上昇は過度な賃金や物価インフレを引き起こし、沈静化するのはコストがかかる。従って、参加者はヘッドラインやコアインフレ率だけでなく、インフレ期待についても注意深く緊密にみていく必要性を考慮した。この点で、参加者は長期間のインフレ期待の指標は金融調節が安定していることによりもたらされると述べており、長期間のインフレ期待は大きく変更されるものではないと示唆したが、1年インフレの期待は大きく上昇していた。調査をベースにしたインフレ期待の指標も、短期的なインフレ期待よりも長期的なインフレ期待の上昇の方がが小さい。少数の参加者は委員会の明確なインフレ目標の数値化が長期間のインフレ期待の十分なアンカーとなると指摘した。




インフレについては参加者の意見が別れている。整理すれば、ハト派の見方では、


・コアインフレの重視
・コモディティの価格上昇は一時的である
・コモディティ価格、すなわち投入コストは全体の企業コストからすれば相対的に低い。
資源活用のスラック(緩み)が大きく存在しているために、長期間のインフレ期待は安定しており、インフレ基調も抑制される


これに対してタカ派の見方は、


資源活用のスラックによる判定は大局的なものであり、重視しすぎると政策がビハインド・ザ・カーブになるリスクがある
・短期的なインフレ期待も重視する必要性


となっており、コンセンサスが取りづらくなっており、このことから政策面でも対立しやすい構図となっている。但し、コンセンサスとして一致していることは、長期のインフレ期待の上昇は抑えこまなければならない、ということである。これはこれまでも低く抑えられてきているが、仮に今後コモディティ価格が想定しているよりも上昇ピッチが速くなることや、供給ショック的な現象が起きれば長期的なインフレ期待も上昇する可能性はないわけではない。このため、Fedでは、今後の推移について緊密に監視していくというスタンスに移行し、声明文でディスインフレからの脱却を織り込ませる方向にシフトした。また、これは少数ではあるが、長期的なインフレ期待上昇のアンカーとしてインフレ目標の数値化を目指すべきという意見もある。現在は、Fedのデュアル・マンデート(最大雇用と物価安定)に一致するとされる長期的インフレ見通しが暗黙的な政策目標とされている(コアPCEデフレータで年率1%台後半-2.0%の上昇)が、明確に数値化することで、その数値に達した時点で政策の変更を織り込ませることが出来ることから、インフレ期待の抑制に貢献する、という考え方である。この点は今後も大きく論議されていくものとみられ、議論の進展には注目が集まろう。


■経済の先行きリスクと今後の金融政策の在り方について


Participants generally judged the risks to their forecasts of growth in economic activity to be roughly balanced. They continued to see some downside risks from the banking and fiscal strains in the European periphery, the continuing fiscal adjustments by U.S. state and local governments, and the ongoing weakness in the housing market. Several also noted the possibility of larger-than-anticipated near-term cuts in federal government spending. Moreover, the economic implications of the tragedy in Japan--for example, with respect to global supply chains--were not yet clear. On the upside, the improvement in labor market conditions in recent months raised the possibility that household spending--and subsequently business investment--might expand more rapidly than anticipated; if so, the recovery could be stronger than currently projected. Participants judged that the potential for more-widespread disruptions in oil production, and thus for a larger jump in energy prices, posed both downside risks to growth and upside risks to inflation. Several of them indicated, in light of recent developments, that the risks to their forecasts of inflation had shifted somewhat to the upside. Finally, a few participants noted that if the large size of the Federal Reserve's balance sheet were to lead the public to doubt the Committee's ability to withdraw monetary accommodation when appropriate, the result could be upward pressure on inflation expectations and so on actual inflation. To mitigate such risks, participants agreed that the Committee would continue its planning for the eventual exit from the current, exceptionally accommodative stance of monetary policy. In light of uncertainty about the economic outlook, it was seen as prudent to consider possible exit strategies for a range of potential economic outcomes. A few participants indicated that economic conditions might warrant a move toward less-accommodative monetary policy this year; a few others noted that exceptional policy accommodation could be appropriate beyond 2011.


参加者は総じて経済活動の見通しへのリスクはおおよそ安定していると判断した。彼らは広範な欧州の銀行及び財政状況の厳しさ、米国の州及び地方政府の財政改革の継続、そして住宅市場の弱体化の進行によるダウンサイドリスクに注意し続けるとした。数人は連邦及び地方政府の短期的な財政カットの上振れの可能性も指摘した。さらに、例えばグローバルサプライチェーンを含む日本の悲劇への経済的なインプリケーションは未だにはっきりしない。アップサイドでは、ここ数カ月の労働市場の改善は家計支出や、その結果としての企業投資は予測された以上に急速に拡大する可能性である。もしそうであれば、現在予測している以上に経済回復は強いものとなるだろう。参加者は、原油の生産の中断がさらに拡大する可能性や、エネルギー価格の大きな上昇が経済のダウンサイドもインフレのアップサイドももたらすと判断した。その中の数人は、最近の展開に照らし合わせると、インフレの見通しのリスクがややアップサイドにシフトしていた。最終的に、少数の参加者は巨大なFedのバランスシートが、必要とされる時に緩和的な金融調節の撤回が出来るのか?という疑問を一般にもたらせることで、結果としてインフレ期待や実際のインフレの上方圧力を引き起こすと指摘した。そのようなリスクを軽減するために、参加者は現状、すなわち非常に緩和的な金融政策からの最終的な出口へのプランニングを行い続けることで同意した。現状の不確定な経済見通しに照らし合わせ、潜在的な経済的成果の範囲において可能な限りの出口戦略の検討するのが賢明であるように思われた。少数の委員は経済の状況は今年にも緩和的金融政策の縮小に移行するのに十分であろう、と指摘した。少数の参加者は異例の金融政策が2011年以降も適切であるとした。



経済のアウトルックへのリスクは安定しているが、ダウンサイドリスクとしては、


・欧州の金融・財政問題
・米国の地方政府の財政問題
・連邦政府の財政問題
・日本の地震による経済への影響


ということである。日本の地震の影響については、グローバルサプライチェーンへの影響について議論されているが、3月15日の段階では未知数であり、声明文に盛り込むことは避けたという形であろう。しかし、原発問題や電力の供給不足などから今後状況が把握されるに従い、Fed内部の見方にも変化が生じよう。短期的な影響であれば政策的な方向性を変えるには至らないが、長期化すればダウンサイドリスクが顕在化し、政策面でも影響を与える可能性も否定出来ない。一方で、アップサイドリスクとしては、


・米国の雇用の拡大ペースが加速する
・このことから個人消費や企業支出が上振れする


ということである。また、中東情勢によるエネルギーの供給懸念・エネルギー価格の上昇が経済のダウンサイドリスクでもあり、インフレのアップサイドリスクでもある、という点でやや物価上昇下の景気減速的な懸念も表明されている。この点は今後東日本大震災によってグローバルサプライチェーンの毀損から様々な製品で供給不足が起こり、それが企業の生産活動を停止させる一方で、モノ不足から物価押し上げ要因にも作用しかねない。この点は日本の問題ではなく、グローバルの問題として供給ショックへの懸念が共有される可能性もある。


また、金融政策の在り方については議論が分かれている。今年にも出口戦略に舵を切るべきであるとする参加者と、今後も緩和的な金融政策のスタンスを維持すべきであるという参加者との間での意見集約が極めて難しくなっていることを示している。現状は(敬称略、太字は2011年に投票権有)、


・タカ派・・・ホーニグ、ラッカー、フィッシャープロッサー
・中間派・・・コチャラコタ、ピアナルト、ブラード
・ハト派・・・バーナンキイエレンダドリーエバンス、ロックハート、ローゼングレン


こういった区分けが出来るものと見られるが、現状中間派として位置づけられるミネアポリス連銀コチャラコタ総裁やセントルイス連銀ブラード総裁なども発言からしてやや出口戦略に傾斜しているようにも思われる今後しばらくの間はこうした意見集約が難しい状況となるものとみられ、コンセンサスが取りづらいゆえに各連銀総裁やFed理事の発言のノイズが逐次高まる可能性がある。特に中間派の言動には注意が必要であろう。



■政策決定(Committee Policy Action)


In their discussion of monetary policy for the period ahead, Committee members agreed that no changes to the Committee's asset purchase program or to its target range for the federal funds rate were warranted at this meeting. The information received over the intermeeting period indicated that the economic recovery was on a firmer footing and that overall conditions in the labor market were gradually improving. Although the unemployment rate had declined in recent months, it remained elevated relative to levels that the Committee judged to be consistent, over the longer run, with its statutory mandate to foster maximum employment and price stability. Similarly, measures of underlying inflation continued to be somewhat low relative to levels seen as consistent with the dual mandate over the longer run. With longer-term inflation expectations remaining stable and measures of underlying inflation subdued, members anticipated that recent increases in the prices of energy and other commodities would result in only a transitory increase in headline inflation. Given this economic outlook, the Committee agreed to continue to expand its holdings of longer-term Treasury securities as announced in November in order to promote a stronger pace of economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with the Committee's mandate. Specifically, the Committee maintained its existing policy of reinvesting principal payments from its securities holdings and reaffirmed its intention to purchase $600 billion of longer-term Treasury securities by the end of the second quarter of 2011. A few members remained uncertain about the benefits of the asset purchase program but judged that making changes to the program at this time was not appropriate. The Committee continued to anticipate that economic conditions, including low rates of resource utilization, subdued inflation trends, and stable inflation expectations, were likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate for an extended period.

金融政策を巡る議論において、委員会のメンバーは資産買入プログラムないしFF金利の誘導目標が変更されないことを保証することで合意した。1月のFOMC以降に入手した情報では、経済の回復は強固な基盤の上にあり、労働市場の全体の状況は徐々に改善している。直近数カ月で失業率は低下しているが、委員会が長期間に渡って最大雇用と物価の安定に一致するレベルからは高止まりしている。また潜在的なインフレの基調は長期間に渡るデュアル・マンデートに一致するレベルに比べてやや低い。長期的なインフレ期待は安定したままであり、潜在的なインフレ基調は抑えられていることから、メンバーはエネルギーや他のコモディティの最近の価格上昇が、結果的にヘッドラインのインフレ率を一時的に押し上げている。得られる経済の見通しにとって、委員会はより強い経済の回復のペースとインフレが委員会のマンデートに一致するレベルにまで上昇することを促進させるため、11月に通知した長期国債の保有拡大の継続で合意した。特に委員会は既存の証券の償還再投資と、2011年の6月までに6000億ドルの長期国債購入を意図を再確認した。少数のメンバーは資産購入プログラムの利益については不確かであるが、プログラムの変更については適切な時期ではないと判断した。委員会ではFF金利のレンジを0-0.25%に据え置き、低水準の資源活用、落ち着いたインフレの傾向、安定したインフレ期待を含む経済状況の予測は FF金利を「長期間」にわたって非常に低い水準に維持することを保証する。



Members emphasized that the Committee would continue to regularly review the pace of its securities purchases and the overall size of the asset purchase program in light of incoming information--including information on the outlook for economic activity, developments in financial markets, and the efficacy of the purchase program and any unintended consequences that might arise--and would adjust the program as needed to best foster maximum employment and price stability. A few members noted that evidence of a stronger recovery, or of higher inflation or rising inflation expectations, could make it appropriate to reduce the pace or overall size of the purchase program. Several others indicated that they did not anticipate making adjustments to the program before its intended completion.

複数のメンバーは、委員会が証券の買入ペースや資産買入プログラムの全体のサイズについて入手できる情報、すなわち経済活動の見通しや金融市場の展開、そして購入プログラムの有効性や、起こりうる予期せぬ結果を含んでいるが、最大雇用と物価安定について最善となるように促進していくのに必要とされるプログラムに調節していくだろう。少数のメンバーは強い経済回復の兆候もしくは、インフレまたはインフレ期待の高まりは、資産購入プログラムの全体のサイズ及びペースを縮小することを適切とさせるだろう。他の複数の委員はプログラムを終了前に調節することは適当ではないと指摘した。




(以降は声明文とその採択)


政策決定についても意見集約が難しくなってきている。3月15日のFOMCでは全会一致だったものの、経済状況などを状況を踏まえて資産買入プログラムの規模や買入ペースの見直しを必要とする委員と、6月までの調節は適当ではないとの主張を行う委員との間で分かれている。


最後に、Fedの透明性を図るためにバーナンキ議長の定例会見についても決められている。



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 金融政策  Fed  FOMC  QE2  ZIRP  マーケット  金利 
tb: 3   cm: 0

« ECB理事会~利上げを決定  |  Global Market Weekly Focus 4.4-8 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/419-f18a1894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます


2011/04/06 08:51

-

管理人の承認後に表示されます


2011/04/10 16:54

-

管理人の承認後に表示されます


2011/04/10 17:54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。