09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~改善が継続 

4月13日にFedはFOMCにおける経済見通しの基礎的な判断材料となるベージュブック(地区連銀経済報告)を公表した。以下はサマリーの部分の抄訳とポイントである。なお、日本の震災関係の指摘が目に付く内容となっているので、当該部分は緑字で表記する。なお、全文はFedサイト "April 13, 2011 Summary"参照。


■サマリー

Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicated that economic activity generally continued to improve since the last report. While many Districts described the improvements as only moderate, most Districts stated that gains were widespread across sectors, and Kansas City described its economic gains as solid. Manufacturing continued to lead, with virtually every District citing examples of steady improvement, often with reports of increased hiring. Retailers in the Boston District reported mixed sales results and retail sales remained weak in the Richmond District, but all other Districts experienced at least slight gains in consumer spending and the New York District cited robust sales. Business services, including freight-related activities, improved in most Districts. Loan demand was either unchanged or up slightly in most Districts, with New York, St. Louis, and Kansas City citing weaker lending. Residential and commercial real estate performance varied across Districts. Seven of the Districts described commercial real estate as slightly improved, while five noted that their markets were flat. While most Districts noted little change in their residential real estate markets, half of the Districts cited at least pockets of weakening.

12の連銀管轄地区からのレポートでは、経済活動は前回のレポート以降総じて改善が続いているとの指摘があった。多くの地区ではその改善が緩やかであるが、ほとんどの地区では回復が幅広いセクターに渡っていると述べ、カンザスシティ地区では、経済成長は堅調であると述べた。製造業がリードを続けているが、求人活動の増加も伴って、ほぼすべての地区では改善が着実に進んでいるとした。ボストン地区の小売業者は販売がまちまちであると述べたが、他のすべての地区では少なくとも僅かながらに消費支出は伸びていると表し、NY地区では販売が堅調であるとした。貨物に関連するものを含むビジネスサービスはほとんどの地区で改善した。ローンの需要はほとんどの地区で変わらないか、あるいはわずかに上昇したものの、NY地区、セントルイス地区、カンザスシティ地区では弱い貸出であると述べた。住居用及び商業用不動産のパフォーマンスは地区をまたいで変化していた。7地区では商業用不動産がわずかに改善したと述べている一方で、5地区はマーケットは変わっていないと述べた。ほとんどの地区では住居用不動産市場は小幅な変化があったと述べたが、半分の地区は少なくともわずかに弱まっているとした。


Reports focusing on the near-term outlook were most often upbeat. Some Districts, however, also noted that uncertainties remained high. Boston, Philadelphia, Richmond, Atlanta, Chicago, Minneapolis, and Dallas all noted actual or expected disruptions to sales and production as a result of the tragedy in Japan. Most Districts reported signs of improvement in at least some of their labor markets and Boston, Richmond, Chicago, and Kansas City cited examples of concern among their contacts about being able to obtain certain types of skilled workers. Some businesses in the Philadelphia and Cleveland Districts still preferred to hire temporary over permanent workers.

短期的なアウトルックに焦点を当てると、殆どで上振れしている。しかしながら、いくつかの地区では不確実性が未だに高いと記していた。ボストン、フィラデルフィア、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、ミネアポリス、そしてダラス地区では、日本における悲劇的な出来事の結果、販売や生産の混乱が実際に起きているか予測されていると記された。ほとんどの地区では労働市場のいくつかで改善の兆しが報告され、そしてボストン、リッチモンド、シカゴ、そしてカンザスシティ地区では、特定の種類の技能を持った職人を得ることができるのかということについてビジネスの会合において懸念があったと述べた。フィラデルフィアやクリーブランド地区のいくつかの企業では正社員よりも一時的な求人が優先されたままであった。


Wage pressures were described by most Districts as weak or subdued, but higher commodity costs were widely reported to be putting increasing pressures on prices. Energy prices were cited most often, but raw materials in general were an increasing concern of businesses. The ability to pass through cost increases varied across Districts, with manufacturers generally finding less resistance to price increases than either retail or construction (where weak demand was a limiting factor).

賃金圧力はほとんどの地区で弱いか、抑えられていると述べた。しかし、高まるコモディティのコストは、広範に価格の上昇圧力を増大させていると報告された。エネルギー価格は最も頻繁であるが、総じて原材料の価格は企業の懸念を増大させていると述べた。様々な地区で価格転嫁の能力は増大しているが、小売や建設セクター(これらのセクターは弱い需要が制限要因である)よりも製造工業の方が一般的に顧客への価格上昇への抵抗が弱いと認識していた。





■消費支出及び観光

Consumer Spending and Tourism

Consumer spending picked up modestly across most Districts since the last report. Consumers were shopping for necessities and looking for lower-priced options or promotional items in the Boston, Chicago, and San Francisco Districts. New York reported strong retail sales in February and March, but noted weaker sales at two major retail chains in New York. Retailers in the Cleveland District reported higher sales relative to a year ago, although a few contacts cited considerable stress in the low- to mid-market segments. Richmond reported weak sales, including for big-ticket items, and Boston received mixed sales reports. Big-ticket sales, particularly for home furnishings, picked up in the Boston, Philadelphia, and Dallas Districts, but remained subdued in the San Francisco District.

消費支出は前回のレポート以降ゆるやかに上向きである。ボストン、シカゴ、そしてサンフランシスコ地区で消費者は必需品を購入したり、安価なオプションもしくはプロモーションアイテムを探したりしていた。NY地区では2・3月の小売の販売は強いとの報告があったが、NYの2大小売チェーンでは弱いセールスだったとの報告もあった。クリーブランド地区の小売業者は1年前と比べて高いセールスを報告したが、少数の会合では中小のマーケットのセグメントでかなりストレスが強いと述べた。リッチモンド地区では高額商品を含めてセールスは弱いとの報告があり、ボストン地区ではまちまちのセールスの報告を受け取った。高額商品、特に住宅用家具はボストン、フィラデルフィア、そしてダラス地区では上向きであったが、サンフランシスコ地区では抑制されたままだった。


Automobile sales rose in most Districts. Dallas noted higher foot traffic at auto dealers and Cleveland, Atlanta, and San Francisco indicated that improved availability of credit helped to boost car sales. In the Richmond District, however, vehicle sales were generally unchanged or sluggish, while dealers in the Chicago District reported a slight decline. Contacts in several Districts expressed concern about potential supply chain disruptions due to production problems in Japan.

自動車販売は多くの地区で増加した。ダラス地区では自動車ディーラーに多くの来店があったと記され、クリーブランド、アトランタそしてサンフランシスコではクレジットのアベイラビリティの改善が自動車販売を後押しするのを助けた。いくつかの地区の会合では、日本における生産問題に起因する潜在的なサプライチェーンの混乱についての懸念が表明された。


Tourism strengthened in the New York, Richmond, Atlanta, Minneapolis, Kansas City, and San Francisco Districts, although Japanese tourism in Hawaii dropped. Tourist activity picked up in the Minneapolis and Kansas City Districts, as visitors enjoyed late-winter sports, and early attendance at the Cherry Blossom Festival in Washington, D.C. was above average. New York noted that hotel occupancy and attendance at Broadway theaters rose above year-ago levels.

NY、リッチモンド、アトランタ、ミネアポリス、カンザスシティ、サンフランシスコ地区で観光の動向は強まっているが、ハワイでは日本人の観光客が落ちた。ミネアポリスやカンザスシティ地区ではウィンタースポーツを楽しむ訪問者によって観光の活動が上向きとなり、ワシントンDCの桜まつりの早期開催では(来客数は)平均を上回った。NY地区ではホテルの稼働やブロードウェイの劇場での観客は前年のレベルを上回って増加した。




消費に関しては13日に米小売売上が発表されたが、内訳は以下の通りである(出所:米商務省)。


Retail Sales 20110414.


ガソリンスタンドの売上も2.6%の伸びとなっているものの、高級商品である家具・家財道具は3.6%、電子製品・機器は2.1%伸びているため、家計のコストアップには何とかやりくりできている状況だが、一段とガソリン代が上昇している局面ではやや節約志向に回る可能性も出てくる可能性がある。

観光ではやはり普段日本人が多く訪れるハワイで震災の影響が出ていたようだ。


■非金融サービス業

Nonfinancial Services

Non-financial service firms generally reported expansion, although Minneapolis and Atlanta heard mixed reports. Demand for business-to-business services increased in the Boston, Philadelphia, Richmond, Minneapolis, and San Francisco Districts. Boston and Minneapolis cited stronger demand for advertising and marketing services. In addition, respondents in several Districts reported higher demand for seasonal accounting services. Contacts at firms providing travel-related services in the Atlanta and Richmond Districts also reported an uptick in demand. Kansas City District restaurateurs said sales were up, but the average check amount had declined; in contrast, restaurant contacts in the Atlanta District gave mixed reports and some in the St. Louis District planned to decrease operations.

非金融サービス業は一般的には拡大しているとの報告であったが、ミネアポリスやアトランタではまちまちな報告が聞かれた。BtoBサービスの需要はボストン、フィラデルフィア、リッチモンド、ミネアポリス、サンフランシスコ地区で高まった。ボストンやミネアポリス地区では広告やマーケティングサービスの需要が強まったと述べた。さらに、いくつかの地区では季節的に会計サービスに高い需要があったと回答した。アトランタやリッチモンド地区における旅行関連のサービスを提供する企業の会合では需要が上向きであルとの報告だった。カンザスシティ地区のレストラン経営者は、セールスは伸びたが、支払い単価は減ったと述べた。対照的にアトランタ地区のレストラン業界の会合ではまちまちな報告であり、セントルイス地区のいくつかの会合ではオペレーションの減少を計画していた。


Reports from transportation services firms were mostly positive. Contacts in the Cleveland, Richmond, and Atlanta Districts reported an increase in freight transportation volume, notably for vehicles and construction materials. Dallas received mixed reports, however, citing weaker international demand for intermodal transportation; container volume flattened, while railroads reported moderate increases. Carriers in the Atlanta District reported increased air travel for business and leisure, while airlines in the Dallas District indicated traffic was steady. New York and Richmond cited a strengthening in freight trucking, and port activity rose in the Richmond and San Francisco Districts. Shippers in the Atlanta District anticipated temporary disruptions resulting from the disaster in Japan.

運輸サービス企業ではほとんどでポジティブだったという報告だった。クリーブランド、リッチモンド、そしてアトランタ地区の会合では貨物輸送の量が増加したとの報告があり、特に自動車や建設用資材で顕著だった。しかしながら、ダラス地区では、複合的な輸送の国際的な需要が弱く、コンテナの量は横ばいである一方、鉄道は緩やかに増加しているという、まちまちな報告を受け取った。アトランタ地区のキャリアは、ビジネスやレジャーでの旅行の増加が報告された一方で、ダラス地区の航空会社は輸送量が安定しているとの指摘があった。NYやリッチモンド地区では貨物トラック輸送が強まっていると述べており、リッチモンドやサンフランシスコ地区では港湾活動が上昇した。アトランタ地区の船会社では日本の災害の結果として一時的な混乱を予測していた。




■製造業

Manufacturing

All twelve Districts reported that manufacturing activity increased since their previous reports. Ten of the twelve Districts cited a further pickup in production, while Cleveland and Dallas observed steady to slightly improving activity. Dallas said overall demand in manufacturing rose slightly from low levels, noting gains in food, plastics, and construction-related products. Richmond and Chicago reported substantial increases in auto and auto parts manufacturing. Cleveland indicated that auto production overall dipped slightly, but that domestic automakers showed a substantial rise in production. Moreover, St. Louis mentioned that automobile parts and electrical equipment manufacturers reported plans to open new plants in their District. Boston and Kansas City reported that growth of high-tech goods was strong, but several contacts in the Dallas District said that high-tech shipments to Japanese factories declined. Boston and Richmond District respondents attributed a lack of new contracts from federal government agencies to the uncertainties surrounding the budget for fiscal year 2011. San Francisco reported that makers of commercial aircraft and related parts had modest growth in new orders, which they attributed in part to increased demand for aircraft with greater fuel efficiency. Philadelphia said that manufacturers of fabricated metal products and industrial machinery cited higher demand. Similarly, steel producers and metal service centers in the Cleveland District reported that shipping volume met or exceeded expectations, with shipments driven by energy-related, transportation, and heavy equipment.

全ての12地区では前回の報告以降製造業の活動は増大していたとの報告があった。12地区のうち10地区で生産はさらに上昇したと述べた一方で、クリーブランドやダラス地区では活動がわずかながらも着実に増大していた。ダラス地区では全体的に製造業の需要は低いレベルからわずかに上昇したが、食料、プラスチック、建設関連製品はそうでもなかった。リッチモンドやシカゴ地区では自動車・自動車製品での製造業の活動は持続的に増大していた。クリーブランド地区では自動車製品の製造は全体的にやや落ちているが、国内の自動車メーカーは生産を継続的に増大させていたとの指摘があった。さらにセントルイス地区では自動車部品や電気製品の製造業で同地区に新工場の計画があるとの報告があった。ボストンやカンザスシティ地区ではハイテク製品の伸びは力強いとの報告があったが、ダラス地区のいくつかの会合では日本の工場からのハイテク製品の出荷が減ったと述べた。ボストンやリッチモンド地区の回答者は2011年の予算を巡る不透明さから連邦政府機関からの新規契約が取れなかったことが起因していた。サンフランシスコ地区では商業用航空機や関連部品は新規受注で緩やかに伸びたが、燃費が向上した航空機需要の高まりに起因していた。フィラデルフィア地区では金属加工製品のメーカーや工業用機械に高い需要があると述べた。同様にクリーブランド地区の鉄鋼や金属のサービスセンターでは、エネルギー関連、輸送そして重機の出荷量について、予測に対して一致もしくは超過したとの報告があった。


Comments on the outlook were generally positive. Boston mentioned that manufacturers generally remained cautiously optimistic but voiced greater uncertainty about the outlook for the rest of the year, based on the disruption at Japanese facilities, the geopolitical climate worldwide, and ambiguity about U.S. government spending plans. Likewise, Chicago commented that contacts' optimism was tempered by elevated uncertainties surrounding recent global events. New York and Kansas City stated that contacts remained optimistic about the near-term outlook, and Philadelphia indicated that more than two-thirds of their manufacturers expected business conditions to improve in the next six months.

見通しにおけるコメントは一般的にポジティブなものだった。ボストン地区において製造業は慎重ながらも楽観的に推移しているが、日本のファシリティの混乱、世界的な地政学的な変動、そして米国の政府の支出計画のあいまいさに基いて、年の残りの見通しについて大きな不確実性を声にしていたとの言及があった。同様にシカゴ地区では、会合参加者の楽観度合いは最近のグローバルでの出来事の不確実性の上昇によって弾力化されていた。NYやカンザスシティ地区では、会合は短期間の見通しが楽観的なままであり、フィラデルフィア地区では今後6カ月においてビジネスの状況は改善していると答えた製造業者が2/3を超えたとの指摘があった。



製造業では堅調さが継続しているが、東日本大震災の影響によるサプライチェーンへの打撃については今のところ限定的であるようだ。しかし、4月上旬までの時点では部品在庫がまだ残っている可能性もあり、今後部品在庫がなくなってきたときに操業停止などに追い込まれる可能性もある。今後の企業レベルでの推移は確認が必要だろう。また、先行きに対しては楽観ではあるものの、様々な不透明要因が表れてきていることから、今後の動向には慎重に見ている向きもある。


■不動産・建設

Real Estate and Construction

Real estate markets for single family homes for the most part either were little changed from low levels or continued to weaken across all Districts. Residential construction was described by Chicago as subdued and the spring building season is likely to be slower than previously anticipated. Market activity was still declining in the St. Louis and Minneapolis Districts, while activity in the New York, Cleveland, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts remained weak. Atlanta characterized the market as mixed, with Florida brokers providing most of the signs of improvement. Both Philadelphia and Atlanta noted that brokers expected the market to improve, and builders in the Cleveland District were more optimistic than in the past several months. A few Districts found pockets of improvement. For example, Philadelphia reported that agents were seeing a pickup in inquiries, showings, and traffic, although there was little increase in sales or construction. Boston noted higher activity in just the last few weeks, due in part to improved weather, and Richmond said that the market for lower-priced homes improved. The multifamily markets strengthened in several Districts, including Chicago, Dallas, Minneapolis, and San Francisco, both in terms of leasing and construction activity.

不動産市場は、すべての地区に渡って、大部分が単一世帯住宅で低い水準からわずかに変化したか、弱まり続けている。住宅建設は抑制されており、春の建設シーズンは以前の予想よりもスローだろうとシカゴ地区によって記述された。セントルイスやミネアポリス地区ではマーケットの活動は未だに減少している一方、NYやクリーブランド、カンザスシティ、ダラスそしてサンフランシスコ地区では弱いままである。アトランタ地区では市場はまちまちであると特徴付け、フロリダのブローカーは改善の兆候の多さをみている。フィラデルフィアやアトランタ地区ではブローカーがマーケットは改善すると予測しており、クリーブランド地区のビルダーは過去数カ月よりもより楽観的になっていた。僅かな地区で改善に入っていた。例えばフィラデルフィアでは、販売や建設の増加は小幅であったものの、エージェントの問い合わせや見学、来店が上向いていると報告した。ボストン地区では、ここ数週間で、天候が改善されたため活動が高まっており、リッチモンド地区では低価格の住宅市場が改善しているとの記述があった。マルチファミリー市場はいくつかの地区で、シカゴ、ダラス、ミネアポリス、サンフランシスコを含むが、リースの条件や建設の活動で強化されていた。


Commercial real estate activity remained weak across all Districts, although seven reported slight improvements since their last report. Market activity was still slow in the St. Louis and Philadelphia Districts and remained at low levels in the Boston, Atlanta, and San Francisco Districts. Markets in the San Francisco District were characterized as subdued, but leasing activity increased among technology firms. Most other Districts noted improvements, albeit slight, in activity. For example, Chicago and Kansas City cited moderate gains in construction, with Chicago highlighting gains in healthcare and automotive industries. Improvements in the Cleveland District were also driven by healthcare projects and, to a lesser extent, by manufacturing and energy. Office and industrial leasing improved in the Richmond District, although retail was little changed.

商業用不動産の活動はすべての地区に渡って弱いままであるが、7地区では前回の報告よりもやや改善しているとの報告だった。商業用不動産市場の活動はセントルイスやフィラデルフィア地区は鈍いままであり、ボストン、アトランタ、サンフランシスコ地区では低い水準のままである。サンフランシスコ地区のマーケットでは抑制されていると特徴付けられるが、リース活動はテクノロジーの工場付近で増加している。他のほとんどの地区ではわずかながら活動は改善していると述べた。例えば、シカゴやカンザスシティ地区では建設活動は緩やかに伸びており、、シカゴでのヘルスケアや自動車工場にハイライトが当たっている。クリーブランド地区の改善はヘルスケア施設のプロジェクトや、程度は少ないものの工場やエネルギーのプロジェクトによっても、もたらされている。オフィスや工業用リースはリッチモンド地区で改善しているが、ほとんどの地区ではわずかにしか変わっていない。



■銀行・金融サービス

Banking and Financial Services

Most Districts cited loan demand as either unchanged or slightly improved since the last report, although many of the Districts citing improvements noted weak demand in some market segments. Banks in the Chicago District noted that their pipeline was still not robust, although manufacturing, food processing, and healthcare experienced some growth. Cleveland reported that business lending was strongest in healthcare and in energy. Consumer loan demand showed some improvement in the Richmond and San Francisco Districts, but was little changed in the Chicago District. Overall loan demand was weak or little changed in the Philadelphia and Kansas City Districts, although Philadelphia noted some improvement in commercial and industrial loans and in some types of commercial real estate loans. However, New York described household demand (for both consumer loans and mortgages) as weakening in its District, and St. Louis noted declines across most segments of its market, including real estate, commercial and industrial, and personal loans.

ほとんどの地区でローン需要は前回の報告よりも変わらずか、わずかに改善しているが、多くの地区では改善はいくつかのマーケットのセグメントにおいて弱い需要があると記した。シカゴ地区の銀行では彼らのパイプラインは堅牢ではないが、製造業、食品加工業、ヘルスケアではやや伸びていると表明した。クリーブランド地区ではヘルスケアやエネルギーで企業貸出が強まっているとの報告だった。フィラデルフィア、カンザスシティ地区では全体的にローンの需要は弱いか、やや変化していたが、フィラデルフィア地区では商業用・工業用ローンのいくつかや、商業用不動産のいくつかのタイプのローンで改善との報告があった。しかしかながら、NY地区では家計の需要(消費者ローンもモーゲージも)地区内では弱いと述べ、セントルイス地区では、不動産、商業用、工業用、個人ローンを含むマーケットの多くのセグメントで減少しているとの記述があった。


Several Districts reported that credit standards were unchanged or slightly tighter and that competition for quality loans was intense. For example, Cleveland described credit standards as unchanged, while New York noted no change for consumer loans but tightening for other categories in its District. San Francisco noted that credit standards remained somewhat restrictive. Cleveland characterized loan quality as stable or slightly improved and delinquency rates as stable or trending down. However, New York mentioned an uptick in delinquency rates for commercial and industrial loans. Competition for quality loans was described as intense in the Chicago, Dallas, and San Francisco Districts, putting downward pressures on rates and fees.

いくつかの地区では、信用状況は変化がないか、やや厳しくなっており、融資の質を獲得する競争は激しくなっていたとの報告があった。例えば、クリーブランド地区では信用の状況は変わっていないが、一方でNY地区では消費者ローンで変化がないものの他のカテゴリーでは厳格化しているとの記述があった。クリーブランド地区ではローンの質は安定的かやや改善しており、延滞率は安定しているか減少傾向であると特徴付けた。ローンの質を獲得する競争はシカゴ、ダラス、サンフランシスコ地区で激化しており、金利や手数料に下方圧力がかかっている。



■雇用・賃金・物価

Employment, Wages, and Prices

Most Districts reported that labor market conditions were generally stronger than in their last reports. New York, Richmond, Chicago, Minneapolis, Kansas City, and Dallas all noted increased employment activity, while Boston and Atlanta reported modest or gradual improvement. However, Philadelphia, Cleveland and San Francisco mentioned limited or delayed hiring, while labor market conditions were mixed in the St. Louis District. Boston, New York, Cleveland, Richmond, and Dallas cited noticeable improvements in the manufacturing sector, and Boston and Kansas observed increased labor demand in the technology sector. New York, Cleveland, Richmond, Chicago, and Minneapolis received upbeat reports from staffing agencies. New York said that a major employment agency experienced a marked pickup in hiring activity in March, describing it as "the best month in years." A staffing contact in the Cleveland District noted moderate growth in the number of new job openings, with vacancies concentrated in health care, energy and professional business services. A large staffing firm in the Chicago District reported solid growth in billable hours and a substantial increase in permanent placement and recruiting activity, while contacts in the Philadelphia District were inclined to delay additions to permanent or temporary staff. Employers in the Boston, Richmond, Chicago, and Kansas City Districts said that they were experiencing difficulty in recruiting highly specialized workers. Despite signs of improvement in most labor markets, St. Louis and Minneapolis reported examples of layoffs in the manufacturing sector of their regions.

ほとんどの地区では、労働市場の状況は前回の報告よりも総じて強化されているとの報告だった。NY、リッチモンド、シカゴ、ミネアポリス、カンザスシティ、そしてダラス地区では、雇用の活動は大きくなっており、一方、ボストンやアトランタ地区では緩やかもしくは徐々に改善しているとの報告だった。しかしながら、フィラデルフィア、クリーブランドやサンフランシスコでは採用活動は限定的か遅れているとの言及となっており、一方でボストンやカンザスシティ地区ではテクノロジーセクターで労働需要が高まっていると観測された。NY、クリーブランド、リッチモンド、シカゴ、ミネアポリス地区ではエージェンシーからの求人の報告が上振れていると受け取った。NY地区では、メジャーな雇用のエージェンシーは3月に採用活動が上向きであると感じており、「1年の中で最も良い月間」であると述べた。クリーブランド地区の人材サービスの会合では、新規の求人数が緩やかに伸びており、ヘルスケア、エネルギー、専門的なビジネスサービスに集中していると記した。シカゴ地区の大規模なスタッフサービス会社では請求可能な時間が堅調に伸びており、正社員の配属や就職活動が大幅に増加しているとの報告があった一方で、フィラデルフィア地区の会合では正社員の追加が遅れていることや一時的なスタッフに傾斜しているとの報告だった。ボストン、リッチモンド、シカゴ、カンザスシティ地区の雇用主は高い技術を持った職人の採用が難しいと感じていたと述べた。ほとんどの労働市場で改善の兆候があるにもかかわらず、セントルイスやミネアポリス地区ではそれらの地域で製造業のレイオフの例の報告があった。


Input prices rose in most Districts, particularly for cotton and other agricultural commodities, petroleum-based products, and industrial metals. In addition, shippers added fuel surcharges in several Districts. Boston, Cleveland and Atlanta cited increasing cost pressures, and some manufacturers in Boston were raising their selling price to pass costs along to customers. The ability to pass through increases, however, varied in both the Chicago and Atlanta Districts, with manufacturers generally being more successful than retail or construction firms. Contacts in the San Francisco District reported a limited ability to pass through higher input prices on anything other than food and gasoline. Kansas Cited stated that more manufacturers and retailers expected to raise prices in coming months.

ほとんどの地区で、特にコットンや他の農産物コモディティ、石油製品や工業用金属の投入コストは上昇していた。さらに、いくつかの地区では船主が燃料のサーチャージを増加させた。ボストン、クリーブランド、アトランタ地区では、コスト圧力が増大し、ボストンのいくつかの製造業では販売価格を消費者へ転嫁を行った。しかしながら、価格転嫁の能力は増大しているが、シカゴ、アトランタの両地区では変化があり、総じて製造業が建設や小売に比べて価格転嫁に成功しているとの報告があった。サンフランシスコ地区の会合では、食料やガソリン以上に、他の製品におけて高い投入コストを転嫁できる能力は限定的であるとの報告があった。カンザスシティ地区では、より多くの製造業者や小売業者が近々に値上げを予想していると述べた。


Wage pressures were reported to be mostly contained, especially in the Philadelphia, Cleveland, Minneapolis, Dallas, and San Francisco Districts. Kansas City noted wages generally held steady, even with expanded hiring, and wage pressures were expected to be contained except for highly competitive or specialized positions. Wage pressures were described as modest in the Chicago District. However, Richmond reported slightly faster wage increases. Boston reported that nearly all of the manufacturing firms that they contacted planned to implement merit increases, and one contact planned a greater merit pool next year to compensate for previous low raises. Philadelphia noted some concern about rising nonwage employment costs, but wages for business firms in the District were mostly steady.

特にフィラデルフィア、クリーブランド、ミネアポリス、ダラス、サンフランシスコ地区で、賃金の圧力はほとんど落ち着いていた。カンザスシティ地区では採用活動の拡大に伴い総じて着実に伸びており、賃金圧力は競争の激しいところや特別なポジションで高くなるとの予想も含まれている。ボストン地区ではほとんどすべての製造業の企業で手当のインプリメントを計画しており、一つの会合では前年の低い昇給を補うために翌年に大きな手当の蓄えを計画していた。フィラデルフィア地区では賃金以外の雇用コストの増大についていくつかの懸念があると記されたが、地区内の企業における賃金は殆ど安定している。



雇用については順調に回復を示している。一方で物価についてはコモディティ価格などの上昇から投入コストが増大している。製造業は価格転嫁しやすいものの、そもそも需要がない建設や小売関連などでは難しいとの報告もある。価格転嫁すれば消費者のインフレ期待は高まるものの、企業にとってはマージンが確保できるのでこの点でポジティブといえるが、価格転嫁が難しい業界ではマージン確保が難しくなってきているというイメージもあろう。Fed内部では、価格転嫁については需要がそれ程拡大しているわけではないので限定的であるとの見方がある一方で、今後広範囲に価格転嫁が行われていけばインフレ期待の高まりにもつながるため、この点は緊密に監視していくということで合意している。従って、今後は、価格転嫁が一部の動きかつテンポラリーなものに留まるのか、それとも広範囲かつ持続的に行われていくのかがポイントであり、コモディティ価格がさらに上昇基調を強めるようであれば後者の蓋然性が高まっていく可能性がある。広範囲に価格転嫁が進み、また一時的なものに留まらないようであれば、Fedでも警戒材料として意識されていくものと思われる



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  FOMC  マクロ 
tb: 0   cm: 0

« China View Mar.2011~引き締め加速へ  |  Global Market Weekly Focus 4.11-15 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/422-5b0db9b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。