08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

定点観測~米4月製造業業況 

5月2日に米ISM製造業景気指数が発表された。以下はISM製造業景気指数の推移(出所:ISM)。


ISM Mfg.



内訳(出所:ISM)


ISM Mfg Detail 20110503.



4月のISM製造業景気指数は60.4となり、2カ月連続で低下してきているが、市場予想は上回っている。業況は拡大しているものの、今年序盤の水準からはややピークアウト感も出てきている。ISMでは18業種のうち家具・家財関連以外の17業種で伸びているとの報告であった。業況についての報告は以下の通りである。

・"Rapidly rising raw material costs putting extreme pressure on profits." (Food, Beverage & Tobacco Products)
原材料コストの急速な上昇は利益に極度のプレッシャーを与えている。


・"Customers are rebuilding safety stock levels of inventory, and also trying to buy ahead of material price increases." (Plastics & Rubber Products)
顧客は十分なレベルの在庫を再構築しており、資材価格が上昇する前に買い入れようとしている。


・"Market continues to get stronger month over month. Recovery is faster than anticipated." (Transportation Equipment)
市場は毎月ごとに力強さが増している。回復は予想したよりも速い。


・"Pressure from offshore suppliers continues to mount with exchange rate increases and seasonal demand for capacity." (Miscellaneous Manufacturing)
海外からのサプライヤーの圧力は、為替レートの上昇や季節的なキャパシティの需要によって大きくなっている。



とあり、業況についても力強いが、原材料コストの上昇への懸念も指摘されている。前月は東日本大震災のサプライチェーンの影響についても懸念されていたが、4月の段階ではそれに関する言及はなかった。価格指数は85.5にまで上昇しており、現段階ではサプライチェーンの障害以上に原材料の価格高騰の方がリスクファクターとして意識されているようだ


新規受注は61.7となっており、前月の63.3から低下、また在庫指数は47.4から53.6にまで上昇しており、受注のモメンタム低下と在庫投資の動きが出てきている。受注と在庫のバランスは引き続き良好ではあるが、やや在庫の積み上がりペースが速まっているようだ。また生産もモメンタムを落としてきており、製造業の業況は全般的に2月がピークでそこからややスローダウンしてきている印象もある。しかし、現段階では需要は堅調であることから、今のところはそれほど大きく下押すものではないということだろう。以下のグラフはISM製造業先行指数(在庫/新規受注レシオ)と生産指数(出所:ISM)。


Inventories-orders 20110503.



雇用指数は62.7となっており、2月の64.5からは低下してした。以下のグラフは雇用指数と製造工業雇用者数の推移(出所:ISM・米労働省)。


ISM Employment 20110503.



製造業の雇用のペースに付いてもスローダウンが示唆されている。しかし、それでも急な落ち込みではないことから、底堅く推移しているといったところであり、製造業の雇用のモメンタムはは一時期の強さはなくなってきているものの、引き続き安定しているといった感じだろう。但し、週間の新規失業保険申請件数が示すとおり、4月に入って以降雇用市場にやや変調の兆しが出始めていることも確かであり、今後雇用統計発表までの雇用データには一喜一憂の展開が見込まれるものと思われる。




人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 米国  マクロ 
tb: 0   cm: 0

« ECB理事会~6月利上げは示唆されず  |  Global Market Weekly Focus 5.2-6 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/433-fe5ed313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。