04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~一部地区で経済活動が「やや減速」 

6月8日にFedはベージュブックを公表した。以下はサマリーの抄訳である(全文はFedサイト参照)。


(サマリー)

Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicated that economic activity generally continued to expand since the last report, though a few Districts indicated some deceleration. Some slowing in the pace of growth was noted in the New York, Philadelphia, Atlanta, and Chicago Districts. In contrast, Dallas characterized that region's economy as accelerating. Other Districts indicated that growth continued at a steady pace. Manufacturing activity continued to expand in most parts of the country, though a number of Districts noted some slowing in the pace of growth. Activity in the non-financial service sectors expanded at a steady pace, led by industries related to information technology and business and professional services.


12地区連銀管轄地域の報告では、前回の報告以降経済活動は徐々に拡大を続けているが、いくつかの地区ではやや減速していると指摘した。NY、フィラデルフィア、アトランタ、シカゴ地区では成長のペースがやや緩やかになっているとの言及だった。対照的にダラス地区では地域経済が加速していると特徴付けた。他の地区では着実なペースで成長が継続していたとの指摘だった。製造業の活動は殆どの地域で拡大しているが、いくつかの地域ではそのペースがやや緩やかだと言及した。非金融サービスセクターの活動は着実なペースで拡大し、情報テクノロジーやビジネス、専門的なサービスが主導した。


Consumer spending was mixed, with most Districts indicating steady to modestly increasing activity. Elevated food and energy prices, as well as unfavorable weather in some parts of the country, were said to be weighing on consumers' propensity to spend. Auto sales were mixed but fairly robust in most of the country, though some slowing was noted in the Northeastern regions. Widespread supply disruptions--primarily related to the disaster in Japan--were reported to have substantially reduced the flow of new automobiles into dealers' inventories, which in turn held down sales in some Districts. Widespread shortages of used cars were also reported to be driving up prices. Tourism activity improved in most Districts.


消費支出はまちまちで、ほとんどの地区では活動が緩やかに安定していると指摘した。国のいくつかの地域での天候不順や食料や燃料の価格の高止まりが消費者の消費性向の重しとなったと言及された。自動車販売はまちまちだが、国の殆どの地域でかなりしっかしていた。しかし北東部ではやや減速しているとの指摘だった。主に日本の災害に関連付けられた広範囲な供給断絶が実質的にディーラーの在庫から新車のフローが減ったとの報告だった。中古車の広範な不足も自動車の価格を引き上げることになったとの報告だった。観光は殆どの地域で改善した。


Residential construction and real estate continued to show widespread weakness, except in the rental segment, where market conditions have strengthened and construction activity and development have picked up. Non-residential real estate leasing markets have been generally stable, while construction activity has remained very subdued. Loan demand was steady to stronger in most Districts, especially in the commercial and industrial sector, and widespread improvement was reported in credit quality.


住宅建設は、賃貸部門を除くと、広範囲で弱さが現れたままだった。練達部門のマーケットの状況は強化され、建設活動や開発は上向きだった。非住居用不動産リースの市場は徐々に安定してきているが、建設活動は抑制されたままである。特に商業用や工業用のセクターにおける貸出需要は殆どの地域で着実に強化され、信用の質は広範囲で改善が報告された。



Agricultural conditions were unfavorable across much of the nation, largely reflecting unseasonably cool and wet weather; widespread flooding along the Mississippi River hampered agricultural production in the Atlanta and St. Louis Districts. In the Dallas District, in contrast, drought conditions hurt the wheat crop and led to broader damage from wildfires. The energy industry showed continued strength, with robust expansion in oil drilling and extraction activity.

農業の状況は国の大半で不利な状況となり、専ら季節外れの寒さや乾燥した天候の影響を受けた。ミシシッピ川での広範囲な洪水はアトランタやセントルイス地区で農業の生産を阻害した。対照的にダラス地区では、旱魃によって小麦の生育を傷めつけられ、山火事によって広く打撃を負った。エネルギー産業は強さが継続しており、掘削や抽出活動は堅調な拡大を示した。


Labor market conditions continued to improve gradually across most of the nation, with a number of Districts noting a short supply of workers with specialized technical skills. Wage growth generally remained modest, though there were scattered reports of steeper increases for highly skilled workers in certain occupations. Most Districts continued to report widespread increases in commodity prices; manufacturers are said to be passing along a portion of the higher costs in the form of price hikes and fuel surcharges.


労働市場の状況は国の大半で改善が続いているが、いくつかの地域では技術に特化した人材の供給が細っていた。賃金の伸びは緩やかなままだったが、特定の職業で高い技術を持った技術者の賃金は急上昇した。殆どの地域でコモディティ価格は広範に上昇したとの報告があった。製造業者は燃料価格の上昇やサーチャージで高くなっているコストの一部を転嫁すると述べた。




・Consumer Spending and Tourism(消費及び観光)

Consumer spending was generally described as steady to up modestly since the last report, with most Districts indicating small increases from a year ago. Non-auto retail sales were indicated to be expanding steadily in the Philadelphia, Cleveland, Minneapolis, Kansas City and Dallas Districts, while sales were characterized as stable or decelerating in the New York, Atlanta, Chicago, St. Louis and San Francisco Districts. Sales were reported to have declined in the Richmond District, and Boston described sales as mixed but generally down from a year earlier. Retail inventories were generally said to be at satisfactory levels, though St. Louis characterized inventory levels as being on the high side. A number of Districts noted that a combination of unfavorable weather and high fuel and food prices have weighed on consumer spending in recent weeks. Cleveland and San Francisco noted increased spending on discretionary items, and Philadelphia indicated that some luxury goods retailers fared relatively well. On the other hand, Chicago reported a decline in discretionary spending.


消費支出は前回の報告以降、広範囲に緩やかながら着実であったと述べており、殆どの地域では昨年に比べ小さな増加だったとの指摘があった。自動車以外の小売売上は、フィラデルフィア、クリーブランド、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラス地区で順調に拡大していると指摘されたが、NY、アトランタ、シカゴ、セントルイス、そしてサンフランシスコ地区では安定もしくは減速していると特徴付けられた。リッチモンド地区では販売が減少したとの報告があり、ボストン地区では販売がまちまちだが年の序盤からは総じて落ちてきているとの指摘だった。販売在庫は総じて満足がいく水準であるが、セントルイス地区では在庫水準は高いものとなっていると特徴づけられた。いくつかの地区では、ここ数週間で、好ましくない天候や高い燃料及び食品の価格が消費支出に重石になってきていると述べた。クリーブランドやサンフランシスコでは任意の商品の消費が増加していると述べており、フィラデルフィアではぜいたく品を扱う小売業者が相対的に善戦しているとの指摘があった。一方、シカゴ地区では(生活必需品以外の)任意の商品の支出が減っているとの報告だった。


Most Districts reporting on vehicle sales indicated that they have been steady to stronger since the last report, specifically Richmond, Chicago, St. Louis, Kansas City, Dallas and San Francisco. In addition, Atlanta noted firm demand for automobiles. On the other hand, some softening in car sales was noted in the northeastern Districts of New York, Philadelphia and Cleveland. Many Districts indicated that supply disruptions, primarily from Japan, have contributed to lean inventories, which have impeded auto sales somewhat. There has also been widespread tightening in the market for used cars, reflecting both strong demand and a shortage of inventory. Shifts in consumer demand toward smaller, more fuel efficient cars were noted in the Philadelphia, Cleveland, and Chicago Districts, while St. Louis mentioned a shift from higher-end to lower-end models.

ほとんどの地区における自動車販売の報告では、特にリッチモンド、シカゴ、セントルイス、カンザスシティ及びサンフランシスコ地区で、前回の報告以降着実もしくは強化されているとの報告だった。アトランタ地区では自動車の堅調な需要があるとの報告だった。一方で、いくつかの地区では自動車販売がやや減速しているとNYやフィラデルフィアやクリーブランドの北東地区で述べられた。多くの地区では、主に日本からの供給断絶が在庫を吐き出していると述べており、自動車販売をいくぶん妨げていた。中古車のマーケットは広範にタイトとなってきており、強い需要と在庫不足を反映していた。消費者の需要はより小型で燃費効率のよいに自動車にシフトしているとフィラデルフィア、クリーブランド、カンザスシティ地区では言及された一方、セントルイス地区ではハイエンドモデルからローエンドモデルにシフトしているとの言及だった。


Tourism activity has generally strengthened since the last report, and the outlook for the summer season looks positive. Improvement in this sector was reported in the Richmond, Atlanta, Kansas City, and San Francisco Districts; in addition, New York reported that tourism increased in April but appeared to edge back in early May. Dallas maintained that travel activity has been mixed, while Minneapolis indicated that tourism has been slow recently due to adverse weather, but that inquiries and advance bookings for the summer season look strong. St. Louis noted that flooding forced the temporary closure of numerous casinos along the Mississippi River.

観光業は前回の報告以降徐々に強化されており、夏場のシーズンはポジティブな見通しだった。このセクターの改善は、リッチモンド、アトランタ、カンザスシティそしてサンフランシスコで報告された。さらにNY地区では4月に観光は増加したが、5月初旬にはやや後退がみられたとの報告だった。ダラス地区では旅行の活動はまちまちなままであり、一方でミネアポリスでは観光が悪天候の影響で減速したとの報告だったが、夏場のシーズンの予約の問い合わせは強いように見える。セントルイス地区では洪水がミシシッピ川沿いの多くのカジノで一時的な閉鎖に追い込んだとの言及があった。



・Nonfinancial Services(非金融サービス業)

Activity in the non-financial service sectors continued to strengthen in most Districts, with the notable exception of St. Louis, which reported fairly widespread declines. Service sector activity generally expanded in the Boston, New York, Philadelphia, Richmond, Minneapolis, Kansas City and Dallas Districts, though Richmond noted deceleration in the pace of growth. There were also pockets of strength in particular sectors. Information technology firms saw activity expand in the Boston, Richmond, Minneapolis, Kansas City, and San Francisco Districts. Employment agencies in the Boston and Chicago Districts indicated continued improvement in activity, while New York and Dallas reported some slowing in this industry. New York, Richmond and Minneapolis cited strengthening in business and professional services, while San Francisco indicated steady to mixed activity in this sector.


非金融サービス業の活動はほとんどの地区で強化され続けた一方で、セントルイス地区は、広範囲で減速したとのことで、注目すべき例外だった。サービス業の活動はボストン、NY、フィラデルフィア、リッチモンド、ミネアポリス、カンザスシティ及びダラス地区で総じて拡大したが、リッチモンド地区では成長ペースが減速したとの指摘だった。特定の分野で強さに凹みがあった。情報技術の企業はボストン、リッチモンド、ミネアポリス、カンザスシティそしてサンフランシスコ地区で拡大しているようにみえた。ボストンやシカゴ地区の職業エージェントは活動が改善し続けているとの指摘があったが、一方でNYやダラス地区ではやや減速しているとの報告だった。NY、リッチモンド及びミネアポリス地区ではビジネス及び専門的なサービスが強化されていると述べたが、サンフランシスコ地区ではまちまちながら活動が安定していると指摘した。


Activity in the transportation sector improved in the Cleveland, Atlanta, Kansas City and Dallas Districts. Philadelphia and Richmond noted some slowing in growth, and New York reported steady shipping activity, while San Francisco indicated a slowdown in cargo traffic at Southern California seaports. Dallas also reported weakening in container trade volumes but noted increases in cargo volume, railroad shipments and small parcel shipments.

輸送セクターの活動はクリーブランド、アトランタ、カンザスシティ、ダラス地区で改善した。フィラデルフィアやリッチモンドでは伸びが減速したとの言及があり、NY地区では出荷活動が安定しているとの報告があった一方で、サンフランシスコでは南カリフォルニアでの貨物輸送がスローダウンしているとの指摘があった。ダラス地区でもコンテナ輸送量が弱くなっているとの報告だったが、鉄道や小包貨物の量は増加しているとの言及だった。



・Manufacturing(製造業)

Manufacturing activity was reported as continuing to increase since the last report in all but two districts, although many noted that the pace of growth had slowed. The Boston, Atlanta, St. Louis, Minneapolis, and San Francisco, Districts reported that activity expanded, and the Dallas District reported a pickup in demand; the Philadelphia, Richmond, Chicago, and Kansas City Districts reported that activity expanded but at a slower pace, while activity was reported as steady in the New York District and stable to growing in the Cleveland District. Supply disruptions related to the earthquake in Japan led to reduced production of automobiles and auto parts in several Districts. The Cleveland District noted a sharp drop in auto production, the Atlanta and St. Louis Districts also saw production fall, and auto deliveries were reported as having declined in the Richmond District. The Atlanta District said lost production in its region would be made up later in the year. Contacts in the Chicago District said that contingency plans to deal with supply disruptions were helpful in mitigating the effects. High-tech firms in the Boston and Dallas Districts reported that shortages of parts, due to disruptions in Japan, had adverse effects on business; in contrast, there were few supply constraints that affected technology-related products in the San Francisco District.


製造業の活動は前回の報告以降2つの地区を除いて拡大が継続していると報告されたが、多くの地区ではその伸びが減速しているとの言及だった。ボストン、アトランタ、リッチモンド、シカゴ地区では活動は拡大しているとの報告であり、ダラス地区では需要が上向きであるとの報告だった。一方でフィラデルフィアやリッチモンド、シカゴ及びカンザスシティ地区では活動が拡大しているがよりスローペースになっているとの報告だった一方で、NY地区では活動が着実でありクリーブランド地区では伸びが安定しているとの報告だった。日本の震災に関連付けられた供給断絶は複数の地区で自動車や自動車部品の生産を減少させた。クリーブランド地区では自動車生産が急落したとの指摘だった。アトランタやセントルイス地区でも生産が落ち込み、リッチモンド地区では自動車の配送が落ち込んだとの報告があった。アトランタ地区では地域で生産が失われたが、年後半には立ち上がると言及があった。対照的にシカゴ地区では供給障害に対処する危機管理計画が影響を緩和したと述べた。ボストンやダラス地区のハイテク企業では日本の災害の影響で部品の不足がビジネスに副作用があったとしたが、対照的にサンフランシスコ地区ではテクノロジー関連生産での供給障害の影響は限定的だったとの報告があった。



Growth was reported as strong for semiconductors in the San Francisco and Boston Districts. The Cleveland District reported that steel producers were seeing shipping volumes level off after a strong first quarter performance, and the Chicago District noted a decline in second quarter orders for industrial metals, although orders for the third quarter were coming in at a more positive pace. A contact in the Richmond District said that demand for industrial metals had leveled off. The Chicago District reported a decline in activity for construction materials and household goods. Production remained strong for makers of commercial aircraft and parts in the San Francisco District.

サンフランシス、ボストン地区での半導体製造の伸びは強まっているとの報告があった。クリーブランド地区では鉄鋼生産が強い第1四半期のあとは横ばいの出荷量となっているように思われ、シカゴ地区では産業用金属の受注が第2四半期に減少したが、第3四半期はより前向きなペースで受注が来ているとの指摘があった。リッチモンド地区の会合では、産業用金属の需要は横ばいであるとの言及だった。シカゴ地区では建設用金属及び家庭用製品の生産活動は減少しているとの報告だった。サンフランシスコ地区では商業用旅客機や部品のメーカーで生産は強いままだった。


Looking forward, contacts in most districts were generally optimistic about the outlook, although less so than the last report. The Cleveland District said that the majority of manufacturing contacts maintained a favorable outlook, although some are delaying the start of capital projects. Contacts were generally cautiously optimistic in the Boston District, although some expect sales growth to moderate. Contacts were mostly positive about the outlook in the Philadelphia District, though the level of optimism was not quite as strong as in the last report. Chicago District contacts expect conditions to rebound in the coming months. A majority of contacts in the Atlanta District planned to increase production.

先行きでは、ほとんどの地区の会合では、総じて見通しは楽観的だったが、前回の報告よりは減っている。クリーブランド地区では製造業の大部分の会合で先行きにおいて好ましい見通しを維持しているが、いくつかの会合では資本プロジェクトの開始が遅延しているとの言及だった。ボストン地区では会合では総じて慎重な楽観見通しだったが、いくつかの会合では販売の伸びは緩やかになると予想した。フィラデルフィア地区の会合では見通しについてほとんどが前向きだったが、楽観度合いは前回と同じように非常に強いわけではない。シカゴ地区の会合では、業況は今後数カ月でリバウンドを期待している。アトランタ地区の会合の大多数で生産増加の計画を立てた。




・Real Estate and Construction(不動産及び建設)

Residential real estate sales markets showed continued weakness in most Districts, while rental markets strengthened. Most Districts indicate that home prices have declined since the last report: Boston, Philadelphia, Richmond, Atlanta, Kansas City, and San Francisco all report some downward drift in selling prices, while reports from the New York and Cleveland Districts indicate that prices have been steady, on balance. No district indicates a general increase in home prices. Sales activity, though widely reported to be at low levels, picked up somewhat in the Philadelphia, Atlanta, Chicago, and Kansas City Districts. Dallas indicated that improved traffic has raised prospects of improved sales in the second half of 2011, and Boston observed signs that the market is stabilizing. Sales activity was characterized as mostly steady in the New York, Cleveland, Dallas and San Francisco Districts, but declining in the St. Louis and Minneapolis Districts. Those Districts reporting on the residential rental market--specifically, New York, Atlanta, Chicago, Minneapolis, Dallas, and San Francisco--all indicate that conditions have strengthened. In terms of residential construction, activity has remained generally depressed, with a number of Districts reporting a large overhang of distressed properties. However, a number of Districts--New York, Cleveland, Atlanta, Chicago, and San Francisco--report improved prospects for development of multi-family rental properties.

住宅用不動産市場はほとんどの地区で弱さが継続していたが、賃貸市場は強まっていた。ほとんどの地区では、住宅価格は前回の報告以降下がっているとの指摘があった。ボストン、フィラデルフィア、リッチモンド、アトランタ、カンザスシティ及びサンフランシスコ地区では、販売価格がやや下げ足を速めているとの指摘があった。販売活動は、広く低い水準であるとの報告であったが、フィラデルフィア、アトランタ、シカゴ、そしてカンザスシティ地区でやや上向きであった。ダラス地区ではトラフィックの改善が2011年後半の販売見通しを上向きにさせ、ボストンでは市場が安定化している兆しがあるとの認識だった。販売活動はNY、クリーブランド、ダラス及びサンフランシスコ地区で着実になっていると特徴付けられたが、セントルイスやミネアポリス地区では減少していた。これらの地区では、特にNY、アトランタ、シカゴ、ミネアポリス及びサンフランシスコ地区において、賃貸住宅市場の状況が強化されているとの指摘だった。住宅建設では、活動は総じて抑えこまれているが、いくつかの地域ではディストレスト不動産の供給過剰が報告されている。しかし、NY、クリーブランド、アトランタ、シカゴ及びサンフランシスコといった、いくつかの地区では複数家族の賃貸不動産の開発見通しが改善したとの報告だった。


Commercial and industrial real estate markets have generally been steady since the last report, though there have been scattered signs of a pickup. Commercial leasing markets showed modest signs of improvement in the Richmond and San Francisco Districts. Boston and Dallas noted some firming in property sales markets, but Kansas City reported declines in prices for office buildings. Non-residential construction, though widely reported to be at very low levels, rose modestly in the Boston, Chicago, Minneapolis, and Dallas Districts, though Chicago noted that public sector projects are becoming smaller. Cleveland observed a pickup in industrial and high-end commercial development but a pullback in healthcare-related projects. Richmond reported some pockets of strength in the retail market. More broadly, contacts in a number of Districts expressed a general sense of optimism about the outlook for the second half of 2011.


商業用及び工業用の不動産は前回の報告以降総じて安定しているが、上向きのサインも散発的に出てきている。商業用リースの市場はリッチモンドやサンフランシスコ地区で緩やかな改善のサインが表れていたが、カンザスシティ地区ではオフィスビルの価格が下落しているとの報告だった。非住居用建設は、広範囲でとても低い水準にあるものの、ボストン、シカゴ、ミネアポリス及びダラス地区で緩やかに上昇したが、シカゴ地区では公共セクターのプロジェクトが縮小しているとの報告だった。クリーブランド地区では、産業用やハイエンドな商業用開発が上向きであるが、ヘルスケアに関連したプロジェクトは押されているとの観測だった。リッチモンド地区では、小売業のマーケットの強さにやや凹みがあるとの報告だった。より広範的に、いくつかの地区の建設は2011年の後半の見通しについて総じて楽観的な感触を表明した。




・Banking and Finance(銀行金融)

Most Districts described loan demand as mixed or slightly improved since the last report. Consumer loan demand showed some improvement in the Cleveland, Richmond, and St. Louis Districts, but held steady or weakened in the New York, Atlanta, Dallas, and San Francisco Districts. Demand for residential mortgages (including new purchases and refinances) increased in Cleveland but held steady in New York, Richmond, St. Louis, and Kansas City. Contacts in the Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, Dallas, and San Francisco Districts noted a modest uptick in business loan demand. The increase in business loan demand in Cleveland was described as broad-based, including a pickup in construction loan requests for multi-family dwellings. Boston noted an improved lending environment for commercial real estate, and demand for commercial mortgages increased in New York and Dallas. Commercial and industrial loan activity increased in Richmond, Chicago, St. Louis, Dallas, and San Francisco, held steady in New York, and decreased in Kansas City. Outside of banking, Chicago and San Francisco indicated increased investment activity by hedge funds, venture capital firms, and other forms of private equity.

多くの地区では、ローンの需要は前回の報告以降まちまちか、若干改善しているとの記述だった。消費者ローンの需要はクリーブランド、リッチモンド及びセントルイス地区でやや改善しているが、NY、アトランタ、ダラス及びサンフランシスコ地区では安定したままか弱いままであった。住居用モーゲージの需要(新規購入及びリファイナンスを含む)はクリーブランドで伸びているが、NY、リッチモンド、セントルイス及びカンザスシティ地区では安定しているままだった。フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、ダラス及びサンフランシスコ地区の会合ではビジネスローンの需要が緩やかに上向いているとの指摘があった。クリーブランド地区でのビジネスローンの需要の増加は広範囲に渡っており、複数家族居住用の建設用ローンの要請が上向きになっていることを含んでいる。ボストン地区では商業用不動産ローンの貸出環境が改善しているとの指摘であり、商業用不動産モーゲージの需要はNY及びダラス地区で増加した。商業用・工業用ローンの活動はリッチモンド、シカゴ、セントルイス、ダラスそしてサンフランシスコ地区で増加したが、カンザスシティ地区では減少した。銀行以外では、シカゴやサンフランシスコ地区ではヘッジファンドや他のプライベート・エクイティの形態による投資活動が増加しているとの指摘だった。


Credit standards were reported to be mixed but, on balance, a bit easier in recent weeks. New York, Cleveland, and Atlanta noted increased credit availability for automobile loans; Atlanta, Minneapolis and San Francisco indicated easier credit for some types of business loans. Boston reported some easing in commercial real estate lending, but New York reported tighter standards in that segment. Credit standards on home mortgage loans tightened somewhat in the St. Louis District. A number of Districts noted improvements in overall credit quality: specifically, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Kansas City, Dallas, and San Francisco. New York indicated rising delinquency rates on consumer loans but declining rates on commercial loans and mortgages.

信用基準はまちまちであるが、バランスよくここ数週間で若干緩和されたとの報告があった。NY、クリーブランドそしてアトランタ地区では自動車ローンの信用のアベイラビリティが増大したとの報告だった。アトランタ、ミネアポリス、サンフランシスコ地区では、ビジネスローンのいくつかのタイプで信用が緩和されているとの指摘だった。ボストン地区では商業用不動産の貸出がやや緩和しているとの報告があった。セントルイス地区ではモーゲージローンの信用基準がやや厳しくなった。いくつかの地区、特にフィラデルフィア、クリーブランド、カンザスシティ、ダラス及びサンフランシスコ地区では全体的に信用の質が改善したとの報告だった。NY地区では消費者ローンの延滞率が上昇したが、商業用及びモーゲージローンの延滞率は減少したとの指摘があった。




(農業の業況は省略)


・Employment, Wages, and Prices(雇用・賃金・物価)

Most Districts reported gradual improvement in labor market conditions since their last reports. Boston, New York, Richmond, Atlanta, Chicago, Minneapolis, Kansas City, and Dallas all noted general improvement in employment conditions, while job growth was mostly limited to the manufacturing sector in the Cleveland and St. Louis Districts. Demand for permanent and temporary-to-permanent hiring increased in the Boston, Richmond, Atlanta, and Chicago Districts. While labor was generally available, contacts in the Boston, Atlanta, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts indicated that labor market conditions have tightened for workers with specialized technical skills, particularly in the healthcare and technology sectors. Despite signs of continued modest improvement in most labor markets, Minneapolis noted several examples of expected layoffs and St. Louis reported plans for layoffs in the District's services sector.


ほとんどの地区では、労働市場の状況は前回の報告以降徐々に改善しているとの報告があった。ボストン、NY、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、ミネアポリス、カンザスシティ及びダラス地区では総じて雇用環境は改善しているが、一方で雇用の伸びはクリーブランド及びセントルイス地区で製造業において殆ど限定的であった。正社員及び臨時から正社員への採用の需要はボストン、リッチモンド、アトランタ及びシカゴ地区で増加した。労働力は総じて入手しやすいが、ボストン、アトランタ、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラス及びサンフランシスコ地区では、労働市場の状況は、特に介護やテクノロジーのセクターにおいて特化した技術職を持っている人材がタイトになっているとの指摘があった。ほとんどの労働市場において緩やかな改善が継続しているサインがあるにもかかわらず、ミネアポリス地区では、レイオフ予想のいくつかの例が報告され、セントルイス地区では、地区のサービス業においてレイオフの計画が報告された。


Wage pressures were reported to be largely contained in most Districts, as abundant labor availability has continued to limit the pace of wage growth. Modest wage pressures were reported in the Boston, Cleveland, Chicago, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts, while wages were reported as steady in New York and Philadelphia. However, contacts in the Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts noted that wage increases have been more significant for some highly skilled workers in occupations with labor shortages. Firms' expectations for labor and benefits costs moderated slightly in Atlanta.

賃金上昇圧力はほとんどの地区で、労働状況において賃金上昇のペースが限定的なままであるということを含んでいるとの報告があった。緩慢な賃金上昇圧力はボストン、クリーブランド、ミネアポリス及びサンフランシスコ地区で報告されているが、一方でNY及びフィラデルフィア地区では着実であると報告された。しかし、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラスそしてサンフランシスコ地区の会合では、いくつかの高い技術を持った人材が、労働不足でもあり、強く上昇している。企業の労働及びベネフィットコストの予測はアトランタでやや減速した。


Input prices continued to increase in most Districts, particularly for agricultural commodities, petroleum-based products, and industrial metals, although the pace of growth slowed in the Chicago and Kansas City Districts. In addition, several Districts reported that fuel surcharges have increased or become more widely used since the last report. While Boston indicated that firms were able to pass along most input price increases into selling prices, contacts in Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco noted only a limited ability to pass through these cost increases to their customers, with manufacturers generally being more successful than retail or construction firms. In general, selling prices increased only modestly, except for food and energy prices, which continued to escalate. In addition, low inventory levels contributed to price increases for used cars in the New York, Cleveland, Chicago, and San Francisco Districts. Plans to implement future increases in selling prices were reported in the Boston, New York, Chicago, and Dallas Districts.

投入価格、特に農産物や石油製品、産業用金属はほとんどの地区で上昇しているが、シカゴやカンザスシティ地区ではそのペースがスローになった。さらに、複数の地区で、前回の報告以降、燃料サーチャージは引き上げられているか、もしくはさらに広範に渡って引き上げられた。ボストン地区では企業は販売価格に投入価格を転嫁することができたと指摘したが、フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、シカゴ、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラス、そしてサンフランシスコ地区の会合では、顧客に価格転嫁をする能力に限度があり、製造業の方が小売や建設業よりも価格転嫁に成功しているとの指摘があった。総じて、価格が上昇し続けている食料やエネルギーを除いた販売価格は緩慢な上昇でしかない。さらにNY、クリーブランド、シカゴ及びサンフランシスコ地区では、低い在庫水準が中古車の価格上昇に寄与している。今後における販売価格設定の計画はボストン、NY、シカゴ、そしてダラス地区で引き上げられると報告された。




ポイントからすれば、以下の通りにまとめられる。


・経済活動・・・前回から下方修正、一部地区で減速を確認。
・消費及び観光・・・消費支出は緩やかながら上向きであるが、まちまちとなっていることを確認。先行きの業況に関しても楽観度合いがやや低下した。年後半には持ち直すとの見通し。
・製造業の活動・・・拡大からスローダウン。東日本大震災の影響で供給断絶が起こっていると指摘されている。自動車セクターの落ち込みについて言及している。
・不動産・建設・・・弱いままとなっており、商業用不動産よりも住宅の低迷が際立っている。但し賃貸住宅は改善しているとの報告。
・銀行・金融サービス・・・信用市場は改善が続いているが、そのペースは緩慢である。
・雇用・・・総じて改善はしているものの、一部地域で一時的なレイオフが発生している。
・インフレ・・・原材料価格については高止まりを示すものの、コモディティ市場の調整によってやや緩和されている可能性。価格転嫁能力は製造業で強まっているが、建設や小売などは厳しい。
・賃金・・・上昇圧力は限定的であることが示された。但し、スキルを持った専門職で高くなる傾向が示されている。


これにより、FOMCの景気の見通しとしては、景気は緩やかなペースで進展しているものの、やや減速感を示した内容となる可能性がある。インフレの見通しとしては商品市場の価格によって押し上げられているものの、賃金上方プレッシャーは限定的であることから経済にゆるみ(スラック)が残っていると判断されるものとみられる。また、価格転嫁がそれ程広がっていないことで、消費者などのインフレ期待が安定しているとの見方を裏付けることになるものと思われる。従って、現状のインフレについては一時的(transitory)であるとの見方を踏襲する可能性が強い。政策面においてはインフレを注視していく姿勢には変わりがないものの、拙速な出口戦略には傾けず、また再度ディスインフレ的な兆候が出てきているわけでもないので、更なる追加緩和政策を取るには不十分であろうと思われる




人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  米国  Fed  FOMC  QE2 
tb: 0   cm: 0

« ECB理事会~7月の利上げ示唆  |  バーナンキ議長講演~景気減速を示唆 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/450-735c28eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。