09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~景気減速を確認 

6月21・22日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、22日にステートメントが公表された。以下は抄訳である。


Information received since the Federal Open Market Committee met in April indicates that the economic recovery is continuing at a moderate pace, though somewhat more slowly than the Committee had expected. Also, recent labor market indicators have been weaker than anticipated. The slower pace of the recovery reflects in part factors that are likely to be temporary, including the damping effect of higher food and energy prices on consumer purchasing power and spending as well as supply chain disruptions associated with the tragic events in Japan. Household spending and business investment in equipment and software continue to expand. However, investment in nonresidential structures is still weak, and the housing sector continues to be depressed. Inflation has picked up in recent months, mainly reflecting higher prices for some commodities and imported goods, as well as the recent supply chain disruptions. However, longer-term inflation expectations have remained stable.

4月のFOMC以降に入手した上方では、景気回復は緩やかなペースで続いているが、委員会が予測していたよりも幾分遅い。また、最近の労働市場の指標は予測以上に弱い。景気回復のペースの遅さは一時的なものと思われる要因を反映しており、高騰する食品やエネルギー価格による消費者の購買力や消費への減衰効果、また日本での悲劇的な出来事に関連付けられたサプライチェーンの混乱を含んでいる。家計支出や企業の機器やソフトウェア投資は拡大が続いている。しかし、非居住用の構造物投資は未だに弱く、住宅セクターは落ち込んでいる。インフレはここ数カ月で上向きであり、主にコモディティや輸入品の高騰、さらにはサプライチェーン障害による影響を受けている。しかし、長期的なインフレ期待は安定したままである。



Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The unemployment rate remains elevated; however, the Committee expects the pace of recovery to pick up over coming quarters and the unemployment rate to resume its gradual decline toward levels that the Committee judges to be consistent with its dual mandate. Inflation has moved up recently, but the Committee anticipates that inflation will subside to levels at or below those consistent with the Committee's dual mandate as the effects of past energy and other commodity price increases dissipate. However, the Committee will continue to pay close attention to the evolution of inflation and inflation expectations.

委員会は法定責務にかなうように、最大雇用と物価の安定を促進させようとしている。失業率は高止まりしているが、委員会はこれから数四半期で回復のペースは上向きになり、失業率は徐々にデュアル・マンデートに一致すると判断した水準に低下しはじめるものと予測している。インフレは最近上向きになっているが、委員会は、過去のエネルギーや他の商品価格の上昇が消散することで、インフレがデュアル・マンデートと一致するか、それを下回る水準に収束するものと予測している。しかしながら、委員会はインフレやインフレ期待の進展には緊密な注意を払い続けるつもりである。



To promote the ongoing economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with its mandate, the Committee decided today to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent. The Committee continues to anticipate that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate for an extended period. The Committee will complete its purchases of $600 billion of longer-term Treasury securities by the end of this month and will maintain its existing policy of reinvesting principal payments from its securities holdings. The Committee will regularly review the size and composition of its securities holdings and is prepared to adjust those holdings as appropriate.

経済活動をより強いペースに促進させ、時間の経過と共にインフレがマンデートと一致するレベルを確実にするために、委員会は本日、FF金利の誘導目標を0-0.25%に据え置くことを決めた。委員会は、低水準の資源活用、中期的なインフレ見通しの安定といった経済状況の予測は FF金利を「長期間」にわたって非常に低い水準に維持することを保証する。委員会は6000億ドルの長期国債の買入を今月末で完了させ、既存の証券保有の再投資を続けていくつもりである。委員会は定期的に証券保有のサイズと構成の見直しを行い、必要に応じてそれらの保有の調節を行うつもりである。



The Committee will monitor the economic outlook and financial developments and will act as needed to best foster maximum employment and price stability.

委員会は経済見通しや金融市場の状況を監視し、完全雇用と物価の安定において最善な促進となるように必要であれば行動するつもりである。




Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Charles L. Evans; Richard W. Fisher; Narayana Kocherlakota; Charles I. Plosser; Sarah Bloom Raskin; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen.

FOMCの金融政策に賛成票を投じたのは、バーナンキ委員長、ダドリー副委員長、E.デューク、C.エバンス、R.フィッシャー、N.コチャラコタ、C.プロッサー、S.ラスキン、T.タルーロ、J.イエレンの各委員。




お詫びと修正

時間軸三条件について、今回の声明で変化がありましたが抄訳では三条件をそのままにしておりました。


low rates of resource utilization, subdued inflation trends, and stable inflation expectations
低水準な資源活用、落ち着いたインフレ傾向、安定したインフレ期待


low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run
低水準な資源活用と中期的なインフレ見通しの安定


お詫びして訂正いたします。誠に申し訳ありませんでした。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  FOMC  QE2  ZIRP  金融政策 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~QE3は示さず、当面様子見か  |  日本マクロ定点観測~5月貿易統計 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/456-44f1294c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。