07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMC議事録~QE3の議論も 

7月12日に6月21-22日に行われた連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が公表された。以下は"Participants' Views on Current Conditions and the Economic Outlook"以降の抄訳とポイントである。全文は"Fedサイト:Minutes of the Federal Open Market Committee"を参照。


■経済見通し

In conjunction with this FOMC meeting, all meeting participants--the five members of the Board of Governors and the presidents of the 12 Federal Reserve Banks--provided projections of output growth, the unemployment rate, and inflation for each year from 2011 through 2013 and over the longer run. Longer-run projections represent each participant's assessment of the rate to which each variable would be expected to converge, over time, under appropriate monetary policy and in the absence of further shocks to the economy. Participants' forecasts are described in the Summary of Economic Projections, which is attached as an addendum to these minutes.

このFOMC会合にあわせて、すべてのミーティングの参加者、すなわちFedの5人の理事と12地区の連銀総裁は成長率、失業率、そしてインフレ率の2011年から2013年までの予測を出した。長期に渡る予測についても、適切な金融政策の下でさらなる経済的なショックということを想定しない(といった前提で)、収束されると予測する各種の値について各参加者の評価が表明された。参加者の予測は、議事録の付録となる経済見通しのサマリーに記述された。



In their discussion of the economic situation and outlook, meeting participants agreed that the economic information received during the intermeeting period indicated that the economic recovery was continuing at a moderate pace, though somewhat more slowly than they had anticipated at the time of the April meeting. Participants noted several transitory factors that were restraining growth, including the global supply chain disruptions in the wake of the Japanese earthquake, the unusually severe weather in some parts of the United States, a drop in defense spending, and the effects of increases in oil and other commodity prices this year on household purchasing power and spending. Participants expected that the expansion would gain strength as the influence of these temporary factors waned.

これらの経済の状況や見通しの議論において、参加者は、会合の期間中に受け取った経済情報が、景気回復は緩やかなペースで継続しているが、4月の会合の時点で予測したものよりはややスローなものとなっているということで合意した。参加者は、成長を抑制しているのはいくつかの一時的な要因であり、日本の震災の後のサプライチェーン障害や、米国のいくつかの地区での異常な天候、国防費の削減や原油や他のコモディティ価格の高騰が家計の購買力や支出に影響を与えたことを含む。参加者は、経済の拡大はこれらの一時的な要因が弱まれば再び強化されるだろうと予測した。



景気回復は緩やかであるが、予想以上に遅いということを表明した。成長を阻害している要因はサプライチェーン障害や一部の悪天候、コモディティ高としており、これらは一時的な要因としている。これは前回の認識とさほど変わりはない。


Nonetheless, most participants judged that the pace of the economic recovery was likely to be somewhat slower over coming quarters than they had projected in April. This judgment reflected the persistent weakness in the housing market, the ongoing efforts by some households to reduce debt burdens, the recent sluggish growth of income and consumption, the fiscal contraction at all levels of government, and the effects of uncertainty regarding the economic outlook and future tax and regulatory policies on the willingness of firms to hire and invest. Moreover, the recovery remained subject to some downside risks, such as the possibility of a more extended period of weak activity and declining prices in the housing sector, the chance of a larger-than-expected near-term fiscal tightening, and potential financial and economic spillovers if the situation in peripheral Europe were to deteriorate further. Participants still projected that the unemployment rate would decline gradually toward levels they saw as consistent with the Committee's dual mandate, but at a more gradual pace than they had forecast in April. While higher prices for energy and other commodities had boosted inflation this year, with commodity prices expected to change little going forward and longer-term inflation expectations stable, most participants anticipated that inflation would subside to levels at or below those consistent with the Committee's dual mandate.

それにも関わらず、多くの参加者は、4月に予測したものよりも、次の四半期に渡って景気回復のペースが幾分よりスローなものになるかもしれないと判断した。この判断は長く続いている住宅市場の弱さ、いくらかの家計が債務負担の軽減に取り組んでいること、そして雇用や投資を行おうとする企業にとって経済の見通しや将来の税制や規制に対する不確実性の影響もある。さらに、回復にはいくつかのダウンサイドリスクにも晒されているままであり、それは、住宅セクターにおいて長期間活動が弱まり住宅価格が低下すること、短期的に予測された以上に財政が引き締められること、そして欧州周縁国のおける状況がさらに悪化する場合潜在的な金融や実体経済のスピルオーバーが起きることである。参加者は失業率がFedのデュアルマンデートに一致するレベルにまで徐々に低下していくと予測しているが、しかし、4月に予測されたもの以上に緩やかなペースであった。エネルギーや他のコモディティの高騰は今年のインフレ率を押し上げているが、今後コモディティ価格はあまり変動せず、長期的なインフレ期待は安定したままであり、多くの参加者はインフレがデュアルマンデートに一致する水準か、それよりも下の水準で収束するだろうと予測した。



前回会合時点よりも景気回復ペースがより緩慢になることを予想しており、景気認識について下方修正を認めたような議論の展開となっている。これはここ2カ月で失業率が上昇してきていることや、ダウンサイドリスクのファクターが以前よりも多くなってきていることによる。現状のダウンサイドリスクの要因としては住宅、家計のバランスシート調整の進展、民間の経済見通しの悪化や当局の投資規制の動向、そして欧州債務問題となっている。


■企業活動

Activity in the business sector appeared to have slowed somewhat over the intermeeting period. Although the effects of the Japanese disaster on U.S. motor vehicle production accounted for much of the deceleration in industrial production since March, the most recent readings from various regional manufacturing surveys suggested a slowing in the pace of manufacturing activity more broadly. However, business contacts in some sectors--most notably energy and high tech--reported that activity and business sentiment had strengthened further in recent months. Business investment in equipment and software generally remained robust, but growth in new orders for nondefense capital goods--though volatile from month to month--appeared to have slowed. While FOMC participants expected a rebound in investment in motor vehicles to boost capital outlays in coming months, some also noted that indicators of current and planned business investment in equipment and software had weakened somewhat, and surveys showed some deterioration in business sentiment. Business contacts in some regions reported that they were reducing capital budgets in response to the less certain economic outlook, but in other parts of the country, contacts noted that business sentiment remained on a firm footing, supported in part by strong export demand. Compared with the relatively robust outlook for the business sector, meeting participants noted that the housing sector, including residential construction and home sales, remained depressed. Despite efforts aimed at mitigation, foreclosures continued to add to the already very large inventory of vacant homes, putting downward pressure on home prices and housing construction.

会合の期間中に企業部門の活動はやや減速しているようだった。米国の自動車産業において東日本大震災の影響は3月以降生産の大半を占めるものと報告されたが、最近のほとんどの複数の地区の製造業のサーベイでは製造業の活動はより広範で減速していることが示唆された。しかしながら、いくつかのセクターにおける企業との会合、特にエネルギーとハイテクでは、活動や企業のセンチメントは、ここ数カ月でさらに強化されていた。企業の機器やソフトウェアの投資は堅調であるものの、非国防資本財の新規受注の伸びは、月毎に変動はあるものの、減速しているようだった。FOMCの参加者は自動車セクターでの投資の急回復が今後数カ月で資本財の支出を後押しすると予測しているが、参加者の数人は企業の機器やソフトウェアへの投資の現状、そして計画についての指標はやや弱まってきており、調査では企業のセンチメントがやや弱まっていることを示した。いくつかの地域の企業との会合では、経済見通しの確実性が弱くなっていることから、設備への予算を減らしているが、国内の他の部分では、強い輸出の需要の支えられて企業のセンチメントは確固たるものに立脚し続けているとの報告だった。参加者は、企業部門の相対的に堅調な見通しと比較して、住宅建設や販売を含む住宅セクターでは落ち込んでしまったままであるとの報告だった。緩和に向けた努力にもかかわらず、フォークロージャーはすでに空き家の巨大な在庫として増加し続けており、住宅価格や住宅建設の下押し圧力となっていた。



これまで堅調だとする認識を持っていた企業の設備投資について減速しているという認識が示された。またこれまで良好であった企業の信頼感についてもここにきて弱まってきているとの認識が示された。このことから景気認識についての論議から楽観度合いがみられなくなってきている。一方で住宅(建設・販売)といったセクターは相変わらず軟調なままであり、フォークロージャーの増大と在庫過多という構造的な問題に直面しているとの認識を示している。


■雇用

Meeting participants generally noted that the most recent data on employment had been disappointing, and new claims for unemployment insurance remained elevated. The recent deterioration in labor market conditions was a particular concern for FOMC participants because the prospects for job growth were seen as an important source of uncertainty in the economic outlook, particularly in the outlook for consumer spending. Several participants reported feedback from business contacts who were delaying hiring until the economic and regulatory outlook became more certain and who indicated that they expected to meet any near-term increase in the demand for their products without boosting employment; these participants noted the risk that such cautious attitudes toward hiring could slow the pace at which the unemployment rate normalized. Wage gains were generally reported to be subdued, although wages for a few skilled job categories in which workers were in short supply were said to be increasing relatively more rapidly.

会合の参加者は総じて最近の雇用のデータについてはがっかりしていると述べ、新規失業保険給付が高止まりしていた。雇用の伸びの予測は経済の見通し、特に個人消費の見通しにとって重要な不確実性の源であり、最近の労働市場の鈍化はFOMC参加者にとって特に懸念であった。数人の参加者は、経済や規制の見通しがよりはっきりするまで採用を遅らせ、雇用を増やすことなく、短期的な需要を増加させることを期待しているとの企業の意見からフィードバックした報告がなされた。これらの参加者は採用へのこのような慎重な態度は失業率が正常化するペースを遅らせるのではないかというリスクを言及した。賃金は総じて抑えられているとの報告だったが、労働力が不足している高い専門性をもった技術職では、比較的急速に伸びていた。



雇用については、前回の会合では「徐々にではあるが改善し続けている」としていたが、今回の会合では「がっかりしている」との落胆の認識が示されていることで明確に雇用の現状認識を下方修正している。5月の雇用統計では非農業部門雇用者数が速報値段階で54千人の伸び(25千人に下方修正)となっていたことや失業率が9.1%に上昇していたことからそのような判断をせざるを得ないといったことだった。企業の採用マインドも変化しており、前回会合では、企業との会合の中で採用ペースを加速させるという指摘もあったが、今回はその逆で経済や規制面での不透明さから採用を遅らせるという認識を示している。


■金融市場・信用

Changes in financial market conditions since the April meeting suggested that investors had become more concerned about risk. Equity markets had seen a broad selloff, and risk spreads for many corporate borrowers had widened noticeably. Large businesses that have access to capital markets continued to enjoy ready access to credit--including syndicated loans--on relatively attractive terms; however, credit conditions remained tight for smaller, bank-dependent firms. Bankers again reported gradual improvements in credit quality and generally weak loan demand. In identifying possible risks to financial stability, a few participants expressed concern that credit conditions in some sectors--most notably the agriculture sector--might have eased too much amid signs that investors in these markets were aggressively taking on more leverage and risk in order to obtain higher returns. Meeting participants also noted that an escalation of the fiscal difficulties in Greece and spreading concerns about other peripheral European countries could cause significant financial strains in the United States. It was pointed out that some U.S. money market mutual funds have significant exposures to financial institutions from core European countries, which, in turn, have substantial exposures to Greek sovereign debt. Participants were also concerned about the possible effect on financial markets of a failure to raise the statutory federal debt ceiling in a timely manner. While admitting that it was difficult to know what the precise effects of such a development would be, participants emphasized that even a short delay in the payment of principal or interest on the Treasury Department's debt obligations would likely cause severe market disruptions and could also have a lasting effect on U.S. borrowing costs.

4月の会合以降の金融市場の状況の変化については、投資家がリスクについて懸念を持つようになっていたことが示唆された。株式市場では広範にセルオフとなっているように思われ、多くの社債のリスクスプレッドは著しく拡大した。シンジケートローンを含む、資本市場を通じて大企業は即時的な信用へのアクセスが容易な状態が続いた。しかしながら、信用の状況は小企業や銀行に依存する企業にとっては厳しいままであった。バンカーは再度信用の質は改善し総じてローンの需要は弱いと報告した。金融安定の起こりうるリスクの認識として、少数の参加者はいくつかのセクター、特に農業のセクターの信用の状況があまりにも緩和しすぎており、これらのマーケットでの投資家はより高いリターンを得るためにより大きいレバレッジをやリスクを取っているとの懸念が表明された。会合の参加者はギリシャにおける財政難の高まりや他の欧州の周縁国への懸念の拡大が、米国において強い金融の緊張を引き起こすとの言及があった。いくつかの米国のマネーマーケット・ミューチュアル・ファンドは主要な欧州の国々からの金融機関の重要なエクスポージャーを持っており、それらは実質的にギリシャのソブリン債のエクスポージャーを持っているとの指摘がなされた。参加者はタイムリーな連邦債務上限の引き上げに失敗したときの金融市場への影響の可能性について懸念を示した。それはどのような影響があるかについて知ることは難しいが、参加者は財務省証券の利払いの短期的な遅延でさえ、いくつかの市場で混乱を引き起こし、米国の借り入れコストにも尾を引かせる可能性について強調した。



金融市場については、一部局所的な部分でバブル的な傾向があるとの認識が示されたものの、欧州債務問題や連邦債務上限引き上げを巡る政治的な動向に対する懸念が表明されており、また期間中株式が調整をし、クレジット市場もリスクプレミアムが上昇してきていることからマーケットのセンチメントの悪化も表明されている。


■物価・インフレ

Participants noted several factors that had contributed to the increase in inflation this year. The run-up in energy prices, as well as an increase in prices of other commodities and imported goods, had boosted both headline and core inflation. At same time, extremely low motor vehicle inventories resulting from global supply disruptions in the wake of the Japanese earthquake--by contributing to higher motor vehicle prices--had significantly raised inflation, although participants anticipated that these temporary pressures would lessen as motor vehicle inventories were rebuilt. Participants also observed that crude oil prices fell over the intermeeting period and other commodity prices also moderated, developments that were likely to damp headline inflation at the consumer level going forward. However, a number of participants pointed out that the recent faster pace of price increases was widespread across many categories of spending and was evident in inflation measures such as trimmed means or medians, which exclude the most extreme price movements in each period. The discussion of core inflation and similar indicators reflected the view expressed by some participants that such measures are useful for forecasting the path of inflation over the medium run. In addition, reports from business contacts indicated that some already had passed on, or were intending to try to pass on, at least a portion of their higher costs to customers in order to maintain profit margins.

参加者は今年のインフレ率の上昇に寄与しているいくつかの要因について言及した。エネルギー他のコモディティ、輸入品の価格の上昇はヘッドライン及びコアインフレ率を押し上げていた。そして同時に、日本の震災をきっかけとしたグローバルサプライチェーン障害の結果として極めて低い自動車の在庫水準が自動車価格の上昇に貢献しているが、これがインフレ率を強く押し上げている。しかし、参加者はこれらの一時的なインフレ圧力は、自動車在庫の復元により軽減されるだろうと予測した。参加者は、原油価格が前回の会合以降下落しており、他のコモディティ価格も緩やかになってきており、状況はヘッドラインインフレ率を減衰させ今後消費者レベルに波及するだろうと言及した。しかしながら、数人の参加者は、最近の原油価格の急速な上昇は多くの支出のカテゴリに広まっており、各期間の間での極端な変動を除外しているトリミングや中央値をとった方法でのインフレ指標でも明らかになっているとの指摘があった。コアインフレ率や似たような指標の議論では、そのような指標は中期的なインフレのパスの予測に役立っているという一部の参加者によるビューを反映していた。さらに、企業との会合では、少なくともマージンを確保するために高いコストの一部をすでに価格転嫁しているか、もしくはそうしようとしているとの指摘があった。


Most participants expected that much of the rise in headline inflation this year would prove transitory and that inflation over the medium term would be subdued as long as commodity prices did not continue to rise rapidly and longer-term inflation expectations remained stable. Nevertheless, a number of participants judged the risks to the outlook for inflation as tilted to the upside. Moreover, a few participants saw a continuation of the current stance of monetary policy as posing some upside risk to inflation expectations and actual inflation over time. However, other participants observed that measures of longer-term inflation compensation derived from financial instruments had remained stable of late, and that survey-based measures of longer-term inflation expectations also had not changed appreciably, on net, in recent months. These participants noted that labor costs were rising only slowly, and that persistent slack in labor and product markets would likely limit upward pressures on prices in coming quarters. Participants agreed that it would be important to pay close attention to the evolution of both inflation and inflation expectations. A few participants noted that the adoption by the Committee of an explicit numerical inflation objective could help keep longer-term inflation expectations well anchored. Another participant, however, expressed concern that the adoption of such an objective could, in effect, alter the relative importance of the two components of the Committee's dual mandate.

殆どの参加者は今年のヘッドラインインフレ率の上昇の多くは一時的なものであり、中期的なインフレ率はコモディティ価格が急速に上昇し続けなければ抑制され、長期的なインフレ期待は安定していると表明した。しかしながら、複数の参加者はインフレ率の見通しがアップサイドに傾いているリスクを判断した。さらに、少数の参加者は現状の金融政策のスタンスの継続がインフレ期待にとっていくらかのアップサイドリスクであり、時間を掛けて実際のインフレとなっていくとみていた。しかしながら、他の参加者は金融商品から派生した長期的なインフレ率の補償の指標は安定しており、数カ月間、サーベイベースでの長期的なインフレ期待の指標も特段変わりがなかった。これらの参加者は労働コストは緩やかな上昇でしかなく、労働市場や製品市場での永続的なスラックが今後数四半期に渡って価格の上昇圧力を限定的なものにするだろうと述べた。参加者は、インフレとインフレ期待についての進展について緊密に注意を払う重要性について合意した。少数の参加者は、委員会による明示的なインフレ目標の採用が長期的なインフレ期待の抑制の維持に役立つと述べた。他の参加者は、しかしながらそのような目的の明示は、結果として、委員会のデュアルマンデートの2つの重要性の関係を相対的に変えてしまう可能性について懸念を表明した。



インフレについての認識は、インフレ率の上昇はコモディティ価格の上昇や東日本大震災後のサプライチェーン寸断による自動車などの価格上昇といった要因であり、一時的なものであるという認識を示している。しかし、長期的なインフレ期待は安定しており、インフレ率は2%以下に収束していくだろうという認識が示されている。またこれは議長会見でも述べられたことであるが、明示的なインフレ目標については長期的なインフレ期待の安定に役立つであろうという認識を示している参加者がいる中で、デュアルマンデートのもう一つの政策目標である最大雇用の促進について軽視されてしまうのではないかとの懸念が表明されている。


■金融政策のあり方


Participants also discussed the medium-term outlook for monetary policy. Some participants noted that if economic growth remained too slow to make satisfactory progress toward reducing the unemployment rate and if inflation returned to relatively low levels after the effects of recent transitory shocks dissipated, it would be appropriate to provide additional monetary policy accommodation. Others, however, saw the recent configuration of slower growth and higher inflation as suggesting that there might be less slack in labor and product markets than had been thought. Several participants observed that the necessity of reallocating labor across sectors as the recovery proceeds, as well as the loss of skills caused by high levels of long-term unemployment and permanent separations, may have temporarily reduced the economy's level of potential output. In that case, the withdrawal of monetary accommodation may need to begin sooner than currently anticipated in financial markets. A few participants expressed uncertainty about the efficacy of monetary policy in current circumstances but disagreed on the implications for future policy.

参加者は中期的な金融政策の見通しについても論議を行った。数人の参加者は経済成長があまりにも遅いため失業率の削減の進展が十分に出来ない、もしくはインフレ率が一時的なショックの理教が消滅した後に相対的に低い水準に戻ってしまうならば、追加的な金融緩和政策の提供が適当であると述べた。しかし、他の参加者は最近の成長の遅さの性質や高いインフレ率は考えられている以上に労働市場や製品市場におけるスラックがなくなっているのかもしれないと示唆しているのではないかとみている。数人の参加者は、回復の進行に応じて労働者のセクター間の再割当ての必要性や、高い水準の長期失業者や永続的な職の分離によって引き起こされるスキルの喪失は、一時的に潜在的な生産のレベルを減少させるかもしれないと言及した。このようなケースであれば、緩和的な金融政策の撤回は金融市場の現在の予測よりも速くはじめないといけない。少数の参加者は現状の金融政策の有効性について不確かであるが、将来の政策のインプリケーションには同意しなかった。



金融政策については今後景気の回復があまりにも遅いために失業率がデュアルマンデートに一致する水準(5-6%)に回復していくのに十分でなければさらなる追加緩和政策の実施(QE3)が望ましいという指摘があった。会見において議長自身はQE3について消極的なスタンスをみせたものの、内部ではそのような主張が繰り広げられていたことになる。今後の経済情勢の動向次第ではこうした声が大きくなっていくことも想定されるので、今後の高官発言には注意をはらうべきであろうと思われる。一方で緩和的な金融政策の撤回を求める意見も根強く、追加緩和を求める参加者と早急な出口戦略を求める参加者との間での意見集約は難しくなっていくものとみられる


■Committee Policy Action(政策決定)

In the discussion of monetary policy for the period ahead, members agreed that the Committee should complete its $600 billion asset purchase program at the end of the month and that no changes to the target range for the federal funds rate were warranted at this meeting. The information received over the intermeeting period indicated that the economic recovery was continuing at a moderate pace, though somewhat more slowly than the Committee had expected, and that the labor market was weaker than anticipated. Inflation had increased in recent months as a result of higher prices for some commodities, as well as supply chain disruptions related to the tragic events in Japan. Nonetheless, members saw the pace of the economic expansion as picking up over the coming quarters and the unemployment rate resuming its gradual decline toward levels consistent with the Committee's dual mandate. Moreover, with longer-term inflation expectations stable, members expected that inflation would subside to levels at or below those consistent with the Committee's dual mandate as the effects of past energy and other commodity price increases dissipate. However, many members saw the outlook for both employment and inflation as unusually uncertain. Against this backdrop, members agreed that it was appropriate to maintain the Committee's current policy stance and accumulate further information regarding the outlook for growth and inflation before deciding on the next policy step. On the one hand, a few members noted that, depending on how economic conditions evolve, the Committee might have to consider providing additional monetary policy stimulus, especially if economic growth remained too slow to meaningfully reduce the unemployment rate in the medium run. On the other hand, a few members viewed the increase in inflation risks as suggesting that economic conditions might well evolve in a way that would warrant the Committee taking steps to begin removing policy accommodation sooner than currently anticipated.

金融政策における議論に先立ち、FOMCメンバーは6000億ドルの追加の資産購入について今月末で完了し、FF金利の誘導目標について変更しないことで合意した。4月のFOMC以降に入手した情報では、景気回復は緩やかなペースで続いているが、委員会が予測していたよりもいくぶん遅い。また、最近の労働市場の指標は予測以上に弱い。インフレ率はここ数カ月でいくつかのコモディティの高騰の影響だけでなく、日本の悲劇的な出来事に関連したサプライチェーン障害の結果により高まっている、しかしながら、メンバーは経済の回復ペースは今後数四半期で上向きとなり、失業率は委員会のマンデートに一致する水準にまで緩やかに再度低下していくとみている。さらに長期的なインフレ期待は安定しており、メンバーはインフレが委員外の定めるマンデートに一致するかそれよりも低い水準に収まっていくと予測している。しかしながら、多くのメンバーは雇用やインフレの見通しについて異常な不確実性をみている。この背景に反して、メンバーは委員会の現状の金融政策のスタンスについて適当であり、次の政策ステップを決断する前に成長やインフレの関する見通しに関するさらなる情報を蓄積することで合意した。一方で、少数のメンバーは、経済状況の進展に応じて、委員会は、特にもし経済成長が中期的に失業率を押し下げられないくらい遅いのであれば、追加的な金融政策の緩和の提供を検討を行ったほうがよいとの言及があった。一方で少数のメンバーはインフレリスクの高まりは、経済状況が委員会によるこのような金融緩和的な政策からの解除を始めるステップであるのに十分なものであると示唆しているとみていた。

また、声明文において、「インフレ」という言語の使用についての議論が行われ、委員会の目的が中期的に総合的なインフレの水準であるということを明確にするために、underlying inflation(潜在的なインフレ) or inflation trends(インフレ基調)という言葉を用いるよりも、総合的なインフレ(overall inflation)を意味する"inflation"という言葉を使うことで合意している。



政策決定においては従前の通知通り6月末で6000億ドルの追加の資産購入を終了させ、FF金利の誘導目標を据え置くことで合意している。ここでもQE3を求める委員と早期に緩和的な政策の撤回を求める委員が対立している構図が浮き彫りになっている。13日にバーナンキ議長の議会証言が行われるが、ここで今後の政策についてのインプリケーションについて、前月の会合後の会見から何か変化があるのかどうかが焦点となってきている


最後に、出口戦略の手順についての議論の結論は以下のようなものであった。なお、"Participants stressed that the Committee's discussions of this topic were undertaken as part of prudent planning and did not imply that a move toward such normalization would necessarily begin sometime soon."としており、この論議がすぐに出口戦略へ移行することを意味しているわけではないとの但し書きが表明されている。


・最大雇用と物価安定の促進のために委員会が政策の正常化が必要であると判断したタイミングに行う。
・政策の正常化の第一歩は償還資金の再投資の終了である。
・同時にFF金利のフォワードガイダンスを行い、利上げを円滑に行う目的で準備預金の吸収を行う。
・経済状況が適切であれば利上げを行い、金融政策のスタンスのプライマリーな手段をFF金利の操作とする。
・最初の利上げを開始した後やや時間を置いてSOMAが保有しているエージェンシー債の売却を行う。
・SOMAが保有しているエージェンシー債の売却は3-5年、SOMAの証券のポートフォリオの正常化は2-3年。
・委員会は経済や金融の状況に照らし合わせ、必要であれば出口戦略への調節の準備を行っていく。


すなわち、金融政策の正常化としては最初に償還再投資の終了であり、その後利上げを円滑に行うために資金吸収(超過準備付利の引き上げなど)を行って利上げを開始し、その後にエージェンシー債の売却を行うことで合意している



人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 金融政策  Fed  FOMC  QE2  QE3  ZIRP 
tb: 0   cm: 0

« China View Jun.2011~生産・消費・投資は底堅い  |  イタリアを巡る状況~各種データ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/463-9b584057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。