04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

Global Market Weekly Focus 7.19-22 

先週末にユーロ圏の銀行を対象にしたストレステストの結果が出され、不合格となった銀行はスペインの5行、ギリシャの2行、オーストリアの1行の合計8行となり、EBAはこれらの銀行は25億ユーロの増資が必要となってくるとした。テストの条件については2年間のリセッションに陥ったというシナリオで狭義中核的自己資本比率(コアTier)が5%を維持すること、というものであった。しかし、国債のヘアカット率についてはギリシャが15%と想定しており、市場が見ている50%程度からは甘いものとなったことを受けて、欧州の銀行の健全性に対する解決にはなっていないとする見方が強まった。以下は不合格となった銀行と想定条件における自己資本比率、必要となる増資額である(出所:ロイター)


Euro stresstest 20110719.



また21日にユーロ圏緊急首脳会合(サミット)が開催される予定であるが、ここで何らかのギリシャ救済策について討議されるものと思われるが、具体的な救済策がまとまらないとの観測もある。ECBのビニ・スマギ専務理事は、ギリシャ救済策としてドイツなどが求めている民間債権者による一部負担について、危機の中で民間部門に損失負担を強いれば、結局納税者のコストが一段と高くなる、としており(ロイター 「支援への民間関与、納税者コスト高める可能性=ECB専務理事」参照)、ECBトリシェ総裁もギリシャの債務再編には反対との立場を表明しており、現時点で足並みが揃っているというわけではない。従って、21日に向けての合意形成に注目が集まっている。


米国の方に目を移すと、現状では8月上旬に迫る連邦債務上限についての引き上げの論議が山場を迎えている。週末、オバマ大統領は民主・共和両党に解決策を協議するように要請したが、合意には至らずとの展開となっており、逆に財政均衡化に関する憲法修正などを盛り込んだ共和党の法案が可決した場合には拒否権を発動するとしており、対立の溝は埋まっていない。このようなことから、米国のテクニカルデフォルト懸念がマーケットでもやや懸念される中で、各国のCDSがワイドニングする中、米国のCDSスプレッドも次第に同様の動きとなってきている。以下のグラフは米国5年CDSスプレッドの推移(出所:Bloomberg)。


US5YrCDS 20110719.


このことから、今週のマーケットは欧米の債務懸念について政治的な動向に振らされる展開が予想される。また、今週は米国企業決算が集中するため、グローバル経済が減速気味に推移していた4-6月期の企業業績や今後の利益予想もさることながら、金融や通信で大型の人員削減の動きも出ておりマクロ面への波及も懸念されることから、今週発表される各社のガイダンスにも注目が集まる。以下は米主要企業の利益予想(出所:Bloomberg Survey)。


7/19
APPLE INC(AAPL) 5.68 / --
BANK NY MELLON(BK) 0.57 / --
BANK OF AMERICA(BAC) -0.75 / --
COCA-COLA CO/THE(KO) 1.16 / --
GOLDMAN SACHS GP(GS) 2.83 / --
HARLEY-DAVIDSON(HOG) 0.70 / --
JOHNSON&JOHNSON(JNJ) 1.24 / --
KEYCORP(KEY) 0.20 / --
MCMORAN EXPLORAT(MMR) -0.13 / --
WELLS FARGO & CO(WFC) 0.69 / --
YAHOO! INC(YHOO) 0.18 / --


7/20
AMERICAN EXPRESS(AXP) 0.98 / --
BLACKROCK INC(BLK) 2.98 / --
E*TRADE FINANCIA(ETFC) 0.17 / --
EBAY INC(EBAY) 0.39 / --
INTEL CORP(INTC) 0.51 / --
NORTHERN TRUST(NTRS) 0.70 / --
QUALCOMM INC(QCOM) 0.62 / --
UNITED TECH CORP(UTX) 1.41 / --
US BANCORP(USB) 0.53 / --
XILINX INC(XLNX) 0.53 / --


7/21
AT&T INC(T) 0.59 / --
ELI LILLY & CO(LLY) 1.17 / --
FIFTH THIRD BANC(FITB) 0.28 / --
MICROSOFT CORP(MSFT) 0.58 / --
MORGAN STANLEY(MS) -0.63 / --
TRAVELERS COS IN(TRV) -0.60 / --


7/22
CATERPILLAR INC(CAT) 1.76 / --
GENERAL ELECTRIC(GE) 0.32 / --
HONEYWELL INTL(HON) 0.98 / --
MCDONALDS CORP(MCD) 1.28 / --
VERIZON COMMUNIC(VZ) 0.55 / --
XEROX CORP(XRX) 0.24 / --



米国マクロ指標については、住宅指標が相次いで発表される。住宅市場については総じて未だに軟調となっているものの、住宅着工件数については前月比較でやや上昇、中古住宅販売についてもやや上昇が予想されている。以下の指標の予想はBloomberg Survey。


7/19 6月住宅着工件数 575K
7/19 6月住宅着工許可件数 597K
7/20 6月中古住宅販売 4.95M(年率換算)
7/21 新規失業保険申請件数 410K
7/21 7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 +2.0
7/21 6月コンファレンスボード景気先行指数 +0.2%(MoM)
7/21 5月FHFA住宅価格指数 +0.1%(MoM)





人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マーケット  ECB  欧州金融不安  ソブリンリスク  ユーロ  マクロ  米国 
tb: 0   cm: 0

« ベージュブック~経済活動のペースは「鈍化」  |  バーナンキ議長議会証言~具体的な追加緩和策のツールに言及 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/466-fb438a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。