07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~2013年半ばまで低金利政策を継続 

8月9日にFOMCが開催され、FF金利を少なくとも2013年半ばまでは「異例なまでの低金利」の維持を決めた。以下は抄訳である(Fedサイト参照)


Information received since the Federal Open Market Committee met in June indicates that economic growth so far this year has been considerably slower than the Committee had expected. Indicators suggest a deterioration in overall labor market conditions in recent months, and the unemployment rate has moved up. Household spending has flattened out, investment in nonresidential structures is still weak, and the housing sector remains depressed. However, business investment in equipment and software continues to expand. Temporary factors, including the damping effect of higher food and energy prices on consumer purchasing power and spending as well as supply chain disruptions associated with the tragic events in Japan, appear to account for only some of the recent weakness in economic activity. Inflation picked up earlier in the year, mainly reflecting higher prices for some commodities and imported goods, as well as the supply chain disruptions. More recently, inflation has moderated as prices of energy and some commodities have declined from their earlier peaks. Longer-term inflation expectations have remained stable.

6月のFOMC移行に入手した情報では、今年これまでのところ経済成長は委員会が予測したものよりもかなり遅い。指標は労働市場の状況が数カ月で総じて悪化していることを示唆しており、失業率は上昇している。家計消費は横ばいとなり、非居住用構造物投資は弱いままであり、さらに住宅セクターは下落しているままである。しかしながら機器・ソフトウェアといった企業投資は拡大が継続している。一時的な要因、すなわち購買力における高い食料やエネルギー価格による減衰効果だけでなく、日本での悲劇的な出来事に関連付けられたサプライチェーン障害は、経済活動の最近の弱さの一部しか理由付けられていないように思われる。インフレは、主にいくつかのコモディティや輸入品が高騰しただけでなく、サプライチェーン障害を反映し、今年当初上向きだった。さらに最近では、エネルギーやいくつかのコモディティが高値から下落したことで、インフレはモデレートとなっている。長期的なインフレ期待は安定している。


Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee now expects a somewhat slower pace of recovery over coming quarters than it did at the time of the previous meeting and anticipates that the unemployment rate will decline only gradually toward levels that the Committee judges to be consistent with its dual mandate. Moreover, downside risks to the economic outlook have increased. The Committee also anticipates that inflation will settle, over coming quarters, at levels at or below those consistent with the Committee's dual mandate as the effects of past energy and other commodity price increases dissipate further. However, the Committee will continue to pay close attention to the evolution of inflation and inflation expectations.

法定任務と整合するよう、委員会は最大雇用と物価安定の促進を模索している。委員会は前回の会合で予測したよりも、今後数四半期において景気回復はやや遅いペースと予想しており、失業率は委員会がデュアルマンデートに整合すると判断される水準に向かって徐々にしか低下していかないだろう。さらに、経済のダウンサイドリスクは増大している。委員会は同時に、過去のエネルギーや他のコモディティ価格の効果が将来的には消散が拡大することから、インフレについても今後数四半期で落ち着き、委員会のデュアルマンデートに整合する水準かそれ以下になると予想している。しかしながら、委員会はインフレやインフレ予測の進展には緊密に注意を払い続けていくつもりである。



To promote the ongoing economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with its mandate, the Committee decided today to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent. The Committee currently anticipates that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate at least through mid-2013. The Committee also will maintain its existing policy of reinvesting principal payments from its securities holdings. The Committee will regularly review the size and composition of its securities holdings and is prepared to adjust those holdings as appropriate.

現在の景気回復を促進させ、物価が時間を掛けてデュアルマンデートと整合する水準に向かうように役立たせるため、委員会は本日FF金利の誘導レンジを0-0.25%に据え置くことを決めた。委員会は現状、低い水準の資源活用や中期的なインフレの見通しが落ち着いていることを含めた経済状況の予測は、FF金利を少なくとも2013年の中盤までは異例に低い水準にすることを保証するだろう。委員会は保有証券における償還資金の再投資という既存の政策を維持していくつもりである。委員会は定例的に証券保有の規模や構成を見直し、それらの保有を適切に調節するよう準備されている。



The Committee discussed the range of policy tools available to promote a stronger economic recovery in a context of price stability. It will continue to assess the economic outlook in light of incoming information and is prepared to employ these tools as appropriate.

委員会は物価安定のコンテクストにおいて、強い景気回復の促進が可能な政策ツールの範囲について議論を行っている。入手する情報に照らし合わせて経済見通しを評価し続け、これらの政策ツールの採用を適切に準備するつもりである。


Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Charles L. Evans; Sarah Bloom Raskin; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen.

FOMCの金融政策の行動への賛成票は、B.バーナンキ委員長、W.ダドリー副委員長、E.デューク、C.エバンス、S.ラスキン、D.タルーロ、J.イエレンの各委員。


Voting against the action were: Richard W. Fisher, Narayana Kocherlakota, and Charles I. Plosser, who would have preferred to continue to describe economic conditions as likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate for an extended period

政策に反対票を入れたのは、W.フィッシャー、N.コチャラコタ、C.プロッサーの各委員。彼らは、経済状況がFF金利を異例なまでの長期間低金利にし続けることは好ましくない、と述べた。





--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: FOMC  ZIRP  QE2  Fed 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~時間軸政策の明確化  |  China View Jul.2011~生産は鈍化・インフレは高進  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/477-bd1e6e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。