09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~一部の地域では活動が「弱まる」 

9月7日にFedはベージュブック(地区連銀経済報告)を公表した。以下はSummaryの箇所の抄訳である。全文はFedサイト参照。


Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicated that economic activity continued to expand at a modest pace, though some Districts noted mixed or weakening activity. The St. Louis, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco Districts all reported either modest or slight expansion. Atlanta said activity continued to expand at a very subdued pace, while Cleveland reported slow growth and New York indicated growth remained sluggish. Economic activity expanded more slowly in the Chicago District and slowed in the Richmond District. Business activity in the Boston and Philadelphia Districts was characterized as mixed, with Philadelphia adding that activity was somewhat weaker overall. Several Districts also indicated that recent stock market volatility and increased economic uncertainty had led many contacts to downgrade or become more cautious about their near-term outlooks.

12地区連銀管轄地域からの報告では、経済活動は緩やかなペースで拡大していることが指摘されるが、いくつかの地区ではまちまちか、弱まった活動との言及がなされた。セントルイス、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラス、サンフランシスコ地区におけるすべての報告は緩慢か、もしくはわずかな拡大であった。アトランタでは活動はとても抑制されたペースで拡大が継続しており、一方でクリーブランド地区では鈍い回復であり、NY地区において成長は弱さが残るとの指摘であった。経済活動はシカゴ地区ではより鈍い拡大であり、リッチモンド地区では鈍化した。ボストンやミネアポリス地区での企業活動ではまちまちと特徴付けられ、フィラデルフィア地区では総じて活動はやや弱まっている。いくつかの地区では株式市場のボラティリティや経済の不確実性の増大が短期的な見通しを下方修正するか、もしくはより慎重なものになるとの連絡があった。


Consumer spending increased slightly in most Districts since the last survey, but non-auto retail sales were flat or down in several Districts. Although poor weather dampened growth in some areas, tourist activity remained solid in most Districts. The demand for services was generally positive throughout the nation, but one region said conditions were deteriorating. Of the five Districts reporting on transportation, three said conditions were mostly positive, while the other two reported activity as flat or slightly below expectations. Manufacturing conditions were mixed across the country, but the pace of activity slowed in many Districts. Residential real estate markets remained weak overall with only a few slight improvements in some Districts. Most Districts characterized commercial real estate and construction activity as weak or little changed, but improvements were noted in several areas. Loan demand remained stable or slightly weaker, and lending standards were largely unchanged with an improvement in loan quality. Harsh summer weather negatively affected agricultural activity, although recent rains in several Districts provided some relief. Districts reporting on energy activity said it generally expanded, with further growth expected.

家計支出は多くの地区で前回の調査以降僅かに増大しているが、いくつかの地域で自動車以外の小売売上は横ばいか落ちた。弱い天候がいくつかの地域で観光の伸びを抑制したが、観光業の活動はほとんどの地区で堅調だった。サービス需要は国を通じて総じてポジティブだったが、ある地域では、状況は悪化していた。輸送について5地区の報告のうち3地区は状況はほぼポジティブなものであったが、残りの2地区で活動はは予想よりも横ばいかわずかなものであったとの報告だった。製造業の状況は国を通じてまちまちであったが、多くの地区で活動のペースは鈍化した。住宅不動産の市場は総じて弱く、いくつかの地域ではわずかな改善でしかなかった。ほとんどの地区で、商業用不動産や建設活動は弱いかやや変化があったが、いくつかの地域では改善として言及された。ローンの需要は安定しているか、やや弱く、貸出基準は、信用の質の改善とあいまって、総じて変わっていなかった。厳しい夏の天候は農業の活動にとってネガティブであったが、しかしいくつかの地域での最近の雨は救いとなった。エネルギー活動における地区報告では総じて拡大しているとの報告で、さらなる伸びを予測しているとのことだった。


Price pressures edged lower, although input costs continued to increase in some industries and retail prices rose in several Districts. Labor markets were generally stable, although some Districts reported modest employment growth. Wage pressures were generally minimal outside of some upward movement for skilled positions.

価格のプレッシャーは低くなってきているが、投入コストはいくつかの産業で増大し続け、小売価格はいくつかの地域で上昇していた。労働市場は総じて安定しているが、いくつかの地区では雇用の伸びは鈍化したとの報告だった。賃金圧力は、技能職でやや上昇プレッシャーがある以外は総じて最低限なものとなっていた。



前回の報告では「経済活動が拡大しているが、いくつかの地区で鈍化している」ということだったが、今回は「緩やかなペースで拡大しているものの、いくつかの地域ではまちまちか弱まっている」としていることから、基調判断を引き下げている。一部では市場のボラティリティの高まりや経済の不確実性の高まりといった背景から景気の見通しに対して慎重になっていることが指摘できる。


Consumer Spending and Tourism(消費支出・観光)

Overall consumer spending increased slightly in most Districts, but non-auto retail sales were flat or down in some Districts. Hurricane Irene evacuations also produced widespread retail disruptions in late August in the New York District, where activity had been close to or above plan in July before slowing somewhat in early August. The Minneapolis and Kansas City Districts reported moderate increases in non-auto retail sales during the survey period, and sales in the San Francisco District were mixed but up slightly overall. Retail sales were up single-digits from a year ago in the Cleveland and Dallas Districts, although Dallas reported no growth in sales since the previous survey period. Retailers in the Chicago District reported strong back to school sales, while Atlanta said growth slowed in retail sales. The Boston and Philadelphia Districts said sales were flat to down but with sizable variation across stores, while sales mostly weakened in the Richmond and St. Louis Districts. Sales of apparel and luxury items were characterized as strong in several Districts. The Boston, Chicago, Kansas City, and San Francisco Districts all noted sluggish sales of big ticket household items such as furniture and appliances, and contacts in several Districts thought that heightened consumer anxiety was weighing on sales. Contacts in some Districts continued to indicate profit margins were being squeezed by rising input costs, although grocers in the Cleveland District were passing cost increases through to customers.

全体的に、消費支出は殆どの地域で少し拡大したが、いくつかの地域では非自動車の小売売上は横ばいか、落ちた。NY地区では8月末にハリケーン・アイリーンによる避難で広範な小売業が混乱をきたしたが、活動は8月の初旬にやや鈍化した後7月の計画に近づくか、やや上回っていた。ミネアポリスやカンザスシティ地区では調査期間中の非自動車の小売売上は緩やかに増大し、サンフランシスコ地区の販売は総じて、まちまちだがやや強いものだった。小売販売はクリーブランドやダラス地区では前年比1桁台の伸びであったが、ダラス地区では前回の調査機関以降販売の伸びがなかったとの報告だった。シカゴ地区の小売業者は新学期セールスで強い戻りがあったと報告したが、アトランタ地区では小売の販売の伸びは鈍化したと言及した。ボストンやフィラデルフィア地区では、通りではかなりの変化があったが、販売は横ばいか落ちていた。一方でリッチモンドやセントルイス地区では販売はほとんど弱まっていた。いくつかの地区では、アパレルや高級品は強いと特徴付けられた。ボストン、シカゴ、カンザスシティ、サンフランシスコ地区では、すべて家庭用の高額商品の販売は低迷しているとの言及で、いくつかの地区のコンタクトでは消費者の不安の高まりが販売の重しとなったと考えた。いくつかの地区のコンタクトでは、利益は投入コストの増大により圧迫されていたとの指摘が続いていたが、クリーブランド地区の食料品店では消費者に転嫁したとの指摘だった。


Most Districts reporting on auto sales noted increases in activity, despite lingering supply disruptions for some Japanese nameplates. The Kansas City and Cleveland Districts reported especially strong sales of fuel-efficient cars, while luxury vehicles sold well in the Minneapolis District. High demand for used cars was reported in several Districts. The New York and Philadelphia Districts reported somewhat softer auto sales in July, attributed in part to continued supply disruptions, although sales firmed somewhat in August. Tight vehicle supplies were noted in some Districts, and the San Francisco District noted ongoing shortages of Japanese nameplates. Auto contacts in the Dallas District believed the supply issues from Japanese manufacturers should be resolved by the end of September. Auto dealers in several Districts were optimistic about future sales, although contacts in the Philadelphia District said uncertainty clouded the outlook. The Cleveland District noted some easing in auto credit restrictions, and New York said both retail and wholesale auto credit conditions were good.

自動車販売におけるほとんどの地区の報告では、日本の地震によるサプライチェーン障害が長引いているにもかかわらず、活動は増大したとの言及があった。カンザスシティやクリーブランド地区では特に低燃費車が強い販売だったとの報告があり、一方高級車はミネアポリス地区でよく売れているとのことだった。中古車の高い需要はいくつかの地区で報告されている。NYやフィラデルフィア地区では、7月に、サプライチェーン障害の継続の影響から、自動車販売がやや軟調だったが、8月に入りやや堅調となった。いくつかの地区では自動車の供給がタイトであると言及がなされ、サンフランシスコ地区では日本車の不足が今も続いているとの言及がなされた。ダラス地区の自動車のコンタクトでは、日本の製造業者からの供給問題は9月末には解決されるだろうと考えていた。いくつかの地区の自動車ディーラーは先行きの販売に楽観的だったが、フィラデルフィア地区のコンタクトでは見通しについて不確かな雲が掛かっていると述べた。クリーブランド地区では自動車のクレジットの制限がやや緩和されたとの言及であり、NY地区では小売や自動車卸の信用状況は良好だとの言及がなされた。


Tourism activity remained solid in most Districts, although poor weather affected growth in some areas. Travel activity was reported as robust in the Atlanta District, especially for airport traffic in South Florida. Tourism in the New York City area was also very strong prior to Hurricane Irene, and city theaters planned to re-open the Monday morning after the hurricane. Both business and leisure travel posted further improvement in the San Francisco District, and tourism activity was solid overall in the Minneapolis District despite heavy rains in Montana. By contrast, tourism activity slowed in July in the Boston District, leading hotels to increase promotional offerings, and the Long Island and Jersey Shore areas of the New York District as well as coastal areas of the Richmond District were heavily affected by hurricane evacuations in late August. Hotels in several Districts were raising room rates, although the Kansas City District noted some easing.

観光業の活動はほとんどの地区で底堅く推移していたが、いくつかの地域で弱い天候が伸びに影響した。旅行の活動はアトランタ地区、特に南フロリダの空港で堅調だったとの報告がなされた。NY市内の観光はハリケーン・アイリーンの前はとても力強いものであり、市内の劇場はハリケーンの後の月曜日の朝に再オープンする予定だった。ビジネスや観光旅行はサンフランシスコ地区でさらなる改善と述べられ、観光業の活動はミネアポリス地区で、モンタナ州での豪雨にもかかわらず全体的に底堅いものとなった。対照的にボストン地区では、プロモーションを提供する代表的なホテルで、観光業の活動は鈍化し、NY地区のロングアイランドやジャージーショア地域やリッチモンド地区の沿岸地域では8月末のハリケーンの避難により大きな影響を受けた。いくつかの地区のホテルでは宿泊料は上昇したが、カンザスシティ地区ではやや緩和した。




消費支出に関しては、前回は増勢基調であったが、今回は小売の売上が横ばいになったか、低下したとの認識を示し、個人消費についての見通しを下方修正した。一方自動車販売は日本のサプライチェーン障害の影響は残るものの、持ち直しの傾向となってきている。観光業については、ハリケーン・アイリーンの影響を受けてはいるものの、夏のバケーションシーズンは底堅さがみられた内容となっている。


Nonfinancial Services(非金融サービス)

Nonfinancial services activity edged higher in most Districts, although Minneapolis and Dallas characterized growth as flat or steady, and New York said conditions deteriorated. Richmond, St. Louis, and San Francisco reported generally solid demand for health-care services, although Richmond noted lower occupancies at senior care facilities due to difficulties among potential residents in selling their homes. Software and information technology firms in the Boston District reported mixed activity since July but expected to return to previous strong growth patterns by late 2011. The San Francisco District reported expanded sales for technology service providers due to heightened demand for software, e-books, and mobile applications. In contrast, an information technology contact in the Minneapolis District noted a decline in sales as a result of reduced demand from the government and financial services sectors.

非金融サービスの活動はほとんどの地区でやや高まったが、ミネアポリスとダラス地区ではその伸びが横ばいもしくは安定したものと特徴付けられ、NY地区では状況は悪化したとの言及がなされた。リッチモンド、セントルイス、サンフランシスコ地区では総じてヘルスケアサービスに対して底堅い需要があると報告されたが、リッチモンド地区では潜在的な居住者が住宅を売り出すことが困難なため、老人介護施設の占有率は低いとの言及がなされた。ボストン地区のソフトウェアや情報技術企業は7月以降まちまちな活動であったが、2011年末までに以前のような強い伸びのパターンに戻ることを予測している。サンフランシスコ地区では、技術サービスプロバイダはソフトウェアや電子書籍、モバイルアプリケーションの高い需要により販売を拡大していたとの報告だった。対照的に、ミネアポリス地区の情報技術のコンタクトでは政府や金融サービスセクターの需要低下の結果販売が落ちたとの言及がなされた。


In transportation services, Cleveland, Atlanta, and Dallas reported mostly positive conditions, while activity was flat in the San Francisco District and below expectations in the Kansas City District. Railroad shipments rose slightly in the Dallas District, with particularly strong volume growth in metallic ores, petroleum products, and non-commercial building products. Cleveland noted an acceleration in capital spending, mainly to replace aging equipment and support demand growth from energy customers. Trucking firms in the Cleveland, Atlanta, and Kansas City Districts reported a shortage of qualified drivers, and a few firms noted concerns about higher fuel costs. Many services contacts expressed substantial uncertainty about future business activity, with a few Districts reporting weakened outlooks for transportation.

運輸サービスにおいて、クリーブランド、アトランタ、ダラス地区では概ねポジティブな状況であった一方で、サンフランシスコ地区の活動は横ばい、カンザスシティ地区では予測を下回ったとの報告があった。鉄道輸送はダラス地区で、特に金属鉱石や石油製品、非商用建設資材で強い量があったことからやや増加した。クリーブランド地区では、資本支出が加速して伸びており、主に古い設備の取り替えやエネルギーの顧客からの強い需要をサポートするためであった。クリーブランド、アトランタ、カンザスシティ地区のトラックの企業は認定ドライバーの不足を報告し、燃料代の高さを懸念する企業はわずかだった。多くのサービスとのコンタクトでは将来の企業活動についてかなりの不確実性があり、少ないながらも輸送の見通しが弱まるといった地区もあった。



サービス業について、前回の報告ではさらに活動が高まったという内容であったが、今回はやや高まっているとして鈍化の傾向を示した。内容を見ると、業種及び地域によってその業況は混在しているということが指摘できよう。


Manufacturing(製造業)

Manufacturing conditions were mixed across the country, but the pace of activity slowed in many Districts. The New York, Philadelphia, and Richmond Districts reported declining activity overall, and contacts in the Boston and Dallas Districts noted slowing demand from European customers. Cleveland said factory production was stable, and manufacturing activity in the Atlanta and Chicago Districts grew at a slower pace. Minneapolis, Kansas City, and San Francisco reported slight expansions, and St. Louis said activity continued to increase and that several manufacturers planned to open plants and expand operations in the near future. Most manufacturing contacts were less optimistic than in the previous survey; however, future capital spending plans were solid in a few Districts.

製造業の状況は、国を通じてまちまちだったが、活動のペースは多くの地区で鈍化した。NY、フィラデルフィア、リッチモンド地区では全体的な活動が低下したとの報告があり、ボストンやダラス地区のコンタクトでは欧州の顧客の需要が鈍化しているとの言及がなされた。クリーブランド地区では、工場生産は安定しており、アトランタやシカゴ地区では、製造業の活動がより鈍いペースの伸びとなった。ミネアポリス、カンザスシティ、サンフランシスコ地区では僅かな拡大が報告され、セントルイス地区では活動は増大が継続し、いくつかの製造業者では近い将来、プラントの開業やオペレーションの拡張が計画された。ほとんどの製造業のコンタクトでは前回の調査よりも楽観度合いが少なくなったが、将来の資本支出の計画は底堅いものとなった。


Looking across factory sectors, auto production decreased in the Cleveland District due to normal seasonal retooling for model changeovers, and the Chicago District said auto production leveled off in August after a strong July. Textile manufacturers in the Richmond District said markets have grown weaker due to declining consumer confidence. Construction-related manufacturing was characterized as weak in the Dallas and Philadelphia Districts, and Boston noted a cyclical decline in semiconductor demand. Philadelphia reported a decline in food manufacturing, and the Kansas City District noted weakness at nondurable goods plants. In contrast, commercial aircraft manufacturers in the San Francisco District reported solid production rates due to new orders for narrow-body aircraft and a growing order backlog. A metal fabricator in the Minneapolis District announced plans to expand a facility in northwestern Montana. Capacity utilization in the steel industry remained at record high levels in the Chicago District, and a tire manufacturer in the Atlanta District noted particular pressure in meeting a recent surge in new orders due to supply chain normalization after the Japan disaster.

工業セクターを見渡すと、自動車生産はクリーブランド地区で季節的なモデルチェンジの段取りのため低下し、シカゴ地区では自動車生産は強かった7月のあと8月では横ばいとなったとの言及がなされた。リッチモンド地区の繊維業者は消費者信頼感の低下により市場の伸びが弱くなっているとの言及がなされた、建設に関わる製造業はダラスとフィラデルフィア地区で弱まっていると特徴付けられ、ボストン地区では半導体の需要において循環的な低下に言及がなされた。フィラデルフィア地区では、食品製造業の低下が報告され、カンザスシティ地区では非耐久財の工場で弱まっているとの言及がなされた。対照的に、サンフランシスコ地区での商業用航空機の製造業者はナローボディ機の新規受注や受注残の伸びによって生産率は底堅いと報告した。ミネアポリス地区の金属製品業者はモンタナ北部に工場を拡張する計画を通知した。鉄鋼産業の設備稼働率はシカゴ地区で記録的な高さを記録したままであり、アトランタ地区のタイヤメーカーは日本の震災以降のサプライチェーンの正常化によって新規受注が押し上げられているとの言及がなされた。




製造業の活動については、前回「安定もしくは鈍化」としていたが、今回は多くの地区で鈍化としており、製造業の活動のモメンタムがさらに低下したことを示した。資本支出の計画は底堅いが、先行きの見通しについての楽観度合いが低下してきており、企業マインドも低下してきている。サプライチェーン障害についてはその影響が弱まってきている。


Real Estate and Construction(不動産・建設)

Residential real estate activity remained weak overall, although a few Districts noted some slight improvements. Contacts in the Boston, Atlanta, Minneapolis, and Dallas Districts reported an increase in home sales over the previous year's weak levels; however, the uptick in the Atlanta District was concentrated mainly in Florida. The remaining Districts all reported stable or slower sales from the previous survey period, with several citing greater economic uncertainty as the primary cause. Both the New York and Philadelphia Districts reported that a growing backlog of foreclosures in New Jersey continued to weigh down the housing market. Home construction was down or stagnant in most Districts, with the exception of Minneapolis and Kansas City. However, several Districts indicated an improvement in home remodeling activity, and the New York, Philadelphia, and Cleveland Districts reported increased demand for multi-family housing projects. Home prices were flat to slightly down in several Districts, although New York said prices in many areas edged higher but remained below year-ago levels. Contacts in the Boston District reported competitive pricing by sellers with even lower prices negotiated by buyers, but in the Cleveland District many builders have shifted away from discounting. Inventories were elevated or rising in the Boston, Atlanta, and Kansas City Districts, particularly for existing homes, and demand for apartment rental space increased in the San Francisco and Dallas Districts.

住宅用不動産の活動は全体的に弱いままであるが、わずかな改善に言及した地区も少なからずあった。ボストン、アトランタ、ミネアポリス、ダラス地区のコンタクトでは、住宅販売が前年の水準を超えて増加しているとの報告があったが、アトランタ地区での上昇は主にフロリダ地区に集中していた。前回の調査期間から販売が安定もしくは鈍化しているとの報告が続いているが、主な原因として大きな経済的な不確実性に言及するところもあった。NYとフィラデルフィア地区では、ニュージャージーのフォークロージャーの残が伸びていることが住宅市場に重石となっているとの報告だった。住宅建設はミネアポリスとカンザスシティ地区を除いて多くの地区で落ちているか停滞していた。しかし、いくつかの地区では住宅リフォームの活動は改善しているとの指摘がなされ、NY、フィラデルフィア、クリーブランド地区ではマルチファミリーの住宅のプロジェクトの需要が増大しているとの報告だった。住宅価格はいくつかの地区で横ばいかやや低下したが、NY地区では多くの地域で価格が漸増しているが2年前の水準のままであるとの言及がなされた。ボストン地区のコンタクトでは、バイヤーの交渉によっては低価格で売り手による競争力のある価格が報告されたが、しかしクリーブランド地区では多くのビルダーは割り引くことから転換していた。在庫はボストン、アトランタ、カンザスてティ地区で、特に中古住宅において高止まりもしくは上昇しており、賃貸アパートの需要はサンフランシスコやダラス地区で増大していた。


Commercial real estate conditions remained weak or little changed in most Districts, although some improvements were noted by New York, Minneapolis, and Dallas. Commercial real estate activity was sluggish in the Boston, Cleveland, Richmond, Atlanta, Kansas City, and San Francisco Districts. However, San Francisco noted some areas have benefited from technology sector growth, and Boston noted investor demand for prime office buildings remained strong. New York said office vacancy rates declined noticeably in the Buffalo and Rochester metro areas and modestly in Manhattan and Long Island. Lower commercial rents helped push down vacancy rates in the Kansas City District, and the Dallas District noted strong demand for leased space in Houston due to solid energy activity. Commercial construction was characterized as weak or limited by Cleveland, Atlanta, Chicago, and Kansas City, although Atlanta noted some strength in the healthcare sector. St. Louis described conditions as mixed, with some improvement in education and energy-related construction, while Minneapolis District contacts reported an increase in small retrofitting projects and rebuilding in flood-damaged areas. The Chicago District noted continued strength in industrial construction, particularly in the automotive sector. Credit for commercial development remained an obstacle for small retailers in the Richmond District, although Boston said aggressive competition among lenders led to reduced borrowing rates.

商業用不動産の状況はほとんどの地区で弱いままか僅かしか変わっていないが、NY、ミネアポリス、ダラス地区ではやや改善しているとの言及がなされた。商業用不動産の活動はボストン、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、カンザスシティ、サンフランシスコ地区で停滞していた。しかし、サンフランシスコ地区では、いくつかの地区ではテクノロジーセクターの伸びに恩恵を受けており、ボストン地区では投資家のプライムオフィスビルへの需要は強いままだとの言及がなされた。NY地区では、オフィスの空室率はバッファロー及びローチェスターメトロ地区で顕著に低下しており、マンハッタンやロングアイランドでは緩やかに低下したとの言及がなされた。低い商業用賃料はカンザスシティ地区で空室率を押し下げ、ダラス地区では堅調なエネルギー業の活動によりヒューストンでの専用スペースの需要が力強いとの言及がなされた。商業用建設は、クリーブランド、アトランタ、シカゴ、カンザスシティ地区で弱いか限定的であると特徴付けられるが、アトランタ地区ではヘルスケアセクターでいくらか強まっているとの言及がなされた。セントルイス地区では状況はまちまちであると述べられ、教育やエネルギー関連建設でいくらか改善していた。一方でミネアポリス地区では建設が改修及び復興プロジェクトが洪水の被災地でいくらか増大しているとの報告だった。シカゴ地区では産業用の建設は特に自動車セクターで力強さが継続していると言及がなされた。商業用開発の信用の状況はリッチモンド地区で、小規模の小売店で障害となっているが、ボストン地区では貸し手の間で積極的な競争が借り手の金利を押し下げているとの言及がなされた。



住宅市場に関しては一部で改善がみられるものの、総じて弱いことが示された。フォークロージャーが住宅市場の重石として作用しているとの報告だった。商業用不動産に関してはそれ程変わらず依然として弱いという認識であろう。但し、NY市内の物件ではオフィス空室率が低下しているとの報告もあり、一部ではあるが改善が進んでいるという見方もある。


Banking and Finance(銀行・金融)

Most districts cited overall loan demand as stable to slightly weaker, with the exception of St. Louis, which reported a modest increase. Demand for business loans remained unchanged or weakened in the New York, Chicago, Kansas City, and San Francisco Districts, but was moderately stronger in the Philadelphia, Cleveland, and St. Louis Districts. Demand for consumer loans increased somewhat in the St. Louis District, but was unchanged to slightly weaker in the New York, Kansas City, and San Francisco Districts. While Kansas City reported a decline in commercial real estate loans, St. Louis cited a modest increase. New York and Cleveland noted increased demand for residential mortgages.

ほとんどの地区ではローンの需要は、緩やかに増大しているセントルイスを除き、安定しているかやや弱まったとの言及があった。企業ローンの需要はNY、シカゴ、カンザスシティ、サンフランシスコ地区で変わらずか弱まったが、フィラデルフィア、クリーブランド、セントルイス地区では緩やかながら力強かった。消費者ローンの需要はセントルイス地区でやや増大したが、NY、カンザスシティ、サンフランシスコ地区では変わらずかやや弱まった。カンザスシティ地区では商業用不動産ローンが減ったとの報告がなされたが、一方でセントルイス地区では緩やかに増大しているとの言及がなされた。NY、クリーブランド地区では住宅用モーゲージの需要が増大したとの言及がなされた。



Most Districts said that loan quality was generally improving and that credit standards were largely unchanged. Cleveland reported a decline in delinquencies across all loan categories, and Richmond and Kansas City also indicated a continued strengthening in loan quality. However, New York indicated that delinquency rates increased on most categories of loans and that banks tightened standards for commercial mortgages and commercial and industrial loans. Banking contacts in several Districts also referenced concerns about the economy. The Chicago District cited recent volatility in financial markets and reduced expectations for economic growth, while Kansas City District contacts listed a weak economic recovery and uncertainty about financial regulations.

ほとんどの地区では、ローンの質は総じて改善し、信用基準は概ね変わっていないとの言及がなされた。クリーブランド地区ではすべてのローンのカテゴリーを通じて延滞が低下したとの報告があり、リッチモンドやカンザスシティ地区でも同様にローンの質が強まり続けているとの指摘があった。しかし、NY地区では、延滞率ははほとんどのローンのカテゴリーで増大しており、銀行は商業用モーゲージや商工ローンの信用基準を厳しくしたとの指摘があった。いくつかの地区での銀行のコンタクトでは、経済についての懸念について言及された。シカゴ地区での銀行のコンタクトにおいては、最近の金融市場のボラティリティや経済成長の見通し予測の低下について言及がなされる一方で、カンザスシティ地区では弱い景気回復や金融規制についての不確実性についてまとめられた。



銀行・金融の業況については安定もしくは弱まっているとしており、前回の「まちまち」からはやや下方修正してきている。一部の地域でいくつかのローン需要は高まっているとの認識が示されているが、総じて弱くなっている。またローンの質については改善してきているという認識に上方修正されているが、延滞率についてはまちまちである。また金融業の懸念は市場のボラティリティの高さや経済見通しの不確実性の高まりが意識されており、先行きの不透明感から貸出に影響が及んでいく可能性もある。


Agriculture and Natural Resources(農業や鉱業は割愛)


Employment, Wages, and Prices(雇用・賃金・価格)

Labor markets were generally steady, although some Districts reported modest employment growth. Several Districts reported a shortage of skilled workers such as engineers, mechanics, and software developers. Jobs in the health care industry continued to increase, and the Cleveland, Minneapolis, Kansas City, and Dallas Districts indicated growth in energy-related employment. Many Districts reported an increase in auto sales and service technician positions, and several companies in the Minneapolis District announced new manufacturing jobs. The Atlanta District noted that many contacts were focused on productivity and efficiency increases with existing staff, and Richmond said one firm would rather pay overtime than hire new workers. A large staffing firm in Chicago reported a decline in billable hours for staffing and professional services as well as fewer permanent placements, while Boston said demand for permanent and temporary-to-permanent hiring continued to grow. A major New York City employment agency reported unusually slow hiring activity in August but remained cautiously optimistic about future recruitment. Most Districts reported that wage pressures were minimal, but contacts noted some wage gains for several skilled positions as a result of heightened demand.

労働市場は総じて安定しているが、いくつかの地区では緩やかに雇用が伸びているとの報告がなされた。いくつかの地区では、エンジニアや機械、ソフトウェア開発者のような、技術を持ったワーカーの不足が報告された。ヘルスケア産業における仕事は増大し続けており、クリーブランド、ミネアポリス、カンザスシティ、ダラス地区では、エネルギーに関連した雇用の伸びに言及された。多くの地区では、自動車販売やサービス技術のポジションが増加しているとの報告があり、ミネアポリス地区のいくつかの企業では新規の製造業の仕事を通知した。アトランタ得では、多くのコンタクトで既存のスタッフによる生産性や効率の向上に焦点が当たっており、リッチモンド地区では、ある企業が新規に人を雇うよりも残業手当を支払うだろうと述べていた。シカゴ地区のある大きな人材派遣業者は、スタッフや専門サービスの請求可能時間の低下だけでなく、正社員の採用も少なくなっていると報告する一方で、ボストン地区では正社員や一時的な正社員の採用の需要は伸び続けているとの言及がなされた。NYの主要な人材エージェンシーは8月の採用活動は異例なほど鈍化したが、将来のリクルートメントについては慎重ながら楽観的なままであったと報告した。ほとんどの地区で賃金上昇圧力は最小限であるが、コンタクトでは高い需要の結果としていくつかの技術職の賃金は伸びているとの言及があった。



The majority of Districts reported fewer price pressures, but input costs continued to rise in select industries. The New York, Philadelphia, Cleveland, and San Francisco Districts noted some stabilization or decline in raw materials prices but Chicago said elevated commodity prices continued to put pressure on costs, particularly copper and steel. Manufacturers in the Boston District were able to pass through input price increases with little resistance, although a semiconductor firm was one exception. The Kansas City District reported construction materials prices as steady, excluding prices of petroleum-based products such as roofing shingles and asphalt, which continued to rise. Retail prices were steady or rising slightly in New York, Richmond, and Atlanta, although some Atlanta District retailers mentioned that weak sales could prompt them to lower prices. Retailers in the Dallas District noted a slight decline in overall prices, although increases were observed in certain high-end goods and cotton-based products. Prices for cotton-based products, such as clothing, also increased in the San Francisco and Cleveland Districts. Food prices climbed higher in the Cleveland and Chicago Districts, and restaurants in the Kansas City District expected further increases in menu prices as a result of rising food costs.


主要な地区では価格プレッシャーは少なくなってきているが、投入コストはいくつかの業種で上昇し続けているとの報告だった。NY、フィラデルフィア、クリーブランド、サンフランシスコ地区では原材料価格が安定化もしくは低下しているとの言及だったが、シカゴ地区では、特に石炭や鉄鋼で高止まりするコモディティ価格がコストに圧力を与えるづけていると述べた。ボストン地区の製造業者は少し抵抗がありながらも価格転嫁することが出来ているが、半導体の会社は唯一例外だった。カンザスシティ地区では、(上昇し続けている)屋根の葺き板やアスファルトのような石油から作られた製品除いた、建設資材の価格は安定しているとの報告だった。小売価格はNY、リッチモンド、アトランタ地区で安定もしくはやや上昇だったが、いくつかのアトランタ地区の小売業者は弱い販売は低価格化を促すだろうと言及した。ダラス地区の小売業者は全体の価格についてわずかに低下したが、ハイエンド製品やコットン製品は確かな上昇が確認された。食品価格はクリーブランドやシカゴ地区で高くなっており、カンザスシティ地区のレストランは、食品コストの高まりの結果メニューの価格の引き上げを予測していた。




労働市場の認識については総じて安定、もしくは緩やかに伸びている(generally steady, although some Districts reported modest employment growth)との報告であり、前回の「軟調(soft)」からすればやや改善している動きのようにも思われる。専門職の引き合いは相変わらず強い状況が継続している。しかし、一部専門職を除いて賃金は抑制気味に推移しており、賃金インフレという状態からは程遠いものとなっている。価格については、価格上昇圧力は一部の業種を除いては少なくなっているとしており、コモディティ価格の高騰が一服しインフレ圧力がさらに軽減されたことが示唆されている。


2週間後にFOMCが開催されるが、声明文における景気認識について特段の変更はないものと見られる。労働市場の状況について、先日発表された雇用統計を見る限りにおいて非農業部門雇用者数が前月と変わらずだったようにモメンタムは悪化している。インフレについてはヘッドラインCPIやコアCPIは高いものの、次第に落ち着いていく見通しが示されるものとみられる。政策についてはオペレーションツイスト、すなわち、償還を迎える分や短期債を一部売却し、長期債を購入してイールドカーブをフラット化させるという政策になるものと予想されている。



--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  マクロ  米国 
tb: 0   cm: 0

« ECB理事会~インフレリスクは「均衡がとれている」  |  SNBがユーロスイスフランの最小レートを1.20に設定~フラン安に対応 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/490-5b19d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。