03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~ツイストオペ実施の決定 

9月20-21日に連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、声明文が公表された。以下は抄訳である(ステートメントはFedサイト参照)。


Information received since the Federal Open Market Committee met in August indicates that economic growth remains slow. Recent indicators point to continuing weakness in overall labor market conditions, and the unemployment rate remains elevated. Household spending has been increasing at only a modest pace in recent months despite some recovery in sales of motor vehicles as supply-chain disruptions eased. Investment in nonresidential structures is still weak, and the housing sector remains depressed. However, business investment in equipment and software continues to expand. Inflation appears to have moderated since earlier in the year as prices of energy and some commodities have declined from their peaks. Longer-term inflation expectations have remained stable.

8月のFOMC会合後に入手した情報では、経済成長は鈍化したままである。最近の指標は労働市場全体の状況に弱さが続いていることを示しており、失業率は高止まりしている。自動車販売においてサプライチェーン障害が緩和されたことでいくらか回復しているものの、家計支出は緩やかなペースでの拡大でしかない。非住居用構造物への投資は依然として弱いままであり、住宅セクターは低迷したままである。しかし、機器やソフトウェアといった企業の投資は拡大が続いている。エネルギーや他のコモディティの価格は高値から下落しており、インフレは年前半からは緩やかになってきている。長期的なインフレ予測は安定したままである。



Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee continues to expect some pickup in the pace of recovery over coming quarters but anticipates that the unemployment rate will decline only gradually toward levels that the Committee judges to be consistent with its dual mandate. Moreover, there are significant downside risks to the economic outlook, including strains in global financial markets. The Committee also anticipates that inflation will settle, over coming quarters, at levels at or below those consistent with the Committee's dual mandate as the effects of past energy and other commodity price increases dissipate further. However, the Committee will continue to pay close attention to the evolution of inflation and inflation expectations.

法定責務と一致するよう、委員会は最大雇用と物価安定の促進を模索している。委員会は今後数四半期で回復がやや上向きになると予測ているが、失業率は委員会がデュアル・マンデートに一致すると判断する水準に向かって徐々にしか減らないと予測している。さらに、経済の見通しに強いダウンサイドリスクが存在しており、グローバルな金融市場の緊張を含んでいる。委員会は今後数四半期で、先過去のエネルギーや他のコモディティ価格の消散する効果が先行き拡大することから、インフレが委員会のデュアルマンデートと一致するか、それを下回る水準に落ち着くと予想している。しかしながら、委員会はインフレやインフレ期待の進展に緊密な注意を払い続けるつもりである。



To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with the dual mandate, the Committee decided today to extend the average maturity of its holdings of securities. The Committee intends to purchase, by the end of June 2012, $400 billion of Treasury securities with remaining maturities of 6 years to 30 years and to sell an equal amount of Treasury securities with remaining maturities of 3 years or less. This program should put downward pressure on longer-term interest rates and help make broader financial conditions more accommodative. The Committee will regularly review the size and composition of its securities holdings and is prepared to adjust those holdings as appropriate.

より力強い経済回復を支援し、時間と共にインフレがデュアルマンデートに即した水準に回復するのを手助けするため、委員会は本日、保有している証券の残存期間の延長を決めた。委員会は2012年の6月までに6-30年の年限の米国債を4000億ドル購入し、同額の3年以下の年限の証券を売却する予定である。このプログラムは長期金利を押し下げることで、より広い金融の状況をさらに緩和的にすることを手助けするものである。委員会は保有している証券のサイズと構成について定期的に見直しを行い、適切なものとして保有している証券の調節を行っていく準備がある。



To help support conditions in mortgage markets, the Committee will now reinvest principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities. In addition, the Committee will maintain its existing policy of rolling over maturing Treasury securities at auction.

モーゲージ市場の状況をサポートするために、委員会はエージェンシー債やエージェンシーのMBS(モーゲージ担保証券)の償還した資金でMBSに再投資を行う。さらに委員会は行動として既存の償還再投資政策を維持していくつもりである。



The Committee also decided to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate at least through mid-2013.

委員会はFF金利の誘導目標を0-0.25%に据え置くことも決め、現在の経済状況の予測、すなわち低い資源活用や中期的に安定したインフレ見通しは、FF金利を少なくとも2013年の半ばまで異例なほど低い水準にすることを正当化するだろう。




The Committee discussed the range of policy tools available to promote a stronger economic recovery in a context of price stability. It will continue to assess the economic outlook in light of incoming information and is prepared to employ its tools as appropriate.

委員会は物価安定の文脈において力強い経済回復を促進することが出来る政策手段の範囲について議論した。入手できる情報に照らして経済見通しを評価し、適切なものとしてその手段を採用する準備がなされている。



Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Charles L. Evans; Sarah Bloom Raskin; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen. Voting against the action were Richard W. Fisher, Narayana Kocherlakota, and Charles I. Plosser, who did not support additional policy accommodation at this time.

FOMCの金融政策の行動への投票は、B.バーナンキ、W.ダドリー、E.デューク、C.エバンス、S.ラスキン、D.タルーロ、J.イエレンの各委員が賛成票。R.フィッシャー、N.コチャラコタ、C.プロッサーの各委員は反対票を投じ、追加の緩和策について現時点で支援しないとした。




--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  FOMC  オペレーションツイスト  ZIRP  金融政策 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~オペレーションツイストとMBSの再投資決定  |  China View Aug.2011~全体的に指標は鈍化 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/493-2b0e4d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。