09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~9月は経済活動が「拡大」も見通しは弱まる 

10月19日にFedはFOMCでの経済認識の判断材料となる地区連銀経済報告(ベージュブック)を公表した。以下はサマリーの部分の抄訳である。全文はFedサイト参照。


Reports from the twelve Federal Reserve Districts indicate that overall economic activity continued to expand in September, although many Districts described the pace of growth as "modest" or "slight" and contacts generally noted weaker or less certain outlooks for business conditions. The reports suggest that consumer spending was up slightly in most Districts, with auto sales and tourism leading the way in several of them. Business spending increased somewhat, particularly for construction and mining equipment and auto dealer inventories, but many Districts noted restraint in hiring and capital spending plans. By sector, manufacturing and transportation activity was reported to have increased on balance. A few Districts also reported slight improvements in construction and real estate activity; nonetheless, overall conditions for both residential and commercial real estate remained weak. Districts reporting on nonfinancial services cited mixed results with activity varying widely by industry. Loan demand by and large moved lower, with the exception of an increase in mortgage refinancing in many Districts. Crop conditions at harvest were generally less favorable than a year ago. In contrast, energy and mining activity continued to strengthen in several Districts, with the exception of some storm-related slowdowns in the Gulf of Mexico. Cost pressures eased in the majority of Districts, though there was some further pass-through of earlier increases to downstream prices. Wage pressures remained subdued outside of a few exceptions in which firms noted having difficulty finding appropriately skilled workers.


12地区連銀からの報告では、全体的な経済活動は9月に拡大し続けたが、多くの地区では成長のペースが「緩やか」、もしくは「僅か」だと述べており、コンタクトでは総じて経済状況の見通しは弱まるか明確ではないと言及した。報告では、消費支出がほとんどの地区でわずかに上昇しており、いくつかの地区では自動車販売や観光が牽引した。企業支出は、特に建設・鉱山機器や自動車ディーラーの在庫向けでやや増加したが、多くの地区では採用や資本支出の抑制に言及した。セクターでは、製造業の活動はバランスよく増加していると報告された。ある地区では建設や居住用不動産の活動がわずかに改善したと報告した。しかし、居住用及び非居住用の不動産の全体的な状況は弱いままだった。複数の地区では、非金融サービスは業界で広く変化していることもあり、まちまちな結果だと述べた。ローンの需要は大きく減少し、多くの地区ではモーゲージのリファイナンスの増加を予測していた。穀物の収穫の状況は総じて1年前よりも好ましいものではなかった。対照的に複数の地区でエネルギーや鉱山の活動は力強さが継続していたが、例外的にメキシコ湾で嵐によりスローダウンした。コスト圧力は大半の地区で緩和されたが、さらなる川下への価格転嫁の増加があった。賃金圧力は、企業で適切なスキルを持った労働者の採用が難しいと言及した地区を除いては抑制されたままだった。



前回のベージュブックにおいて、基調判断は"economic activity continued to expand at a modest pace"(経済活動は緩やかなペースで拡大が続いている)としており、9月においても拡大したものの、「緩やか」であったか、もしくは「僅か」なものであったという認識を示した。経済活動が縮小しているわけではないものの、そのペースについては前回報告時よりもさらに低下したという判断であることから、景気拡大のモメンタムはさらに弱まっているという認識を持っている。先行き見通しについては、弱まるか、もしくは明確ではない、としており、少なくとも景気拡大のモメンタムはさらに低下することを示唆している。米国経済全般において、不確実性が強まっているというのが節々で強調されており、特にこれまで堅調とされてきた企業の設備投資についても先行きに不安がある、という認識を示している


Consumer Spending and Tourism(消費支出・観光)
Consumer spending was up slightly in September. The majority of Districts reported increases in auto sales, with the largest improvements in San Francisco and New York. Several Districts noted a greater availability of new vehicles as the supply disruptions that had plagued auto dealerships in the aftermath of the Japanese disaster subsided. Contacts in the Cleveland, New York, Philadelphia, and Dallas Districts indicated that demand for used cars remained high and that some models were still scarce. A large number of Districts reported that non-auto retail sales were flat to down in September; but a few, such as Philadelphia, Richmond, and Dallas noted an increase in customer traffic late in the month and into early October. Back-to-school sales were described as being fairly strong in New York and satisfactory in Richmond. In addition, Boston, Chicago, Kansas City, and Dallas cited some strength in the sales of big-ticket or luxury items, while Minneapolis and Chicago noted that more consumers were trading down to value products at grocery stores.

消費支出は9月にわずかに上昇した。大半の地区では自動車の販売が増加したと報告し、サンフランシスコ及びNY地区で大きな改善となった。複数の地区では、多くの自動車ディーラーを苦しめた、日本の震災の余波としてのサプライチェーン障害が収まったことで新車のアベイラビリティが高まったと言及した。クリーブランド、NY、フィラデルフィア及びダラス地区では中古車の需要が高く、いくつかのモデルは未だに(確保が)難しいと指摘した。多くの地区では、自動車を除く小売販売は9月に横ばいだったか、低下した。しかし、フィラデルフィアやリッチモンド、ダラスのような地区では9月後半や10月上旬でも来客率が上昇したと言及した。新学期セールスはNY地区でかなり強く、リッチモンド地区で満足がいくものであったという記述があった。さらに、ボストン、シカゴ、カンザスシティ、ダラス地区では高級品や贅沢品の販売がやや強まったと言及がある一方で、ミネアポリス及びシカゴ地区では多くの消費者が食料店での付加価値品の販売が減少したと述べた。


Tourism was generally higher in those Districts reporting on the sector. Contacts in New York noted that, despite the negative impact of Hurricane Irene, Broadway and hotel revenues continued to rise. Richmond reported substantial damage from Hurricane Irene to some tourist destinations that were subsequently forced to close for repairs, but tourism remained vibrant in other areas. Boston, Atlanta, and Minneapolis also cited increases in tourism, with hospitality contacts in Atlanta expecting a robust holiday season. Tourism results were mixed across various destinations in the San Francisco district.

観光業は以下の地区で高かった。NY地区のコンタクトでは、ハリケーン・アイリーンのネガティブなインパクトがあったにもかかわらず、ブロードウェイやホテルの収入は上昇して推移したと述べた。リッチモンド地区では、いくつかの観光地でハリケーン・アイリーンの大きなダメージがあり、修復のため閉鎖を余儀なくされたが、観光は他の地区で活気があり続けた。ボストン、アトランタ及びミネアポリス地区でも観光は増加し、アトランタ地区の接客業とのコンタクトでは堅調なホリデーシーズンを期待していた。サンフランシスコ地区では観光業の成績は様々な目的地によってまちまちであった。



消費支出については、前回の報告と同様わずかに(slightly)高まったという認識となった。自動車の販売は東日本大震災の影響によるサプライチェーン障害により、一時的に品薄状態だったがそれが解消されたことにより増加基調を強めている。しかし、全般的にはそれ程強いわけではないという印象であろう。


Business Spending(企業支出)
Business spending increased somewhat from the previous report. However, contacts in a number of Districts reported that a weaker and more uncertain economic outlook had increased caution and was weighing on future spending plans. Philadelphia, Richmond, and Chicago indicated that many retailers were reluctant to build inventories ahead of the holiday season, pointing to recent declines in consumer confidence. Auto dealers were an exception, as they continued to replenish inventories that ran low in the aftermath of the production disruptions caused by the Japanese disaster. Capital spending continued as planned in most Districts. Respondents in Cleveland, Atlanta, and Chicago noted increased purchases of equipment in the manufacturing, mining, and transportation industries. Boston and Minneapolis indicated that some manufacturers planned to expand capacity either through mergers and acquisitions or the building of additional facilities. Atlanta cited a pick-up in corporate expansion and relocation interest, and Chicago noted an increase in mergers and acquisitions activity among middle-market firms.

企業支出は前回の報告からやや増加した。しかし、複数の地区のコンタクトでは、経済見通しについて弱まるか、さらに不確実性が高まることが将来の支出の計画について慎重あるいは熟慮を重ねさせているとの報告があった。フィラデルフィア、リッチモンド及びシカゴ地区では、多くの小売業者はホリデーシーズン前の在庫の構築に消極的であり、最近の消費者信頼感の低下を指摘したと示唆した。自動車ディーラーは例外であり、日本の震災によって引き起こされた生産障害の結果低下していた在庫の再構築を続けていた。資本支出はほとんどの地区で計画通りに継続した。クリーブランド、アトランタ、シカゴ地区の回答者は、製造業、鉱業、輸送産業において機器の購入が増加したと言及した。ボストンやミネアポリス地区では、いくつかの製造業者が、M&Aや追加の工場を建設することを通じてキャパシティを拡大するとの計画があるとの指摘だった。アトランタ地区では、業容拡大や移転の関心について上向きと言及し、シカゴ地区では、中規模の企業の間でのM&Aの活動が増加しているとの言及だった。



企業支出については、拡大が継続しているとの見方を継続したが、そのモメンタムは低下しており、先行きの支出計画については慎重もしくは熟慮を重ねているとの見方だった。サプライチェーン障害により在庫が逼迫している自動車ディーラーを除き、小売業者が在庫の積み増しに前向きではないということから、先行きの消費者の需要も弱まるのではないかとの見通しを反映した動きとなっている。


Nonfinancial Services(非金融サービス)
Reports regarding nonfinancial services were mixed in September. Richmond noted slower overall activity, and St. Louis cited reduced demand for telecommunications, media, and education services. Demand for accounting and legal services was reported to have been unchanged in both Dallas and San Francisco. On the positive side, contacts in St. Louis reported that demand for business support services increased, and Boston reported strong business conditions for economic consulting firms involved with litigation work and advertising firms helping to market financial services. In addition, San Francisco noted continued growth in demand for technology services, Minneapolis noted an increase in activity in software and engineering, and Philadelphia cited some growth in logistics. Staffing at nonfinancial service-sector firms was reported to have been up slightly in Richmond, but growth slowed in Chicago and Philadelphia reported flat activity.

非金融サービスの報告は、9月はまちまちであった。リッチモンド地区では、全体的な活動が減速し、セントルイス地区では通信、メディア、教育サービスの需要が低下したと言及した。会計及び法律サービスの需要はダラス及びサンフランシスコ地区で変わらずだったとの報告された。前向きな点では、セントルイス地区のコンタクトでは企業支援サービスの需要が拡大していると報告され、ボストン地区では、訴訟や、金融関連の広告企業に携わる経済コンサルティング企業の強い業況が報告された。さらに、サンフランシスコ地区では、テクノロジーサービスの需要が伸び続けているとの言及があった。ミネアポリス地区では、ソフトウェアやエンジニアリングの活動が増加したと述べ、フィラデルフィア地区では流通でやや伸びていると言及した。非金融サービスセクターの企業における人員配置は、リッチモンド地区でやや増加したが、シカゴ地区では伸びが鈍化し、フィラデルフィア地区では活動が横ばいと報告された。



非金融サービスについて、前回報告では「やや高まった(edged higher)」としていたが、今回の報告では「まちまち(mixed)」と下方修正を行なっている。


Manufacturing and Transportation(製造業・運輸)
Contacts indicated that manufacturing and transportation activity increased since the last report in most Districts. A large number of Districts reported higher production of autos and other transportation-related equipment. Cleveland, Atlanta, and Chicago noted increases in auto production, and Boston, Richmond, Chicago, and St. Louis all cited robust activity for auto suppliers. Dallas reported healthy demand for nondefense transportation goods. Boston, Richmond, Kansas City, and San Francisco indicated continued growth in commercial aviation and aerospace manufacturing. Steel production rose in Cleveland and Chicago, and in a number of Districts metal manufacturers' new orders also rose. Other areas of manufacturing were more mixed. The Dallas report noted a decline in refining activity. However, both Dallas and Atlanta continued to note robust oil and gas drilling activity, and this activity was said to be propelling demand for related equipment from suppliers in Chicago. Manufacturing of construction materials or equipment was reported to have increased some in Philadelphia, Chicago, and Dallas but remained weak in most other Districts. Growth in high-tech manufacturing continued to be robust in Boston, but moderated in Dallas and San Francisco. Respondents reported that food production was up in Chicago, Minneapolis, and San Francisco, steady in Dallas, and lower in Boston. Manufacturers of consumer products reported a softening in orders in Richmond, Chicago, and Dallas, while new orders for apparel increased in San Francisco. Freight traffic increased in Cleveland and Atlanta, driven in large part by shipments of commodities, and Richmond also noted that port activity for commodities continued to be robust. However, Richmond also indicated that imports and exports, in particular of consumer goods, were both somewhat soft during what is typically the peak season for trade.

ほとんどの地区で、コンタクトでは製造業や運輸業の動きは前回の報告以降増加していると指摘した。多くの地区では、自動車や輸送関連機器の高い生産を報告した。クリーブランド、アトランタ、シカゴ地区では自動車生産が増加し、ボストン、リッチモンド、シカゴ及びセントルイス地区では、自動車のサプライヤーの活動が堅調だったと報告した。ダラス地区では非国防輸送品の需要は健全だと報告した。ボストン、リッチモンド、カンザスシティ及びサンフランシスコ地区では商業用航空機や航空宇宙製造の伸びが続いていると指摘した。鉄鋼生産はクリーブランドやシカゴで増加し、いくつかの地区で金属製品業者の新規受注も上昇していた。製造業の他の地域ではまちまちであった。ダラス地区では、精製業の動きが減少したと言及した。しかし、ダラスやアトランタ地区では石油やガス業の堅調な動きが継続し、この活動はシカゴ地区でサプライヤーからの関連した機器の需要を押し上げていると述べた。建設資材及び機器の製造はフィラデルフィア、シカゴ及びリッチモンド地区でやや増加したと報告されたが、他の殆どの地区では弱いままだった。ボストン地区ではハイテク産業の伸びが堅調であり続けたが、ダラス及びサンフランシスコ地区では緩慢になった。回答者は、食品製造についてシカゴ、ミネアポリス、サンフランシスコ地区で上向きであり、ダラス地区で着実、ボストン地区で低下していると報告した。消費財の製造業者は、リッチモンド、シカゴ及びダラス地区ではで受注が軟化したと報告した一方で、サンフランシスコ地区ではアパレルの新規受注が増加したと報告した。貨物輸送はクリーブランドやアトランタ地区で増加し、リッチモンド地区ではコモディティの港湾における動きは堅調だったと言及した。しかしながら、リッチモンド地区では、同時に輸入及び輸出が、とりわけ消費財において、貿易のピークの時期からやや軟調になっていると指摘した。



製造業について、前回は「全米を通じてまちまちだったが、活動のペースは多くの地区で鈍化した(Manufacturing conditions were mixed across the country, but the pace of activity slowed in many Districts.)」としていたが、今回報告では自動車関連において高い生産の報告となるなど、増加基調であるとしており、判断を上方修正しているということが出来る。9月の鉱工業生産は前月比0.2%の伸びとなっており、8月の横ばいからすれば上向きであり、こうした見方を裏付けている。今後については世界経済の需要の動向もあるが、タイの水害によるサプライチェーン障害がどの程度影響しているかも気にかかる。インパクトからすれば、東日本大震災と比較すればはるかに小さいものと思われるが、東南アジアの生産拠点であることから、堅調な製造業の生産にも波紋を投げかける可能性もあろう。


Real Estate and Construction(不動産・建設)
All twelve Districts reported that real estate and construction activity was little changed on balance from the prior report. Residential construction remained at low levels, particularly for single-family homes. That said, Philadelphia, Cleveland, and Minneapolis noted small increases in single-family construction, and construction of multifamily dwellings continued to increase at a moderate pace in Boston, Philadelphia, Cleveland, Kansas City, Dallas, and San Francisco. Home sales remained weak overall, and home prices were reported to be either flat or declining across all of the Districts. In contrast, rental demand continued to rise in a number of Districts. Commercial real estate conditions remained weak overall, although commercial construction increased at a slow pace in most Districts. Boston, Philadelphia, St. Louis and Cleveland cited some gains in demand for construction of education, healthcare, and institutional-related buildings, and New York reported an increase in hotel development. Furthermore, Philadelphia, Cleveland, and Chicago noted an increase in demand for manufacturing and distribution facilities. Vacancy rates remained elevated, but Boston, Atlanta, Chicago, Minneapolis and Dallas reported an increase in leasing activity and Philadelphia and San Francisco indicated rising investor interest in well-leased office space.

すべての12地区では不動産及び建設の活動は前回の報告以降ほとんど変化がないと報告した。居住用建設は特に単一家族向けの住宅で低い水準で推移した。フィラデルフィア、クリーブランド、ミネアポリス地区では、単一家族の建設がやや増加し、マルチファミリー住宅の建設はボストン、フィラデルフィア、クリーブランド、カンザスシティ、ダラス及びサンフランシスコ地区で緩やかなペースで拡大が続いた。住宅販売は総じて弱く推移しており、住宅価格はすべての地区を通じて横ばいか低下していると報告された。対照的にレンタル需要は複数の地区で上昇し続けた。商業用不動産の状況は総じて弱いが、商業用建設はほとんどの地区で緩やかなペースで増加した。ボストン、フィラデルフィア、セントルイス及びクリーブランド地区では教育(施設)、ヘルスケア、制度的な関連の建設の需要がやや増加し、NY地区ではホテル開発が増加していると報告した。さらに、フィラデルフィア、クリーブランド、シカゴ地区では製造業や配水施設の需要が増加したと述べた。空室率は高止まりしているが、ボストン、アトランタ、ミネアポリス及びダラス地区ではリースの動きが増加し、サンフランシスコ地区では投資家が十分なリース用のオフィススペースの関心が高まっていると指摘した。



不動産・建設業は変わりがないということから、弱いままであるという判断を継続しているとみてもよい。


Banking and Finance(銀行・金融)
Financial activity was reported to have weakened some since the last report. Dallas noted that the improvement in financial conditions had stalled, and Chicago indicated a further tightening of credit conditions, particularly for financial firms. In addition, New York reported noticeably weaker activity in the securities industry. Loan volumes were either flat or down slightly in most Districts. Consumer loan demand moved lower according to respondents in Cleveland, Chicago, and Kansas City, and it held steady in New York and San Francisco. However, New York, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Chicago, and Kansas City all noted an increase in mortgage refinancing activity given lower mortgage rates and Cleveland also noted continued strength in auto lending and increased demand for business loans. Meanwhile, business loan demand was described as down somewhat in Philadelphia, Chicago, St. Louis, and Kansas City and was little changed in most other Districts. Loan standards were described as still tight for many classes of borrowers. That said, several Districts indicated that strong competition among banks for high quality borrowers was leading to lower rates and fees for these customers.


金融の動向は前回の報告以降やや弱まったと報告した。ダラス地区では、金融の状況改善が停滞していると述べ、シカゴ地区では、特に金融機関で信用状況がさらに厳しくなったと指摘した。さらにNY地区では証券業で著しく弱いと報告した。ローンの量は多くの地区で横ばいもしくはやや低下した。消費者ローンの需要はクリーブランド、シカゴ及びサンフランシスコ地区での回答によると低下方向に動き、NYやサンフランシスコ地区では着実さが保たれた。しかし、NY、フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド及びカンザスシティ地区の全てでさらなる低金利を背景にモーゲージのリファイナンスの動きが増加していると述べ、クリーブランド地区では自動車向け貸出に力強さが継続し、企業ローンの需要も増加したと述べた。一方で、企業ローンの需要はフィラデルフィア、シカゴ、セントルイス地区でやや減少し、他の殆どの地区ではあまり変わらなかったとの記述があった。信用基準は借り手の多くのクラスで厳しいままであるとの記述があった。いくつかの地区では、銀行間で高い信用の借り手を巡っての強い競争はこれらの顧客にとって金利や手数料をより低くさせていると指摘した。



金融の動向については弱まっているとし、金融機関で信用状況がタイトニングしていることから信用市場の悪化が示唆されている。また証券業が著しく弱いとしており、市場部門での厳しさが浮き彫りにされている。この点については金融各社の決算において、CVA(Credit Valuation Adjustments)による評価益が発生している(すなわち自社の信用力低下により、会計上利益が発生する)ものの、本業では悪化していることが示されていた。また資金需要が乏しいことから、信用の質が高い顧客に対して銀行間で貸し出し競争が激化しており、貸出金利や手数料も低下することで銀行業務を圧迫していることを示唆している。一方でモーゲージのリファイナンス増加についての予測はポジティブな動きとして評価出来るといえる。但し、MBA住宅ローンリファイナンス指数はモーゲージ金利が過去最低にある中でそれ程力強く上昇していないのはネガティブエクイティによりリファイナンス出来ない借り手が多いということでもあり、難しい問題を抱えているといえる。以下はMBA住宅ローンリファイナンス指数の推移(出所:Bloomberg)。


MBARefi 20111020.


(Agriculture and Natural Resourcesは割愛)


Employment, Wages, and Prices(雇用・賃金・価格)
Respondents indicated that labor market conditions were little changed, on balance, in September. Several Districts cited only limited and selective demand for new hires. Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, and Kansas City all noted that firms in some sectors that were hiring more broadly (such as manufacturing, transportation, and energy) were also experiencing difficulties in finding appropriately skilled or qualified labor. Respondents in the Boston, Richmond, Atlanta, and Chicago Districts indicated that hiring was being restrained by elevated uncertainty or lower expectations for their future growth. New York reported that deteriorating business conditions in the finance industry had led to a pull back in hiring with some layoffs anticipated in the months ahead. Richmond and Chicago reported reduced seasonal hiring in retail trade given apprehension about the strength of holiday sales, while New York indicated that seasonal hiring was likely to increase.

回答者は9月において労働市場の状況があまり変化がないと指摘した。複数の地区では、新規採用について限定的か選択的な需要でしかないと言及した。クリーブランド、リッチモンド、アトランタ、シカゴ及びカンザスシティ地区では、総じて(製造業や輸送、エネルギーといった)より広範囲で採用しているいくつかのセクターの企業は適切なスキルまたは質の高い労働者を確保するという問題も発生している。ボストン、リッチモンド、アトランタ、シカゴ地区の回答者は、先行きの伸びについて不確実性が高まっているか、もしくは低い見通しであることから、採用が抑制されていると指摘した。NY地区では、金融産業におけるビジネスの状況の悪化は、数カ月先のレイオフの予測を伴い、採用を引っ込めてしまっていると報告した。リッチモンド及びシカゴ地区では、ホリデーシーズンの力強い販売について不安を抱えていることから、小売業における季節的な採用が減っていると報告した一方、NY地区では季節的な採用は増加するのではないかと指摘した。


Most Districts reported that wage pressures remained subdued. Exceptions were generally for workers with specialized skills or in areas where firms were having difficulty finding workers. For instance, Atlanta and San Francisco cited wage gains for workers with specialized skills, such as in information technology, Minneapolis reported wage increases in the energy industry, and Cleveland noted higher wages for truck drivers. In addition, contacts in Minneapolis and Cleveland noted increases in non-wage costs such as healthcare. Most other cost pressures moderated in September. Although Kansas City and San Francisco reported increases in raw material costs, most Districts reported a general decline in commodity prices, including prices of oil and industrial metals. Many Districts indicated that there continued to be some further pass-through of past increases to wholesale prices. Though retail contacts noted a hesitation to increase prices with demand still weak, many Districts reported increased pass-through of costs in the retail sector, particularly for food and cotton-based goods.


ほとんどの地区では、賃金圧力は抑制して推移していた。例外は、総じて専門的なスキルを持った労働者、もしくは企業が労働者を探すのが難しい地域である。例えば、アトランタやサンフランシスコ地区では、情報技術のような専門的なスキルをもった労働者で賃金が上昇していると言及し、ミネアポリス地区ではエネルギー産業で賃金が増加したと報告し、クリーブランド地区ではトラックのドライバーで賃金がより高まっていると述べた、さらに、ミネアポリスやクリーブランド地区のコンタクトではヘルスケアのような非賃金コストが増大していると述べた。他のほとんどのコスト圧力は、9月はモデレートだった。カンザスシティやサンフランシスコ地区では、原材料のコストが上昇していると報告したが、ほとんどの地区では、総じて石油や産業金属の価格を含むコモディティ価格の低下を報告した。多くの地区では、卸売価格へのさらなる価格転嫁がやや存在し続けていると述べた。小売業のコンタクトでは未だに弱い需要により価格を引き上げることに躊躇していると述べたが、多くの地区では、特に食品や綿製品において、小売業におけるコストの転嫁が増加していると報告した。



労働市場については、前回の報告で「総じて安定、もしくは緩やかに伸びている(generally steady, although some Districts reported modest employment growth)」としており、それからあまり変化がないことから基調判断を据え置いている。但し、金融業においては市場環境の悪化からレイオフの動きもあり、採用が引っ込んでしまっていることや、11月末からのホリデーシーズンの見通しに対して不安を抱えていることから、小売業で採用を低下させているということが示されており、先行きについてはダウンサイドリスクが強い、という認識となっている。インフレについては、賃金上昇の圧力は抑制されているが、川上のコスト高により、価格転嫁がまだ続いているということが示された。9月のCPIにおいても前月比の伸び率は低下し、物価上昇圧力が緩和していることが示されているものの、それでも食品やエネルギーといった分野(コアインフレではなくヘッドラインインフレで反映)で高止まりが示され、コアインフレも前年比2%の伸びが継続していることから、先行きは低下するという見通しがあっても現段階で物価上昇圧力が明確に弱まったと判断することは難しい。この点で、11月のFOMCにおいてさらなる追加緩和策の導入については、ハト派委員から導入すべきという意見が出てくるであろうが、コンセンサスを得ることは難しいようにも思われる。従って、フォワードガイダンスの更なる明示化について導入の可能性はあるものの、QE3といったバランスシートを拡大させるような資産購入は難しく、現状据え置きで決定される公算が大きいように思われる。





--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  米国  Fed  FOMC 
tb: 0   cm: 0

« MBS追加購入に向けてコンセンサス形成か~Fedの次の一手か  |  China View Sep.2011~7-9月期GDPは鈍化も底堅い »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/502-ad611875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。