05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ベージュブック~セントルイス地区を除き経済活動は緩やかに拡大 

11月30日にFedはFOMCにおける経済見通しの判断材料となるベージュブック(地区連銀経済報告)を公表した。以下はサマリー部分の抄訳である。全文はFedのサイト参照。


Overall economic activity increased at a slow to moderate pace since the previous report across all Federal Reserve Districts except St. Louis, which reported a decline in economic activity. District reports indicated that consumer spending rose modestly during the reporting period. Motor vehicle sales increased in a number of Districts, and tourism showed signs of strength. Business service activity was flat to higher since the previous report. Manufacturing activity expanded at a steady pace across most of the country. Overall bank lending increased slightly since the previous report, and home refinancing grew at a more rapid pace. Changes in credit standards and credit quality varied across Districts. Residential real estate activity generally remained sluggish, and commercial real estate activity remained lackluster across most of the nation. Single family home construction was weak and commercial construction was slow. Districts mostly reported favorable agricultural conditions. Activity in the energy and mining sectors increased since the previous report.

全体的な経済活動は、セントルイス地区を除くすべての地区で前回の報告以降、「遅い」から「緩やかな」ペースで拡大した。セントルイス地区は、経済活動が減少したと報告した。地区連銀の報告では、報告期間を通して消費支出が堅調に上昇したと示唆した。自動車販売はいくつかの地区で増加し、観光は力強い兆候が示された。企業のサービス活動は前回の報告以降横ばいから高まってきた。製造業の動向は国の殆どで着実なペースで拡大した。全体的な銀行の貸出は前回の報告以降やや増加し、家計のリファイナンスはより速いペースで増加した。信用基準の変化や信用の質は地区を通じてまちまちなものとなった。居住用不動産の動向は総じて弱さが続き、商業用不動産の動向は国の殆どを通じて精彩を欠いたままであった。単一家族用の住宅建設は弱く、商業用の建設も鈍かった。複数の地区で好ましい農業の状況を報告した。エネルギーや鉱山セクターの活動は前回の報告以降増大した。


Hiring was generally subdued, although some firms with open positions reported difficulty finding qualified applicants. Wages and salaries remained stable across Districts. Overall price increases remained subdued, and some cost pressures were reported to have eased.

採用は総じて抑制されたが、いくつかの企業では要件を満たす人材を得るのが難しいと報告した。賃金や給料は多くの地区を通じて安定した。全般的に価格は抑制されており、いくつかのコスト上昇圧力は緩和されたと報告された。



前回10月のベージュブックでは、経済活動について、

overall economic activity continued to expand in September, although many Districts described the pace of growth as "modest" or "slight"
全体的な経済活動は9月に拡大し続けたが、多くの地区では成長のペースが「緩やか」、もしくは「僅か」だと述べた



としており、先行きは弱まるか、もしくは明確ではないとしていた。しかし、今回はセントルイス地区こそ経済活動が減少したものの、それ以外は緩やかなペースで拡大しているとしており、景気の基調判断をやや前向きなトーンに変えている。消費支出についても、前回「僅かな上昇」との認識を示していたが、今回は「堅調に上昇した」としていることから、前向きなトーンとして捉えることが出来る。従って、総じて前回からはやや楽観的な判断に傾いているようである。また、見通しについて、前回では「不確実性が強まっている」という認識が多かったが、今回の報告ではそうした見方が減少してきている。


Consumer Spending and Tourism(消費支出・観光)
District reports indicated that consumer spending increased modestly, on balance, during the reporting period. Kansas City reported that consumer spending strengthened, while retail sales rebounded in Richmond. Gains in retail sales were noted in Philadelphia, Cleveland, Minneapolis, and San Francisco. Boston reported that retailers' estimates of 2011 sales were generally more positive than they were at the beginning of October, while same-store sales in New York were mostly on or ahead of plan. Meanwhile, in Dallas, retail sales growth moderated, and Atlanta and St. Louis reported weaker activity. A few Districts noted that recent colder weather had spurred apparel sales. Inventory levels were generally at desired or comfortable levels in New York and Dallas. Retailers in Atlanta continued with tight inventory management practices, and retailers in Richmond were cautious regarding inventory and expansion. In Kansas City, inventories were above year-earlier levels. Holiday sales were generally expected to be flat or to increase modestly over a year ago in Cleveland, Atlanta, St. Louis, Minneapolis, Dallas, and San Francisco. In Philadelphia, high-end, online, and outlet retailers were the most optimistic for holiday sales, while retailers in Chicago expected to use extended promotional periods and heavy discounting to keep traffic volumes steady.

地区連銀の報告では、報告期間中に消費支出はバランスよく緩やかな増加となったと指摘した。カンザスシティ地区では、消費支出が強化されたと報告し、リッチモンド地区では小売売上が反発したと報告した。小売売上の増加はフィラデルフィア、クリーブランド、ミネアポリス、サンフランシスコ地区で報告された。ボストン地区では2011年の小売業者の予測は10月の初めの時よりも総じてよりポジティブなものだったと報告した一方、NY地区のいくつかのショッピングストアの販売は殆ど計画通りか、計画を上回った。一方、ダラス地区では、小売売上は緩やかな伸びであり、アトランタ及びセントルイス地区では動向が弱かったと報告した。いくつかの地区では最近の寒い天候がアパレル販売をサポートしたと言及した。在庫水準はNY地区、ダラス地区で総じて必要もしくは適切な水準であった。アトランタ地区の小売業者は管理上タイトな在庫水準が継続しており、リッチモンド地区の小売業者は在庫とその拡大について警戒していた。カンザスシティ地区では、在庫は年前半の水準を上回っていた。ホリデーセールスはクリーブランド、アトランタ、セントルイス、ミネアポリス、ダラス、サンフランシスコ地区で対前年比で横ばいかやや増加すると予測した。フィラデルフィア地区では、ハイエンド、オンライン、アウトレットの小売業者はホリデーセールスについて殆ど楽観的だった一方、シカゴ地区の小売業者はプロモーション期間の延長や、着実な来店客数をキープするために大きなディスカウントを張ることを予測していた。


Motor vehicle sales increased in a number of Districts. Gains in auto sales were noted in Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, St. Louis, and Minneapolis. Chicago also reported gains in sales during October, but noted the pace of sales slowed in November and that dealers suspected consumers may be waiting for potential end-of-year deals. Upstate New York dealers reported that sales were steady to stronger and that dealers' service and parts departments continued to perform well. Auto sales were solid in Kansas City, while demand held steady in Dallas. Inventory levels were generally lean or lower than dealers would like in Philadelphia, Cleveland, and St. Louis. In Dallas, vehicle inventories had mostly normalized, while inventory levels increased in Kansas City. Both Philadelphia and Dallas noted supply disruptions for some foreign nameplates due to the flooding in Thailand.

自動車販売はいくつかの地区で増加した。自動車販売はフィラデルフィア、クリーブランド、アトランタ、セントルイス、ミネアポリス地区で増加したと報告された。シカゴ地区では、10月中の販売が上昇したが、11月には販売のペースが鈍化し、自動車デイーラーは消費者が年末の取引まで待っているのではないかと疑っていたとの言及があった。NY地区北部のディーラーは販売が着実から力強くなったと報告し、ディーラーのサービスや部品部門は十分なパフォーマンスが続いたと報告した。自動車販売はカンザスシティ地区で堅調だった一方で、ダラス地区では需要が着実であった。在庫水準は、フィラデルフィア、クリーブランドやセントルイス地区では、総じて無駄がない、もしくは低いものだった。ダラス地区では、在庫水準がほぼ正常化した一方で、カンザスシティ地区では在庫水準が増加した。フィラデルフィア及びダラス地区の両方ではタイの洪水による外国車のサプライチェーン障害に言及があった。


Tourism showed signs of strength. New York and Atlanta described tourism as robust and strong, while activity increased in Minneapolis and posted moderate improvement in Richmond. Boston noted that the travel and tourism sector continued to see strength in overseas and business travel, while discretionary domestic leisure spending was fueled by the affluent customer. In Richmond, tourism was largely flat, but some contacts were cautiously optimistic about the winter season. Airline contacts in Dallas expected to see stable demand through year-end. Strength in hotel bookings and occupancy were noted in Boston, New York, Richmond, Atlanta, Minneapolis, and San Francisco.

観光業は力強い兆候が示された。NY及びアトランタ地区では観光業は堅調及び力強いという記述があった一方、ミネアポリス地区では観光の活動が増加し、リッチモンド地区では緩やかな改善があったと報告した。ボストン地区では、旅行や観光セクターは海外からの観光や出張で力強くみえることが継続していると言及する一方で、随意の国内のレジャー支出は豊かな消費者によって煽られた。リッチモンド地区では観光業は広範に横ばいだったが、いくつかのコンタクトではウィンターシーズンについて注意深い楽観さだった。ダラス地区での航空会社のコンタクトでは年末を通じて需要は安定しているようだと予測した。ホテルの予約や占有率における力強さは、ボストン、NY、リッチモンド、アトランタ、ミネアポリス及びサンフランシスコ地区で言及された。



消費支出については緩やかに拡大したとの報告だった。前回の「わずかに(slightly)高まった」という認識からすれば、ほぼ基調判断を上方修正してきている。今回の調査は11月ということもあり、クリスマス商戦の見通しについて関心が集まっているが、報告では総じて前年からやや伸びており、楽観的な意見がみられている。


Nonfinancial Services(非金融サービス)
Business service activity was flat to higher since the previous report. Boston, New York, Philadelphia, Minneapolis, and Kansas City reported increased activity. St. Louis was mixed, while Richmond, Chicago, and San Francisco indicated overall flat activity. Dallas reported that demand for staffing services held steady at high levels. St. Louis reported that firms in business support services, medical research services, and transportation services announced plans to expand operations and hire new workers, while contacts in temporary help services, government services, and education services announced plans to decrease operations. San Francisco noted that sales continued to grow for providers of technology services, in particular for software applications used for mobile computing and communication devices.

企業サービスの動向は前回の報告以降、横ばいから高まった。ボストン、NY、フィラデルフィア、ミネアポリス及びカンザスシティ地区では、活動が増加したと報告があった。セントルイス地区ではまちまちで、リッチモンド、シカゴ、サンフランシスコ地区では総じて横ばいな活動が報告された。ダラス地区では、人材サービスの需要は着実から高水準であるとの報告があった。セントルイス地区では、企業支援サービス企業、医療調査サービス、輸送サービスの企業がオペレーションの拡大や新規の採用を通知した一方、人材派遣、政府サービス、教育サービスとのコンタクトではオペレーションを縮小する計画を通知した。サンフランシスコ地区では、テクノロジーサービスのプロバイダー、特にモバイルコンピューティングやコミュニケーションデバイスを使ったソフトウェアアプリケーション向けの販売は伸びが継続していると言及した。



サービス業の動向は、前回の報告は「まちまち(mixed)」であったが、今回は横ばいから高まっているという認識を示し、基調判断を上方修正してきている。


Manufacturing(製造業)
Manufacturing activity grew at a steady pace across most of the country, with all Districts other than St. Louis reporting increases in orders, shipments, or production. Chicago, St. Louis, and San Francisco reported positive results in metals and fabrication, while Cleveland saw flat steel production and Philadelphia noted decreased demand for primary metals. Cleveland and Chicago reported increased auto production year over year, but Boston noted signs of slower auto component production. Dallas saw steady demand for electronics, computers, and high-technology goods, but San Francisco reported that demand for consumer electronics continued to decrease. Philadelphia, Cleveland, and Chicago saw increased production of energy-related products. For construction-related goods, Chicago and Minneapolis reported declining demand, while Dallas said demand was stable. Overall, St. Louis saw more plant closures than plant openings or expansions. Freight transportation volumes increased in Cleveland, held steady in Atlanta and Kansas City, and were mixed in Dallas.

製造業の活動は国の殆どを通じて着実なペースで伸びており、セントルイスを除くすべての地区では受注、出荷、または生産が増加したと報告した。シカゴ、セントルイス、サンフランシスコ地区では金属加工でポジティブな結果が報告される一方、クリーブランド地区では鉄鋼生産が横ばいで、フィラデルフィアでは主要金属の需要が減少していると言及した。クリーブランド及びシカゴ地区では前年比較で自動車生産が増加していると報告したが、ボストン地区では自動車部品の生産の減速の兆候について言及した。ダラス地区では、電機、コンピュータ、ハイテク製品の臑兪王が着実であるとみているが、サンフランシスコ地区では、コンシューマエレクトロニクスの需要は減少していると報告した。フィラデルフィア、クリーブランド及びシカゴ地区ではエネルギー関連製品の生産が増加しているとみていた。シカゴ及びミネアポリス地区では建設に関連した製品は需要が減少していると報告する一方で、ダラス地区では需要が着実であると述べた。全体的に、セントルイス地区では工場の操業開始や拡大以上に閉鎖があるとみていた。貨物輸送の量はクリーブランド地区で増加、アトランタ及びカンザスシティ地区で着実、ダラス地区でまちまちだった。



製造業については、前回「活動が増加した」という認識から「着実に伸びている」としており、基調判断を据え置いた。しかし、セントルイス地区以外では受注や出荷が増加、生産も増加しているとの判断が示されている。30日に11月のシカゴPMIが公表され、新規受注が10月の61.3から11月には70.2に増加し、生産も63.4から67.3に増加していることから、こうした見方を裏付けるものとなっている。1日にはISM製造業景気指数が公表されるが、こうした見方を一層裏付けるものになるのかどうか注目される。

Banking and Finance(銀行・金融)
Overall bank lending activity increased slightly since the previous report. New York, Philadelphia, Cleveland, and Kansas City reported increased loan demand. Several Districts reported an increase in home refinancing activity. Richmond reported mixed loan activity. Boston noted plentiful financing and favorable terms for premier properties, while financing remains harder to obtain for riskier properties and for those in secondary and tertiary markets. Chicago, St. Louis, Dallas, and San Francisco noted relatively unchanged loans. Atlanta saw soft loan demand as companies continued to reduce their debt loads and limit expansion and capital improvement plans.

全体的な銀行の貸出の動向は前回の報告以降やや増加した。NY、フィラデルフィア、クリーブランド及びカンザスシティ地区ではローンの需要が増加した。いくつかの地区では住宅のリファイナンスの動向が増加したと報告した。リッチモンド地区ではローンの動向がまちまちだと報告した。ボストン地区では高級な不動産に対して豊富なファイナンスや有利な条件があるが、リスクが高い不動産や二次・三次市場向けには調達するのが難しいと報告した。シカゴ、セントルイス、ダラス及びサンフランシスコ地区では相対的にローンに変化はなかったと言及した。アトランタ地区では、企業が債務負担を減らし続けており、拡大が限定的であり、資本の改善計画などから軟調なローン需要であるとみていた。


Changes in credit standards and credit quality varied across Districts. Philadelphia noted that credit quality continued to improve but at a slower rate. Kansas City saw stable or improving loan quality. Dallas noted that the quality of loans outstanding continued to improve, with contacts reporting a decline in problem loans. San Francisco saw a slight improvement in overall credit quality. Cleveland, Chicago, and St. Louis noted relatively unchanged credit quality. Boston, Richmond, and Atlanta saw some tightening of standards. In New York, bankers reported declining delinquency rates for commercial and industrial loans, but no change in delinquencies for other loan categories.

信用基準や信用の質の変化は地区を通じてまちまちだった。フィラデルフィア地区では信用の質は改善が続いていたが、その率は鈍化したと言及した。カンザスシティ地区ではローンの質は着実か改善しているとみていた。ダラス地区では、ローン残高の質は改善していると言及し、コンタクトでは問題のあるローンは減少しているとの報告があった。サンフランシスコ地区では、全体的な信用の質についてやや改善しているとみていた。クリーブランド、シカゴ、セントルイス地区では信用の質は変わっていないと言及した。ボストン、リッチモンド及びアトランタ地区では信用基準についてやや厳しくなったとみていた。NY地区では、バンカーは商業・工業用ローンの延滞率が減少したが、他のローンのカテゴリにおいては延滞率に変化がなかったと報告した。



金融の動向については、貸出が前回からやや増加、信用基準や信用の質についてはまちまち、という認識を示した。またモーゲージのリファイナンスの動向については増加したとの認識が示された。モーゲージ金利は過去最低水準となっており、需要がある程度は喚起されているとの見方である。しかし、欧州を中心とした金融の状況が一層混乱するような事態となれば、モーゲージスプレッドについてもワイドニングしていく可能性もある。このあたりは注意深くみていく必要があろう。


Real Estate and Construction(不動産・建設)
Overall residential real estate activity increased, but conditions were varied across Districts. Philadelphia, Richmond, Minneapolis, Kansas City, and Dallas noted increased activity. New York, Boston, Cleveland, and San Francisco reported flat activity at relatively low levels. Atlanta and St. Louis indicated decreased sales. Residential construction remained sluggish. Single-family home construction remained weak, while multifamily construction picked up in New York, Philadelphia, Cleveland, Chicago, and Minneapolis. San Francisco remained "anemic," while St. Louis and Kansas City reported decreased activity.

全体的に、住宅用不動産の活動は増加したが、状況は地区を通してまちまちだった。フィラデルフィア、リッチモンド、ミネアポリス、カンザスシティ及びダラス地区では活動が増加したと言及した。NY、ボストン、クリーブランド及びサンフランシスコでは活動が相対的に低い水準において横ばいだったと報告した。アトランタ及びセントルイス地区では販売が減少したと指摘した。住宅建設は弱いままだった。単一家族用の住宅の建設は弱いままであるが、複数家族向けの住宅建設はNY、フィラデルフィア、クリーブランド、シカゴ及びミネアポリス地区で上向きだった。サンフランシスコ地区は「ジリ貧」状態が続く一方で、セントルイス及びカンザスシティ地区では活動が減少したと報告した。


Commercial real estate markets remained sluggish across most of the nation. Boston, New York, Chicago, Minneapolis, and San Francisco indicated roughly unchanged activity. Atlanta and Kansas City noted slight improvement. Philadelphia and Dallas indicated mixed activity. However, Richmond and St. Louis noted that vacancy rates increased. Commercial construction was somewhat mixed. Cleveland saw steady to slowly improving commercial construction; Chicago and Minneapolis experienced modest to moderate increases. New York and Philadelphia noted generally weak conditions; Richmond and St. Louis reported slow activity, although industrial construction picked up.

商業用不動産市場は国のほとんどで弱さが続いた。ボストン、NY、シカゴ、ミネアポリス及びサンフランシスコ地区では概ね活動に変化がないと指摘した。アトランタ、カンザスシティ地区ではやや改善したと言及した。フィラデルフィア及びダラス地区では活動がまちまちだった。しかし、リッチモンド及びセントルイス地区では空室率が上昇した。商業用の建設はややまちまちであった。クリーブランド地区では商業用の建設が緩やかから着実であるとみており、シカゴ及びミネアポリス地区では緩慢から緩やかな増加だったとしている。NY、フィラデルフィア地区では総じて状況が弱い反面、リッチモンドやセントルイス地区では、工業用建設は上向きであったが、活動は緩やかだった。




不動産については、住宅で前回の"little changed"(変化がなかった)という認識から増加したという認識に基調判断を上方修正してきている。一方で商業用不動産については弱いという見通しを継続している。


(農業・鉱業は割愛)


Employment, Wages, and Prices(雇用・賃金・価格)
Hiring was generally subdued, but some firms with open positions reported difficulty finding qualified applicants. Stable employment levels or subdued hiring were mentioned by New York, Philadelphia, Cleveland, Atlanta, Chicago, and Dallas. Assessments of labor market conditions were mixed in Richmond and St. Louis, while labor markets showed some signs of reduced availability of labor in Minneapolis. In Boston, demand for workers at services firms grew, but hiring among manufacturers was limited. In Kansas City, hiring plans among manufacturers remained solid, while expectations of future hiring among manufacturers in Philadelphia nearly doubled. Meanwhile, Boston, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, and Minneapolis noted that some firms looking to fill open positions were having difficulty finding qualified workers, particularly for high-skilled manufacturing and technical positions. Atlanta noted there was growing concern that the skills of the unemployed were deteriorating.

採用は総じて抑制されたが、採用を開始したいくつかの企業は要件を満たす人材を探すのが難しいと報告した。安定した雇用水準または抑制された採用はNY、フィラデルフィア、クリーブランド、アトランタ、シカゴ及びダラス地区で言及された。労働市場の状況の評価は、リッチモンド、セントルイス地区でまちまちだった一方で、ミネアポリス地区では労働市場の活動減少のいくつかの兆候がみられるとした。ボストン地区では、サービス業で労働者の需要が伸びているが、製造業者の間の採用は限定的だった。カンザスシティ地区では、製造業者の間の採用計画は堅調に推移した一方で、フィラデルフィア地区では製造業の将来の予測は2倍近いものだった。一方で、ボストン、フィラデルフィア、クリーブランド、リッチモンド、アトランタ及びミネアポリス地区では、特に高い技術を持った製造業や技術職のポジションにおいて要件を満たす労働者を探すのが難しいとの言及があった。アトランタ地区では失業者のスキル悪化への懸念が大きくなっていると言及した。

Wages and salaries remained stable across Districts, although some exceptions were noted. In Cleveland, wage pressures emerged for truck drivers as the pool of available drivers shrank relative to job openings. Manufacturing wage growth strengthened in Richmond, while hiring stabilized and the average workweek was unchanged. Some wage growth was noted among the highly skilled trades in Atlanta. In Minneapolis, wages increased sharply at some fast food restaurants in western North Dakota. Kansas City reported that some energy and information technology firms raised wages for skilled workers; Dallas reported the same for airlines and a few construction-related manufacturers. San Francisco noted persistent upward pressure on benefit costs, especially for employee health care.

賃金や給与は地区に渡って安定して推移していたが、いくつかの例外が指摘された。クリーブランド地区では、職種に対して相対的にドライバーが足りないことから、トラックドライバーに賃金上昇圧力が掛かっていた。製造業の賃金はリッチモンド地区で上昇していた一方、採用は安定し、週間労働時間の平均は変わりがなかった。アトランタ地区では、いくつかの賃金の上昇は高い技術を持った人材の取引の間で起こっていたと言及された。ミネアポリス地区では、賃金はノースダコタ西部のファーストフード店で急激に上昇した。カンザスシティ地区では、いくつかのエネルギーや情報技術の企業で、技術を持った労働者に対して賃金が上昇したと報告した。ダラス地区では、いくつかの航空会社や建設関連の製造業で賃金がやや伸びたと報告した。サンフランシスコ地区では福利厚生のコストについて、特にヘルスケアの雇用者で、継続的に上昇圧力が掛かっていたと言及した。

Overall price increases remained subdued, and some cost pressures were reported to have eased. Boston, Atlanta, Chicago, and Kansas City noted a moderation in input cost pressures. In Cleveland, manufacturers' reports on changes in raw materials prices were mixed; the transportation sector noted higher prices for tires, parts, and equipment; and fuel prices exhibited some volatility. Richmond reported that raw materials, retail, and services prices grew at a somewhat faster pace. Restaurants in Kansas City expected higher menu prices due to rising food costs. In Dallas, prices for new cars rose slightly, and staffing and legal services firms noted modest increases in billing rates, but natural gas prices remained low. San Francisco reported a recent uptick in the prices for energy inputs, particularly oil, and for assorted food items at the retail level. Atlanta noted that most businesses had limited ability to pass on increases in input prices from earlier in the year.


総じて価格は抑制されて推移し、いくつかのコスト上昇圧力は緩和されたと報告された。ボストン、アトランタ、シカゴ及びカンザスシティ地区では投入コスト上昇圧力が緩やかになったと言及した。クリーブランド地区では製造業者の報告において原材料価格の変化はまちまちだった。輸送セクターではタイヤ、部品、設備の価格の高さに言及し、燃料価格はやや変動が残っていると言及した。リッチモンド地区では、原材料、小売、サービス価格はいく分速いペースで伸びていると言及した。カンザスシティ地区のレストランは食品価格の上昇によりメニューの価格が高くなっていると説明した。ダラス地区では新車の価格がやや上昇し、スタッフサービスやリーガルサービス企業は料金の請求が増加しているが、天然ガスの価格は低いままだったと言及した。サンフランシスコ地区では、燃料、特に石油の投入価格や、小売のレベルでいくつかの食材の価格が上向きであると報告した。アトランタ地区では、ほとんどの企業では年初以降投入価格の増加を転嫁していく能力は限定的であると言及した。



労働市場については、一部で要件を満たす人材を探すのが難しいという認識を示したものの、総じて抑制されているという認識だった。しかし、一部製造業で堅調な見通しが示されているのはポジティブなものだったといえる。賃金は例外があるものの、総じて安定的に推移しているとの認識を示した。このことから、労働市場については改善が続いているものの、その動きは極めて緩慢という認識を持っているものとみられる。価格については、特にコモディティ高が落ち着いたこともあり、コスト上昇圧力が軽減されてきているということが示されている。


現状、欧州の動向については予断を許すものではなく、域内経済についてもリセッション入りしている可能性が示唆されている。このことから、割と底堅い内容のベージュブックではあったものの、米国経済の先行きについてもFed内部では決して楽観的には見ていないものと思われる。12月のFOMCでは金融政策について「現状維持」となる公算が高いが、先行きについては恐らくMBSの追加購入に向けた議論が行われていくものと思われる。欧州を中心とした金融市場の緊張が高まり、例えばモーゲージスプレッドが拡大していくような状況となれば、追加でMBSを買い入れることも検討されていくものと思われる。以下は30年物モーゲージ金利と米30年債金利のスプレッドの推移である(出所:Fed、フレディマック・単位:bp)。


Mortgage spread 20111201.





--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: マクロ  Fed  FOMC  ベージュブック 
tb: 0   cm: 0

« 11月雇用統計ポイント~労働参加率が再度低下  |  各国中銀間のスワップライン協定金利引き下げ~デレバレッジ圧力の緩和が狙いか »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/515-83248ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。