05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~前回と同じくエバンス委員が追加緩和を求める 

12月13日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、ステートメントが公表された。以下は拙訳である。


Information received since the Federal Open Market Committee met in November suggests that the economy has been expanding moderately, notwithstanding some apparent slowing in global growth. While indicators point to some improvement in overall labor market conditions, the unemployment rate remains elevated. Household spending has continued to advance, but business fixed investment appears to be increasing less rapidly and the housing sector remains depressed. Inflation has moderated since earlier in the year, and longer-term inflation expectations have remained stable.

前回11月のFOMC以降に入手した情報では、グローバル経済の成長の減速が見られてきているにもかかわらず、景気は緩やかに拡大していることが示唆されている。指標では、労働市場全体についてやや改善していることを指摘している一方で、失業率は高止まりして推移している。家計消費支出は前進が継続しているが、企業の固定投資は速い増加ではないように思われ、住宅セクターは低迷して推移している。インフレは今年の年初以降モデレートなものとなり、長期的なインフレ期待は安定して推移している。



Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee continues to expect a moderate pace of economic growth over coming quarters and consequently anticipates that the unemployment rate will decline only gradually toward levels that the Committee judges to be consistent with its dual mandate. Strains in global financial markets continue to pose significant downside risks to the economic outlook. The Committee also anticipates that inflation will settle, over coming quarters, at levels at or below those consistent with the Committee’s dual mandate. However, the Committee will continue to pay close attention to the evolution of inflation and inflation expectations.

法定任務にかなうよう、委員会は最大雇用と物価安定の促進を模索している。委員会は経済成長が今後数四半期で緩やかなペースとなることを予測しており、結論として、失業率は委員会がデュアル・マンデートにかなう水準に向かっては徐々にしか減少して行かない、と予測している。グローバルな金融市場の緊張は経済見通しに強いダウンサイドリスクを提起し続けている。委員会は同時にインフレは今後数四半期で、委員会のデュアル・マンデートにかなうか、もしくは下回る水準で落ち着くだろうと予測している。しかし、委員会はインフレやインフレ期待の進展に緊密に注意を払うことを継続するつもりである。



To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with the dual mandate, the Committee decided today to continue its program to extend the average maturity of its holdings of securities as announced in September. The Committee is maintaining its existing policies of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee will regularly review the size and composition of its securities holdings and is prepared to adjust those holdings as appropriate.

強い経済回復をサポートし、インフレが時間と共にデュアル・マンデートにかなう水準になっていくことを支援していくために、委員会は本日、9月に通知した証券保有の平均満期延長プログラムの継続を決めた。委員会はまた、エージェンシー債やエージェンシーMBSから支払われる償還資金でMBSに再投資していくことや、入札時に満期を迎えた米国債のロールオーバーといった既存の政策の維持も決めた。委員会は定期的に証券保有のサイズや構成を見直し、適切なものとしてこれらの保有を調節していく準備がある。



The Committee also decided to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate at least through mid-2013.

委員会はまた、FF金利の誘導目標をを0-0.25%に据え置き、低水準の資源活用や抑制気味な中期的なインフレ見通しは、FF金利を少なくとも2013年半ばまで異例なほど低い水準にあることを正当化する、との現状の予測を維持することを決めた。



The Committee will continue to assess the economic outlook in light of incoming information and is prepared to employ its tools to promote a stronger economic recovery in a context of price stability.

委員会は入手できる情報に照らし合わせ、経済見通しの評価を継続し、物価安定のコンテクストにおいて強い経済回復を促進するための政策手段の採用を行う準備がある。



Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Richard W. Fisher; Narayana Kocherlakota; Charles I. Plosser; Sarah Bloom Raskin; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen. Voting against the action was Charles L. Evans, who supported additional policy accommodation at this time.

FOMCの金融政策について、B.バーナンキ委員長、W.ダドリー副委員長、E.デューク、R.フィッシャー、N.コチャラコタ、C.プロッサー、S.ラスキン、D.タルーロ、J.イエレンの各委員は賛成票を投じた。C.エバンス委員は反対票を入れ、現時点で追加的な緩和政策を支持するとした。






--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: Fed  金融政策  FOMC 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~景気見通しに強いダウンサイドリスクを意識  |  ECB理事会~政策金利の25bp引き下げと非標準的手段の拡充 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/518-0c27a8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。