07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~据え置きも追加緩和に向けてトーンを強める 

7月31日・8月1日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、以下の様な声明文が公表された。以下は抄訳である。

Information received since the Federal Open Market Committee met in June suggests that economic activity decelerated somewhat over the first half of this year. Growth in employment has been slow in recent months, and the unemployment rate remains elevated. Business fixed investment has continued to advance. Household spending has been rising at a somewhat slower pace than earlier in the year. Despite some further signs of improvement, the housing sector remains depressed. Inflation has declined since earlier this year, mainly reflecting lower prices of crude oil and gasoline, and longer-term inflation expectations have remained stable.

6月のFOMC会合後に入手した情報では、今年の半分を越したところで経済活動はやや減速したことを示唆している。雇用の伸びはここ数カ月で鈍化し、失業率は高止まって推移している。企業の固定物投資は前進し続けている。家計支出は今年の序盤よりもやや遅いペースで上昇している。さらに改善の兆しがいくらかあるにもかかわらず、住宅セクターは低迷している。主に原油やガソリン価格の低下を反映して、インフレは今年の序盤以降低下しており、インフレ期待は安定して推移している。



Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee expects economic growth to remain moderate over coming quarters and then to pick up very gradually. Consequently, the Committee anticipates that the unemployment rate will decline only slowly toward levels that it judges to be consistent with its dual mandate. Furthermore, strains in global financial markets continue to pose significant downside risks to the economic outlook. The Committee anticipates that inflation over the medium term will run at or below the rate that it judges most consistent with its dual mandate.

法定任務に一致するよう、委員会は最大雇用の促進と物価安定を模索している。委員会は、経済成長は今後数四半期で緩やかなものとなり、そして徐々にしか上向きになって行かないと予測している。結果として、委員会は、失業率が委員会が判断しているデュアルマンデートと一致する水準に緩やかにしか低下していかないだろうと予測している。さらにグローバルな金融市場の緊張は経済見通しに著しいダウンサイドリスクを想起し続けている。委員会は、インフレが中期的にデュアルマンデートに一致した水準かそれを下回る水準で推移するだろうと予測している。



To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with its dual mandate, the Committee expects to maintain a highly accommodative stance for monetary policy. In particular, the Committee decided today to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to warrant exceptionally low levels for the federal funds rate at least through late 2014.

力強い経済回復をサポートし、時間とともにインフレがデュアルマンデートと一致する水準を確実にするために、委員会は金融政策の高い緩和的なスタンスを維持するものと予測している。特に、委員会は本日FF金利の誘導目標を0-0.25%に据え置き、現状、資源活用の低い水準と控えめなインフレ見通しを含む、経済状況はFF金利を少なくとも2014年末まで異例なほど低い水準にすることを正当化する可能性が高いと予測する。



The Committee also decided to continue through the end of the year its program to extend the average maturity of its holdings of securities as announced in June, and it is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities. The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments and will provide additional accommodation as needed to promote a stronger economic recovery and sustained improvement in labor market conditions in a context of price stability.

また、委員会は、6月に通知したように、証券保有の平均残存期間を延長するプログラムを今年の終わりまで続けることや、エージェンシー債やエージェンシーモーゲージ担保証券(MBS)の償還資金でエージェンシーMBSに再投資するこれまでの政策の維持も決めた。委員会は経済や金融の進展について入ってくる情報を緊密に監視し、物価安定の文脈のもと、より力強い景気回復を促進し、労働市場の状況の改善を持続可能なものにするために必要な時に、追加の緩和政策を提供する用意がある。



Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Dennis P. Lockhart; Sandra Pianalto; Jerome H. Powell; Sarah Bloom Raskin; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; John C. Williams; and Janet L. Yellen. Voting against the action was Jeffrey M. Lacker, who preferred to omit the description of the time period over which economic conditions are likely to warrant an exceptionally low level of the federal funds rate.

FOMCの金融政策に賛成票を投じたのは、B.バーナンキ委員長、W.ダドリー副委員長、E.デューク、D.ロックハート、S.ピアナルト、J.パウエル、S.ラスキン、J.シュタイン、D.タルーロ、J.イエレンの各委員。J.ラッカー委員は反対票を入れており、経済状況がFF金利を異例なほど低い水準にすることを正当化する時期についての記述を省略するのが望ましいとした。



--------------------------------------------------------------
メルマガ「金融市場Watch Weblog Plus」のお知らせ

毎週月曜日に、各種マーケットについて、先週のフォロー及び今週の見通しと焦点について私なりの考え方をまとめてメルマガにてお伝えいたします。詳細はこちらを御覧ください。


人気ブログランキングへ ←皆さんの応援よろしくお願いします! 

 

 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

タグ: 金融政策  Fed  オペレーション・ツイスト  金利  FOMC 
tb: 0   cm: 0

« FOMC~追加緩和に含み  |  6月雇用統計~雇用回復は足踏み »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/557-fde7b876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。