09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

FOMCステートメント~月当たり450億ドルの米国債の追加購入とコミュニケーションポリシーの変更を決定 

12月11-12日に米連邦公開市場委員会が開催され、以下の様な声明文が公表された。以下は抄訳である。

Information received since the Federal Open Market Committee met in October suggests that economic activity and employment have continued to expand at a moderate pace in recent months, apart from weather-related disruptions. Although the unemployment rate has declined somewhat since the summer, it remains elevated. Household spending has continued to advance, and the housing sector has shown further signs of improvement, but growth in business fixed investment has slowed. Inflation has been running somewhat below the Committee’s longer-run objective, apart from temporary variations that largely reflect fluctuations in energy prices. Longer-term inflation expectations have remained stable.

10月のFOMC会合後に入手した情報では、天候に関連した災害を除いては、ここ数ヶ月で経済活動や雇用は緩やかなペースで拡大し続けていたことを示唆している。しかしながら失業率は夏以降低下しているものの、高止まりしている。家計消費支出は前進し続けており、住宅セクターはさらなる改善のサインが出ているように思われるが、企業の固定物投資は鈍化した。エネルギー価格の変動を反映した一時的な要因を除いては、インフレは委員会の長期的な目標をやや下回って推移した。長期的なインフレ期待は安定的に推移している。



Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee remains concerned that, without sufficient policy accommodation, economic growth might not be strong enough to generate sustained improvement in labor market conditions. Furthermore, strains in global financial markets continue to pose significant downside risks to the economic outlook. The Committee also anticipates that inflation over the medium term likely will run at or below its 2 percent objective.

法定任務と一致するために、委員会は最大雇用と物価安定の促進を模索している。委員会は、十分な緩和政策なしに、経済成長が労働市場の状況について持続的な改善をもたらすのに十分なほど力強くないことについて懸念している。さらにグローバルな金融市場の緊張が経済見通しに著しいダウンサイドリスクを想起させている。委員会は中期的にインフレは目的である2%に沿うかもしくは下回って推移する可能性が高いと予測する



To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with its dual mandate, the Committee will continue purchasing additional agency mortgage-backed securities at a pace of $40 billion per month. The Committee also will purchase longer-term Treasury securities after its program to extend the average maturity of its holdings of Treasury securities is completed at the end of the year, initially at a pace of $45 billion per month. The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and, in January, will resume rolling over maturing Treasury securities at auction. Taken together, these actions should maintain downward pressure on longer-term interest rates, support mortgage markets, and help to make broader financial conditions more accommodative.

力強い景気回復をサポートし、インフレが時間とともにデュアルマンデートに一致する率に到達するのを手助けするために、委員会は追加でモーゲージ担保証券を月あたり400億ドルの購入の継続を決めた。委員会は平均残存期間延長プログラムの終了後に米国長期債を月あたり450億ドルの買い入れも行うつもりである。委員会は保有しているエージェンシー債やエージェンシーMBSの償還資金で再投資を行う既存の政策を維持することを決め、1月に満期を迎えた米国債のロールオーバーを入札時に再開することを決めた。これらの政策は長期金利に下向きの圧力が掛かることにより、モーゲージ市場をサポートし、広範囲な金融の状況をより緩和的にさせるのを手助けするだろう。



The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments in coming months. If the outlook for the labor market does not improve substantially, the Committee will continue its purchases of Treasury and agency mortgage-backed securities, and employ its other policy tools as appropriate, until such improvement is achieved in a context of price stability. In determining the size, pace, and composition of its asset purchases, the Committee will, as always, take appropriate account of the likely efficacy and costs of such purchases.

委員会は、経済や金融の進展について入手できる情報を緊密に監視していくつもりである。もし労働市場の見通しが実質的に改善して行かないのであれば、物価安定の文脈のもとでそのような改善が達成されるまで、委員会は米国債やエージェンシーMBSを購入し続け、適切なときに他の政策手段を採用するだろう。資産買い入れの量、ペース、構成の決定について、委員会はいつでもそのような購入の効果とコストについて適切な考慮を行うつもりである。



To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee expects that a highly accommodative stance of monetary policy will remain appropriate for a considerable time after the asset purchase program ends and the economic recovery strengthens. In particular, the Committee decided to keep the target range for the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that this exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent, inflation between one and two years ahead is projected to be no more than a half percentage point above the Committee’s 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored. The Committee views these thresholds as consistent with its earlier date-based guidance. In determining how long to maintain a highly accommodative stance of monetary policy, the Committee will also consider other information, including additional measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial developments. When the Committee decides to begin to remove policy accommodation, it will take a balanced approach consistent with its longer-run goals of maximum employment and inflation of 2 percent.

最大雇用と物価安定に向けた進展をサポートし続けるために、委員会は資産買い入れプログラムが終了し経済回復が強化された後でも高い緩和的な金融政策のスタンスを維持していくつもりである。特に、委員会はFF金利の誘導目標を0-0.25%に据え置くことを決め、異例な低いFF金利の誘導目標は、失業率が6.5%を上回って推移するか、インフレが向こう1-2年、予測において委員会の2%の目的から0.5%上回らず、長期的なインフレ予想が十分に固定されている限りにおいて正当化されると予測する。委員会は、これらの閾値が以前の日付ベースのガイダンスと同様一貫性のあるものであるとみている。どのくらいの期間、高い緩和的な金融政策スタンスを決定するかということについては、委員会は、労働市場の状況の追加的な指標やインフレ圧力の指標やインフレ期待の指標を含む、他の情報も考慮していくつもりである。委員会が緩和政策を取り外しはじめると決定するときは、最大雇用と2%のインフレ率の長期的な目標と一致するようバランスがとれたアプローチを取るつもりである。




Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Dennis P. Lockhart; Sandra Pianalto; Jerome H. Powell; Sarah Bloom Raskin; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; John C. Williams; and Janet L. Yellen. Voting against the action was Jeffrey M. Lacker, who opposed the asset purchase program and the characterization of the conditions under which an exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate.

FOMCの金融政策に賛成票を投じたのは、B.バーナンキ委員長、W.ダドリー副委員長、E.デューク、D.ロックハート、S.ピアナルト、J.パウエル、S.ラスキン、J.スタイン、D.タルーロ、J.ウィリアムズ、J.イエレンの各委員。J.ラッカー委員は反対票を入れ、資産購入プログラムや、異例に低いFF金利のレンジが適切であるという状況を表記することに反対した。




なお、本日は筆者体調不良のため解説はお休みさせて頂きます。メルマガにて行う予定です。

--------------------------------------------------------------
12月5日に拙著"Global Macro Outlook 2013 :Where is driver for growth?「成長ドライバーが見えない展開へ」"がAmazon Kindleストアから発売されました。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 市場視点

tb: 0   cm: 0

« 日銀短観~製造業の景況感悪化  |  11月雇用統計~季節的要因で雇用増える »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marketwatcher.blog61.fc2.com/tb.php/571-476480ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。